129件中 91 - 100件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た度会神道

    朝廷への、そして皇室とその氏神への崇拝から、日本全体の鎮守として全国の武士から崇敬された。神仏習合の教説において神道側の最高神とされる。また、外宮側の度会家行より伊勢神道(度会神道)が唱えられた。戦乱により神宮領が侵略され、経済的基盤を失ったため、式年遷宮(後述)が行えない時代もあった。資金獲得のため、神宮の信者を増やし、各地の講を組織させる御師が台頭した。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た参宮線

    最寄駅:JR東海参宮線・近鉄山田線 伊勢市駅 (徒歩約5分)伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た氏神

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た慶光院

    神宮祭主職舎本館(旧慶光院客殿) - 所在:伊勢市宇治浦田伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見たニニギ

    天孫・邇邇芸命が降臨し、天照大御神は三種の神器を授けられ、その一つ八咫鏡に、「吾が児、此の 宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀)」として、天照大御神のご神霊がこめられる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇のお側に置かれ、天皇自らが観察されていた。八咫鏡は、第10代崇神天皇の御代に、大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫に祀らせた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢二見鳥羽周遊バス

    京都高速バス及び三重交通(一般路線バス・CANばす)で「外宮前」バス停下車 (下車後徒歩すぐ)伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た皇女

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た東海道

    ファイル:東海道関宿東の追分の鳥居.jpg|関宿の一の鳥居東海道(京・大阪から)の伊勢別街道分岐点に立つ()。元は内宮前の宇治橋両端に立つ鳥居のうち内側の鳥居で、式年遷宮のときに建て替えられる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た豊鍬入姫命

    天孫・邇邇芸命が降臨し、天照大御神は三種の神器を授けられ、その一つ八咫鏡に、「吾が児、此の 宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀)」として、天照大御神のご神霊がこめられる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇のお側に置かれ、天皇自らが観察されていた。八咫鏡は、第10代崇神天皇の御代に、大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫に祀らせた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た元伊勢

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード