129件中 31 - 40件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た皇大神宮

    伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た宇治橋 (伊勢市)

    神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。原則として20年ごとに、内外両宮の正宮の正殿を始めとする別宮以下の諸神社の正殿を造替して神座を遷し、宝殿、外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎といった全社殿を造替する他、装束・神宝、宇治橋等も造り替える。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢西インターチェンジ

    伊勢自動車道 伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(御木本道路)を南へ2分、のち「浦田」交差点から伊勢街道を南へ2分伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た天照大御神

    天照坐皇大御神 (あまてらしますすめおおみかみ) - 一般には天照大御神として知られる伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見たトヨウケビメ

    伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た近代社格制度

    二十二社(上七社)の一社。日前神宮、國懸神宮とともに神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た式年遷宮

    朝廷への、そして皇室とその氏神への崇拝から、日本全体の鎮守として全国の武士から崇敬された。神仏習合の教説において神道側の最高神とされる。また、外宮側の度会家行より伊勢神道(度会神道)が唱えられた。戦乱により神宮領が侵略され、経済的基盤を失ったため、式年遷宮(後述)が行えない時代もあった。資金獲得のため、神宮の信者を増やし、各地の講を組織させる御師が台頭した。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た三重県道32号伊勢磯部線

    伊勢自動車道 伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(御木本道路)を南へ2分、のち「浦田」交差点から伊勢街道を南へ2分伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た正月三が日

    佐藤栄作首相が昭和42年(1967年)に参拝して以来、現職内閣総理大臣と農林水産大臣が、(正月三が日の混雑を防ぐため)主に1月4日の仕事始めに参拝するのが慣例である。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た日本書紀

    天孫・邇邇芸命が降臨し、天照大御神は三種の神器を授けられ、その一つ八咫鏡に、「吾が児、此の 宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀)」として、天照大御神のご神霊がこめられる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇のお側に置かれ、天皇自らが観察されていた。八咫鏡は、第10代崇神天皇の御代に、大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫に祀らせた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード