152件中 51 - 60件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た日本書紀

    天孫・邇邇芸命が降臨した際、天照大御神は三種の神器を授け、その一つ八咫鏡に「吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀』)」として天照大御神自身の神霊を込めたとされる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇の側に置かれ、天皇自らが観察していた。八咫鏡は第10代崇神天皇の治世に大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫がこれを祀ることとされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た皇女

    祭主は今上天皇第一皇女黒田清子、大宮司は小松旧侯爵家当主小松揮世久。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た豊鍬入姫命

    天孫・邇邇芸命が降臨した際、天照大御神は三種の神器を授け、その一つ八咫鏡に「吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀』)」として天照大御神自身の神霊を込めたとされる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇の側に置かれ、天皇自らが観察していた。八咫鏡は第10代崇神天皇の治世に大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫がこれを祀ることとされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た元伊勢

    垂仁天皇25年に現在の伊勢神宮内宮に御鎮座した。(詳細記事:元伊勢)倭大国魂神を渟名城入媛命に託し、長岡岬に祀らせたが(現在の大和神社の初め)、媛は身体が痩せ細って祀ることが出来なかった。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た内閣総理大臣

    伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室・朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣が年始に参拝することが慣例となっている。また、式年遷宮が20年に一度行われる(遷御)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た七里の渡し

    東海道(江戸から)の伊勢国入り口の七里の渡しにも一の鳥居が立っており()、元は宇治橋の外側の鳥居で、こちらも式年遷宮のときに建て替えられる。さらに伊勢街道分岐点の日永の追分には、二の鳥居が立つ()。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た農林水産大臣

    伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室・朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣が年始に参拝することが慣例となっている。また、式年遷宮が20年に一度行われる(遷御)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た神宮式年遷宮

    伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室・朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣が年始に参拝することが慣例となっている。また、式年遷宮が20年に一度行われる(遷御)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見たトヨウケビメ

    伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た荒祭宮

    5月14日内宮12時、荒祭宮(正宮の後)伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

152件中 51 - 60件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード