129件中 51 - 60件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た二十二社

    二十二社(上七社)の一社。日前神宮、國懸神宮とともに神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た角川ソフィア文庫

    矢野憲一 『伊勢神宮の衣食住』(角川ソフィア文庫、平成20年)※著者は禰宜を務めた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見たお蔭参り

    お蔭参り(お伊勢参り)が流行した。庶民には親しみを込めて「お伊勢さん」と呼ばれ、弥次さん、喜多さんの『東海道中膝栗毛』で語られるように、多くの民衆が全国から参拝した。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢市

    伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。神社本庁の本宗(ほんそう)とされ、正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)である。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも言う。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た國懸神宮

    二十二社(上七社)の一社。日前神宮、國懸神宮とともに神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た宗廟

    二十二社(上七社)の一社。日前神宮、國懸神宮とともに神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た神格化

    伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た多気町

    神宮が管理する宮社が125社あり、俗に神宮125社と呼ぶ。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た度会郡

    神宮が管理する宮社が125社あり、俗に神宮125社と呼ぶ。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た島路山

    神宮が所有している森林を、「神宮宮域林」という。宮域林は三重県伊勢市の南部に位置し、五十鈴川の水源である神路山、島路山、高倉山の3山からなる。第一回遷宮以来御杣山として遷宮に用いられるヒノキ御用材を産出していたが、鎌倉中期以降資源不足が原因で御杣山は宮域林を離れた。現在では木曽国有林から産出される材で御用材を賄っている。宮域林では、再び御用材を自給することを目標に大正12年に「神宮森林経営計画」を策定し、それに従って造林・育成がなされている。生態的機能・水源涵養を主眼とした針広混交林施業を行っている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード