152件中 61 - 70件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た

    神宮の祭事に使用するなどをそだてる「佐八苗圃(そうちびょうほ)」があり、伊勢市内の1.7ヘクタールに約2万のが栽培されている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た近代社格制度

    二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社のひとつ。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟のひとつとされた。明治時代から太平洋戦争前までの近代社格制度においては、すべての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢国

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である(元伊勢伝承)。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た倭姫命

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である(元伊勢伝承)。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た三重県道32号伊勢磯部線

    伊勢自動車道 伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(御木本道路)を南へ2分、のち「浦田」交差点から伊勢街道を南へ2分伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た日永の追分

    東海道(江戸から)の伊勢国入り口の七里の渡しにも一の鳥居が立っており()、元は宇治橋の外側の鳥居で、こちらも式年遷宮のときに建て替えられる。さらに伊勢街道分岐点の日永の追分には、二の鳥居が立つ()。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た摂社

    広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する(後述)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た春分の日

    神饌用の野菜・果物は、全て神宮御園で栽培されている。品目は50種類程である。供進される野菜や果物は、祭祀によってその品目と数量が定められている他、盛りつける土器の大きさも決められている為、それにあった大きさに育てる様細心の注意を払う必要がある。毎年春分の日には御園祭が斎行され、豊作と作業関係者の安全が祈願される。所在地は三重県伊勢市二見町溝口。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た延喜式神名帳

    摂社(せっしゃ) - 『延喜式神名帳』に記載されている神社(正宮、別宮を除く)。定義では摂社は全て式内社となるが、戦国時代にほぼすべてが廃絶となり、江戸時代の寛永年間(1630年代)から明治初頭(1870年代)にかけて復興されたため、式内社の比定地とされる場合がある。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た式内社

    摂社(せっしゃ) - 『延喜式神名帳』に記載されている神社(正宮、別宮を除く)。定義では摂社は全て式内社となるが、戦国時代にほぼすべてが廃絶となり、江戸時代の寛永年間(1630年代)から明治初頭(1870年代)にかけて復興されたため、式内社の比定地とされる場合がある。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

152件中 61 - 70件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード