129件中 71 - 80件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢国

    ファイル:桑名七里の渡し跡鳥居.jpg|七里の渡しの一の鳥居東海道(江戸から)の伊勢国入り口に立つ()。元は宇治橋の外側の鳥居で、式年遷宮のときに建て替えられる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た末社

    広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する(後述)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た倭姫命

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た伊勢参宮街道

    伊勢街道・伊勢本街道・参宮街道を初めとして、多方面から、参拝道をかねる街道が整備された(「伊勢参宮街道」参照)。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た無料

    駐車場:北御門前に434台収容の無料駐車場あり。内宮同様正月の混雑時にはパークアンドライドがおこなわれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た日永の追分

    ファイル:Hinaga-no-oiwake Yokkaichi.jpg|日永の追分の二の鳥居(写真奥)東海道(江戸から)の伊勢街道分岐点に立つ()。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た奉幣

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た中世

    二十二社(上七社)の一社。日前神宮、國懸神宮とともに神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た天照大神

    伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た路線バス

    京都高速バス及び三重交通(一般路線バス・CANばす)で「外宮前」バス停下車 (下車後徒歩すぐ)伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード