152件中 81 - 90件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た志摩市

    神宮が管理する宮社は125社あり、俗に「神宮125社」と呼ばれる。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た斎宮

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た玉城町

    神宮が管理する宮社は125社あり、俗に「神宮125社」と呼ばれる。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た大祓

    大祓(おおはらえ)伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た近江国

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である(元伊勢伝承)。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た宸翰

    神宮法楽和歌 16巻 霊元天皇以下歴代天皇宸翰伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た扶桑略記

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見たおみくじ

    伊勢神宮にはおみくじがない。神宮側の見解としては、おみくじは日ごろから参拝できる身近な神社で引くものであることと、「一生に一度」とされたお伊勢参りをした日が大吉でないわけがないことを理由として挙げている。「伊勢神宮では個人的な吉凶を占うことがはばかられるから」という別の説もある。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た垂仁天皇

    垂仁天皇25年に現在の伊勢神宮内宮に御鎮座した。(詳細記事:元伊勢)倭大国魂神を渟名城入媛命に託し、長岡岬に祀らせたが(現在の大和神社の初め)、媛は身体が痩せ細って祀ることが出来なかった。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た二十二社

    二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社のひとつ。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟のひとつとされた。明治時代から太平洋戦争前までの近代社格制度においては、すべての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード