129件中 81 - 90件表示
  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た延喜式神名帳

    摂社(せっしゃ)は、『延喜式神名帳』に記載されている神社(正宮、別宮を除く)。定義では摂社は全て式内社となるが、戦国時代にほぼすべてが廃絶となり、江戸時代の寛永年間(1630年代)から明治初頭(1870年代)にかけて復興されたため、式内社の比定地とされる場合がある。計43社。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た関宿

    ファイル:東海道関宿東の追分の鳥居.jpg|関宿の一の鳥居東海道(京・大阪から)の伊勢別街道分岐点に立つ()。元は内宮前の宇治橋両端に立つ鳥居のうち内側の鳥居で、式年遷宮のときに建て替えられる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た神道指令

    昭和20年(1945年)12月15日、神道指令伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た駐車場

    駐車場:北御門前に434台収容の無料駐車場あり。内宮同様正月の混雑時にはパークアンドライドがおこなわれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た志摩市

    神宮が管理する宮社が125社あり、俗に神宮125社と呼ぶ。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た斎宮

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た玉城町

    神宮が管理する宮社が125社あり、俗に神宮125社と呼ぶ。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町、玉城町・度会町、志摩市、松阪市、鳥羽市、多気郡多気町の4市2郡に分布する。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た扶桑略記

    皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た垂仁天皇

    『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢神宮

    伊勢神宮から見た地名

    伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。神社本庁の本宗(ほんそう)とされ、正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)である。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも言う。伊勢神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「伊勢神宮」のニューストピックワード