111件中 51 - 60件表示
  • 日本ゲートウェイ

    日本ゲートウェイから見た伊東美咲伊東美咲

    また、高性能と低価格、充実したサポートを売りに伊東美咲やEvery Little Thingなどを使ったテレビ広告を行い、月刊の無料冊子を大量に配布するなど派手な広告活動を行った他、一時は全国の主要都市に数十店の直営店を持ち、国内の販売シェアも急上昇するなどまさに飛ぶ鳥を落とす勢いであった。日本ゲートウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 平木ひとみ

    平木ひとみから見た伊東美咲伊東美咲

    山おんな壁おんな(2007年7月5日 - 9月20日、フジテレビ)(伊東美咲吹き替え)平木ひとみ フレッシュアイペディアより)

  • Wooo

    Woooから見た伊東美咲伊東美咲

    2001年夏と秋のプラズマテレビは伊東美咲がCMに出演していた。(その後、2007年秋以降より同社のWoooケータイのCMに出演している。)2005年秋以降、どの機器もすべて黒木瞳がCMに出演していたが、2007年12月に発売した超薄型液晶のUTシリーズは長瀬智也をイメージキャラクターに起用。2009年春からは同社の企業CMにも出演している佐藤浩市、6月以降より真鍋かをりが、12月以降から真鍋に加えて加藤清史郎もCMキャラクターとして起用されていたが、現在は佐藤浩市の単独起用に戻っている。なお、TBS系『世界・ふしぎ発見!』の放送時間中では、レギュラー解答者の黒柳徹子やミステリーハンターの竹内海南江が出演している特別バージョンが放映されていた。Wooo フレッシュアイペディアより)

  • ヌードシーン

    ヌードシーンから見た伊東美咲伊東美咲

    ヘアヌードが事実上の解禁状態となった1990年代以降では、1994年の『愛の新世界』における鈴木砂羽と片岡礼子のヘアヌードが、日本映画における初のヘアヌードである。だが後にCM契約において、イメージを重視する企業側が女優に対してヌードにならないよう要請する場合も出てくるようになり、若手女優のヌードシーンは激減している。前評判との落差で物議を醸した伊東美咲(『海猫』)の例が、これに該当すると報じられている。しかし、ヌードシーンを披露しながらもCM契約を継続できた星野真里(『さよならみどりちゃん』)などのような例もある。ヌードシーン フレッシュアイペディアより)

  • どんだけ〜

    どんだけ〜から見た伊東美咲伊東美咲

    『山おんな壁おんな』(フジテレビ) - 宴会で毬谷まりえ(演‐深田恭子)が大量にお酒を飲むのを見た青柳恵美(演‐伊東美咲)が「どれだけ飲むんだよ」と言った意味で「どんだけ」と言った。どんだけ〜 フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た伊東美咲伊東美咲

    新人賞 - 石原さとみ、伊東美咲、長澤まさみ、成宮寛貴、山本耕史エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • 弓張岳

    弓張岳から見た伊東美咲伊東美咲

    釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪ - ロケ地の一つ。ゲストの久保田達也(金子昇)が交際相手の河口美鈴(伊東美咲)にプロポーズする場所として展望台が使われた。弓張岳 フレッシュアイペディアより)

  • 花原 照子

    花原照子から見た伊東美咲伊東美咲

    映画「インストール」では上戸彩、テレビドラマ「がんばっていきまっしょい」では鈴木杏、テレビドラマ「ランチの女王」と「タイガー&ドラゴン」では伊東美咲、CMでは新垣結衣のおばあちゃん役を演じ、近年は若手女優のおばあちゃん役としての活躍が目立つ。花原照子 フレッシュアイペディアより)

  • Yoshi

    Yoshiから見た伊東美咲伊東美咲

    2007年3月、3年ぶりの長編小説『LAST LOVE』を発表。同年、田村正和、伊東美咲主演で映画化された。Yoshi フレッシュアイペディアより)

  • インセント

    インセントから見た伊東美咲伊東美咲

    創業当初はモデルプロダクションだったが(モデルのマネジメントについては2003年創業の関連事務所・イデアに機能を移している)、伊東美咲や片瀬那奈が女優業を開始する頃から大手芸能プロダクションの研音と業務提携を行うようになり、伊東と片瀬は研音にも在籍しているほか、入山法子は研音所属の速水もこみちの相手役として自動車のCMに起用されている。なお、2012年より伊東と片瀬はインセントから離籍し、研音のみの所属となっている。インセント フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「伊東美咲」のニューストピックワード