前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た伊東輝悦伊東輝悦

    リーグ戦でのトリプル5(5位以内・勝ち点50以上・50得点以上)の達成を目指して迎えた2006年も新人の藤本淳吾が主力として定着し、青山直晃が日本代表に選出されるなど前年以上に若手選手が台頭。また、元日本代表の森岡隆三、市川大祐、伊東輝悦、斉藤俊秀らも復調して開幕から上位につけ、最終的に4位でシーズンを終え、目標であったトリプル5も達成(4位・勝ち点60・得点60)し、12年ぶりに年間順位でジュビロ磐田を上回った。シーズン終了後には藤本淳吾が新人王を獲得する一方で森岡隆三が出場機会を求めて移籍するなど、世代交代を象徴するシーズンであった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • マイアミの奇跡

    マイアミの奇跡から見た伊東輝悦伊東輝悦

    そして、ブラジルの選手たちに疲労の色が見え始めた後半27分、左サイドにいたウイングバック・路木龍次が、ブラジルのディフェンスラインとGKの間のスペースを目掛け、山なりのボールを放り込んだ。そのボールを狙って、FW城彰二が逆サイドからゴール前に走り込む。それに気づいたブラジルのDFアウダイールが城のチェックに向かったその時、ボールをキャッチしようと飛び出したブラジルGKジーダと激突。ゴールに向かって転がったボールにボランチの伊東輝悦が走り込み、そのままゴールマウスに押し込んだ。事前のスカウティングで判明していた、数少ない狙い目であるブラジル代表CB2人の背後のスペースを見事に突いた得点であった。マイアミの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • 田島宏晃

    田島宏晃から見た伊東輝悦伊東輝悦

    小学生時代は清水FCの一員として伊東輝悦らと共に1986年の全日本少年サッカー大会優勝に貢献。高校は清水東高校に進学し、1年次に高校サッカー選手権静岡県大会最高殊勲選手獲得。2年次には1991年高校総体優勝に貢献。この活躍により日本ユース代表に選出され、翌1992年のAFCユース選手権に出場。3年次には選手権静岡県大会得点王&アシスト王に輝く。田島宏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市立清水袖師中学校

    静岡市立清水袖師中学校から見た伊東輝悦伊東輝悦

    伊東輝悦 - プロサッカー選手静岡市立清水袖師中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤英明

    小澤英明から見た伊東輝悦伊東輝悦

    2012年時点で、1993年のJリーグ創設元年からプレーする現役Jリーガーは小澤以外には三浦知良(横浜FC)、伊東輝悦(甲府)と小澤の3人だけとなった。3人のうちJ1クラブに所属しているのは小澤だけである。小澤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 路木龍次

    路木龍次から見た伊東輝悦伊東輝悦

    アトランタオリンピックの対ブラジル戦で、GKとDFの間にクロスを上げ、伊東輝悦のゴールにつながった。路木龍次 フレッシュアイペディアより)

  • アウダイール

    アウダイールから見た伊東輝悦伊東輝悦

    また、1996年のアトランタオリンピックにはオーバーエイジ枠でブラジル五輪代表として出場。「マイアミの奇跡」と呼ばれた日本戦でもプレーした。この試合において路木龍次があげたクロスに対応しようとしてGKのジーダと交錯し、こぼれたボールを伊東輝悦に押し込まれるという致命的なミスを犯した。アウダイール フレッシュアイペディアより)

  • チョ宰榛

    チョ宰榛から見た伊東輝悦伊東輝悦

    2007年9月1日のJ1第24節、ジュビロ磐田戦では、後半ロスタイムに藤本淳吾のフリーキックに頭から飛び込むシュートを打って先制点を決めた。この時、興奮のあまり自分のユニフォームを脱ぎ、サポーターのいるスタンドに投げ込むというパフォーマンスをした(本人曰く「すぐに試合終了すると思ったので」)が、試合はまだ続いたため、ユニフォームのない上半身裸の彼はピッチに戻れず、警告が与えられた。試合は程なく終了し、彼のゴールで清水が1-0と磐田との静岡ダービーに勝利した。この試合では伊東輝悦の子供が生まれたことを祝う「ゆりかごダンス」をする予定だったが、それを忘れてしまうほどの興奮だったという。チョ宰榛 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山ダービー

    富士山ダービーから見た伊東輝悦伊東輝悦

    同一ディビジョンに所属することになった関係から甲府と清水の業務提携は2006年シーズン前に解消されたが、その後もプレーシーズンマッチの開催や2011年に清水から甲府へ移籍した伊東輝悦のJ1・500試合出場試合でも合同で企画を行うなど現在でも深い繋がりがある。富士山ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 森岡隆三

    森岡隆三から見た伊東輝悦伊東輝悦

    現役最後の試合となった最終節は奇しくも彼が11年間所属をした清水戦だった。チームは負けてしまったものの、試合後のセレモニーでは京都の選手・スタッフから花を手渡された他に、清水側からも全選手のサイン入りユニフォームが伊東輝悦によって送られ、号泣する姿に両チームのサポーターから暖かい歓声が上がった。セレモニー終了後には京都サポーターは勿論、清水サポーターの所に行き、清水退団時にすることができなかった最後の挨拶を行った。森岡隆三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示