前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た服部年宏

    現在は守備的なプレースタイルであるが、プロ入り後数年は守備的なボランチ(アトランタ五輪代表当時は広長優志、服部年宏)と組んで攻撃的な役割を担う事が多かった。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たフィリップ・トルシエ

    日本代表監督であったフィリップ・トルシエは伊東を「日本のデシャン」と評した。またアトランタ五輪代表では、表のエースである前園真聖に対して影のエースと呼ばれ、監督の西野朗から絶大な信頼を受けていた。ディフェンシブなポジションであるにも関わらず被警告数が極端に少ないフェアプレーも特徴である。本人曰く「ファウルで(相手を)止めるのは簡単だが、それでは成長がない」。体格的に恵まれないため、力ではなく相手の先を読みボールを奪う技術に優れ、奪った後のボールが味方へのパスになるようプレーをしている。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たディエゴ・マラドーナ

    しかし、静岡県選抜としては国体2年連続優勝に貢献。各世代の日本代表にも選ばれるなど評価は高く注目されていた。ドリブルで一気に数人を抜き去るようなプレーから、マラドーナをもじって「テルドーナ」とも呼ばれ、普段は淡々とプレーしていることとのギャップから、当時のチームメイト達に「あいつが本気になったら誰もかなわない」と言わしめた。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た岡田武史

    1997年には加茂周監督の下、A代表に初選出される。1998年のフランスW杯のメンバーにも岡田武史監督の下、選出されたが、試合に出場することはなかった。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た藤田俊哉

    2007年11月11日のサンフレッチェ広島戦(日本平)にて、藤田俊哉に続いて史上2人目のJ1通算400試合出場を達成した(同一クラブ所属では史上初)。2008年5月11日の鹿島戦(日本平)ではJリーグ通算最多出場となる415試合出場を達成、2009年6月27日のFC東京戦(国立)にて、J1史上初となる450試合出場を達成した。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た森島寛晃

    東海大学第一高校に進学。同校は2学年上に森島寛晃、後にアトランタオリンピック代表となる服部年宏(1年先輩)、松原良香、白井博幸らを始め、後にJリーガーとなる選手が数人いたが、清水商業、清水東、静岡学園などの壁に阻まれ高校選手権には一度も出場できず、地元開催で2枠の出場があった1991年度高校総体での準優勝のみが目立った成績となった(決勝戦の相手は清水東で、後に清水エスパルスでチームメイトとなる田島宏晃、斉藤俊秀が所属)。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た西野朗

    日本代表監督であったフィリップ・トルシエは伊東を「日本のデシャン」と評した。またアトランタ五輪代表では、表のエースである前園真聖に対して影のエースと呼ばれ、監督の西野朗から絶大な信頼を受けていた。ディフェンシブなポジションであるにも関わらず被警告数が極端に少ないフェアプレーも特徴である。本人曰く「ファウルで(相手を)止めるのは簡単だが、それでは成長がない」。体格的に恵まれないため、力ではなく相手の先を読みボールを奪う技術に優れ、奪った後のボールが味方へのパスになるようプレーをしている。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た西澤明訓

    パチンコと登山が趣味。シーズンオフには登山のために海外を訪れるほどの山好きで、静岡朝日テレビ『スポーツパラダイス』の企画で雪山登山をした際には、今まで清水のチームメイトにすら見せたことがないという笑顔で楽しむ光景が放映された。その様子をゲストとしてスタジオで見ていた西澤明訓は「パチンコしてるときよりもいい顔をしている。」と評した。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た清水エスパルス

    東海大学第一高校に進学。同校は2学年上に森島寛晃、後にアトランタオリンピック代表となる服部年宏(1年先輩)、松原良香、白井博幸らを始め、後にJリーガーとなる選手が数人いたが、清水商業、清水東、静岡学園などの壁に阻まれ高校選手権には一度も出場できず、地元開催で2枠の出場があった1991年度高校総体での準優勝のみが目立った成績となった(決勝戦の相手は清水東で、後に清水エスパルスでチームメイトとなる田島宏晃、斉藤俊秀が所属)。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た前園真聖

    日本代表監督であったフィリップ・トルシエは伊東を「日本のデシャン」と評した。またアトランタ五輪代表では、表のエースである前園真聖に対して影のエースと呼ばれ、監督の西野朗から絶大な信頼を受けていた。ディフェンシブなポジションであるにも関わらず被警告数が極端に少ないフェアプレーも特徴である。本人曰く「ファウルで(相手を)止めるのは簡単だが、それでは成長がない」。体格的に恵まれないため、力ではなく相手の先を読みボールを奪う技術に優れ、奪った後のボールが味方へのパスになるようプレーをしている。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示