59件中 21 - 30件表示
  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    東海大学第一高校に進学。同校は2学年上に森島寛晃、後にアトランタオリンピック代表となる服部年宏(1年先輩)、松原良香、白井博幸らを始め、後にJリーガーとなる選手が数人いたが、清水商業、清水東、静岡学園などの壁に阻まれ高校選手権には一度も出場できず、地元開催で2枠の出場があった1991年度高校総体での準優勝のみが目立った成績となった(決勝戦の相手は清水東で、後に清水エスパルスでチームメイトとなる田島宏晃、斉藤俊秀が所属していた)。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たサッカーメキシコ代表

    フィリップ・トルシエ監督の下では運動量と守備的意識を買われ、ボランチではなく主に右サイドの要員として起用される事が多かった。しかし常に望月や明神や波戸らと併用され、レギュラーとして定着した時期はなかった。2000年のカールスバーグカップ・メキシコ戦では初のゲームキャプテンを任せられるなど、トルシエ監督から絶大な信頼を得る(合宿終了後にゲームキャプテンから一言と言われた際、寡黙な性格のためか「お疲れ様でした」の一言しか言わなかった)。しかし、2002 FIFAワールドカップ日本代表には、負傷から復帰した直後のタイミングとなってしまい選出されなかった。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た鹿島アントラーズ

    高校卒業後、1993年に地元の清水エスパルスに加入した。1994年6月11日のJリーグ・サントリーシリーズ第21節ガンバ大阪戦でプロ初出場を記録した。プロ3年目の1995年から頭角を現わした。同年11月8日のホーム鹿島アントラーズ戦で相手を3人抜き去って決めたゴールは語り草となっている。また、当時U-22日本代表監督だった西野朗に促され、「最大の転機」というボランチへの転身を果たす。ただし、状況によっては攻撃的MFとしてチャンスメイクを果たした。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たパチンコ

    パチンコと登山が趣味。シーズンオフには登山のために海外を訪れるほどの山好きで、静岡朝日テレビ『スポーツパラダイス』の企画で雪山登山をした際には、今まで清水のチームメイトにすら見せたことがないという笑顔で楽しむ光景が放映された。その様子をゲストとしてスタジオで見ていた西澤明訓は「パチンコしてるときよりもいい顔をしている。」と評した。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た浦和レッドダイヤモンズ

    Jリーグ初得点 - 1995年8月16日 vs浦和レッドダイヤモンズ戦 (駒場)伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たAC長野パルセイロ

    2014年、AC長野パルセイロへ移籍。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た静岡市

    伊東 輝悦(いとう てるよし、1974年8月31日 - ) は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部

    東海大学第一高校に進学。同校は2学年上に森島寛晃、後にアトランタオリンピック代表となる服部年宏(1年先輩)、松原良香、白井博幸らを始め、後にJリーガーとなる選手が数人いたが、清水商業、清水東、静岡学園などの壁に阻まれ高校選手権には一度も出場できず、地元開催で2枠の出場があった1991年度高校総体での準優勝のみが目立った成績となった(決勝戦の相手は清水東で、後に清水エスパルスでチームメイトとなる田島宏晃、斉藤俊秀が所属していた)。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たブラウブリッツ秋田

    2016年、ブラウブリッツ秋田へ完全移籍したが、同年シーズン限りで秋田を退団。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たサッカーブラジル代表

    1996年のアトランタオリンピックに出場。初戦のブラジル戦で決勝ゴールを決めマイアミの奇跡の立役者となる。3戦目のハンガリー戦でも前園真聖の決勝ゴールをアシストした。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「伊東輝悦」のニューストピックワード