前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 2012年の自転車競技

    2012年の自転車競技から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ガゼッタ・デロ・スポルトは、当日付記事で、マーク・カヴェンディッシュが2011年シーズン、少なくとも1回は競技外ドーピングを受けていない可能性があることを示唆した。カヴェンディッシュはトスカーナを練習拠点としているが、ガールフレンドの懐妊を受け、競技外ドーピングが行われた日、本籍地のイギリスにいたことを根拠に挙げている。2012年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    UCIは、当年のクリテリウム・アンテルナシオナルで総合優勝を果たしたフランク・シュレクが個人タイムトライアルで着用していたジャージが、UCIが定める1.3.033条項に違反している疑いがあるとする、ガゼッタ・デロ・スポルトの報道があったことを踏まえ、調査に乗り出す構え。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ベルナルデスキ

    フェデリコ・ベルナルデスキから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    クラブは2015年7月23日に、2019年6月30日までの契約延長がなされたと公式に発表した。同年7月30日に行われた記者会見にて背番号10番を付ける事を公表した。続く8月2日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップでの対バルセロナ戦において、前年度のUEFAチャンピオンズリーグ覇者であるチームに対してドッピエッタ(2得点)をする活躍をし、チームの勝利(2-1)に貢献した。同試合で着用した背番号10番と活躍から、イタリア全国スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトには「新たなバッジョ(nuovo Baggio)」と評された。同年11月25日に行われたUEFAヨーロッパリーグの対FCバーゼル戦においてフィオレンティーナにおける公式戦、及びヨーロッパの舞台において初となるドッピエッタ(2得点)を記録した。フェデリコ・ベルナルデスキ フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2014年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会では批判もあったが、コートジボワール戦をイタリアのガゼッタ・デロ・スポルト、フランスではル・モンド、レキップ、コロンビア戦をブラジルのプラカール誌、ガゼッタ・エスポルチーバ、ランセ紙、フォーリャ紙 では高評価が与えられた。グループリーグ終了後に国際サッカー連盟 (FIFA) は、公式分析システムのカストロール・インデックスを使い、出場全選手736人のランキングを10点満点で発表し、本田は8.96点の全体37位及び日本選手では最上位と採点した。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • パンタレオ・コルヴィーノ

    パンタレオ・コルヴィーノから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2009年、ガゼッタ・デロ・スポルト紙はフィオレンティーナ所属選手の総価値は1億8500万ユーロになると発表した。この数字は当時所属していた選手の獲得時の合計移籍金額を大きく上回っており、コルヴィーノが将来性のある選手や適正な評価を得ていない選手を見抜く才があることを証明している。以下に該当する主な選手を上げる。パンタレオ・コルヴィーノ フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・カッラーロ

    フェデリコ・カッラーロから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアの次代のファンタジスタ。各アンダー世代のイタリア代表に招集されており、また飛び級でU-21イタリア代表にも選出されている。身体的には大柄ではなく戦術的なプレーに対する伸び白も残しているが、それを補って余る創造的なプレーとテクニックを併せ持っている。両足で遜色ないプレーが可能であり、典型的な10番タイプの選手である。現地ガゼッタ・デロ・スポルト紙にはジエゴのようだと評されている。また、同紙のファビアーナ・デッラ・ヴァッレが選ぶ2010年のトルネオ・ディ・ヴィアレッジョの注目スター選手に選ばれ、「フィオレンティーナの至宝」と紹介された。フェデリコ・カッラーロ フレッシュアイペディアより)

  • チャレンジ・デスグランジュ=コロンボ

    チャレンジ・デスグランジュ=コロンボから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    アワーレコードを樹立したことがあるフランスの名選手だったアンリ・デグランジュと、後にイタリアの首相となるエミリオ・コロンボにちなんで名づけられ、ツール・ド・フランスの生みの親であるレキップ紙や、ジロ・デ・イタリアの生みの親であるガゼッタ・デロ・スポルト紙など主要スポーツ新聞社が運営にあたった。チャレンジ・デスグランジュ=コロンボ フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロングのドーピング問題

    ランス・アームストロングのドーピング問題から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、イタリアの捜査官が、2006年にアームストロングが、博士に465000ドルを支払っていたことをつきとめた。フェッラーリはこれまで、フロイド・ランディスなど、ドーピング違反となった選手の指南役として活動していた経験がある。ランス・アームストロングのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • エル・ゴラッソ

    エル・ゴラッソから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    「EL GOLAZO」とはスペイン語で「ファンタスティックなゴール」を意味する。紙面はピンク色になっているが、これはキヨスクなどで丸めて縦置きされても目立つようにするため(同じくピンク色の紙面であるイタリアのスポーツ紙、ガゼッタ・デロ・スポルトを参考にした)。代表戦の直前に発行する時は、紙面を青色にすることもある。エル・ゴラッソ フレッシュアイペディアより)

  • エマヌエーレ・セッラ

    エマヌエーレ・セッラから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    しかしその後、ガゼッタ・デロ・スポルトが2008年8月5日に報道したところによると、同年7月23日に国際自転車競技連合(UCI)が競技外ドーピング検査を実施したところ、セッラにCERA(持続性エリスロポエチン受容体活性化剤=Continuous Erythropoietin Receptor Activator)陽性が発覚。この報道を受け、CSFグループ・ナヴィガーレは即座にセッラに対し、出場禁止処分を言い渡した。その後、1年間の出場停止処分となり、CSFとの契約が打ち切られた。エマヌエーレ・セッラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示