52件中 11 - 20件表示
  • スカイラブハリケーン

    スカイラブハリケーンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は2014年2月に実写版「スカイラブハリケーン」の動画を公開した。動画には実際のサッカー選手が出演し、花輪SSの紫色のユニフォームを着たフアン・マヌエル・イトゥルベが射出台となりマノロ・ガッビアディーニがシュートを放つが、明和FCの黄色のキーパーユニフォームを着たキーパーのマッティア・ペリンの三角飛びによって阻止される、といった内容となっている。スカイラブハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • クマ・エルハジ・ババカル

    クマ・エルハジ・ババカルから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    移籍初年度の2008-09シーズンにフィオレンティーナのアッリエーヴィにおいて全国大会で優勝し、レアル・マドリード、FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドFC、チェルシーFCのスカウト陣の注目を集める。同シーズンはアッリエーヴィの1つ上のカテゴリであるプリマヴェーラにも15歳ながら飛び級で所属し、掛け持ちで出場したトルネオ・ディ・ヴィアレッジョでは得点を決め、その活躍とプレースタイルからイタリアの全国スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」には将来のディディエ・ドログバ、ヴィオラのマリオ・バロテッリと賞賛された。クマ・エルハジ・ババカル フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年2月

    訃報 2009年2月から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2月22日 - カンディード・カンナーヴォ(Candido Cannavò)、イタリアのジャーナリスト、元ガゼッタ・デロ・スポルト編集長(* 1930年)訃報 2009年2月 フレッシュアイペディアより)

  • ガゼット (新聞)

    ガゼット (新聞)から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ガゼッタ・デロ・スポルト(イタリアのスポーツ紙)ガゼット (新聞) フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ローザ

    マリア・ローザから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    1931年に初めて登場した。ツール・ド・フランスのマイヨ・ジョーヌ同様、ジャージの色は主催者であったスポーツ新聞『ガゼッタ・デロ・スポルト』の紙面の色に由来している。当然、胸には「ガゼッタ」紙の名が大書されていた。ジャージスポンサーは長年、製菓メーカーフェレロの果汁入り紅茶飲料「エスタテ」が務めていたが、2013年以降はピエモンテ州の製菓メーカー「バロッコ」が務め、その後2016年からエネルがスポンサードしている。マリア・ローザ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー文化

    サッカー文化から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    また、マスメディアで試合全般や選手のプレー、監督の采配などの評論をしている評論家は自身を「サッカージャーナリスト」や「スポーツジャーナリスト」等といった肩書きで名乗っている場合が多い。世界的に彼らの論評は全体的な傾向としては厳しく、強豪国にもなると試合で良い結果を収めてても、試合内容が悪ければ監督や選手が批判にさらされる事も少なくない。特に、スポーツ新聞(スポーツ記事専門)のガゼッタ・デロ・スポルト(イタリア)やマルカ(スペイン)、レキップ(フランス)などは厳しい評論で有名で、イギリスで発行されている大衆紙のザ・サン、デイリー・ミラー、タイムズなどに至っては、サッカーの評論以外にも選手や監督の人間関係や私生活などといったゴシップ記事も幅広く扱っている。その一方で、これら厳しい評論の傾向にある海外のマスメディアと比べると、日本の評論は賛美や擁護の記事が目立つ事が多く、たとえ批判的な記事であっても単に感情的なものに終始していると言われている。また、取材対象も欧州や南米ではナショナルチームよりもクラブチームの動向を中心に報道を行っているが、日本は逆である。サッカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー専門誌

    サッカー専門誌から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    主なサッカー専門誌には、ドイツの『キッカー』、フランスの『フランス・フットボール』、イギリスの『ワールドサッカー』、ブラジルの『』など、サッカー中心の報道を行うスポーツ専門誌には、イタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』や、アルゼンチンの『』などがある。サッカー専門誌 フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2013-14シーズンは開幕からレギュラーとして活躍。2013年10月20日に行われた対ユヴェントスFC戦では自身初の公式戦でのハットトリック(3得点)を記録し、チームにとって15年ぶりとなるホームでの宿敵相手の勝利 (4-2) に貢献した。この試合のロッシの採点は地元フィオレンティーナ関連サイトでは全て10点、イタリア全国スポーツ紙のガゼッタ・デロ・スポルト、コリエレ・デロ・スポルトの2紙からも9点という破格の点数がつけられた。このシーズンは前半戦だけで14得点と得点王争いのトップを走る活躍を見せたが、年が明けた2014年1月5日対リヴォルノ戦でレアンドロ・リナウドからタックルを受け右膝を負傷。一時は現役引退の可能性もささやかれたが、検査の結果、古傷の十字靭帯ではなく内側靭帯の損傷であったことが判明。手術は行わず、2カ月の保存治療を行うことになった。ジュゼッペ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • タリボ・ウェスト

    タリボ・ウェストから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2011年1月15日、インテルに所属するアルゼンチン代表のハビエル・サネッティは、ジュゼッペ・ベルゴミが残した519試合の出場最多記録に並ぶ試合を前日に迎え、ガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューで長いキャリアを振り返り、一番笑った瞬間と変わり者の同僚にウェストの名前を挙げている。タリボ・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • ミラノ〜トリノ

    ミラノ〜トリノから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアの2大都市であるミラノとトリノ、約200kmを結ぶ名物レースかつ伝統の一戦でもあるが、開催時期がしばし変更されたり、また開催されない年もあったりと、波乱万丈の歴史を歩んできた。イタリアのスポーツ紙である、ガゼッタ・デロ・スポルトと、ジロ・デ・イタリアを主催するRCSが共催している。ミラノ〜トリノ フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示