32件中 11 - 20件表示
  • ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ

    ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    これまでの実績を評価し、クラブはペペと契約期間の延長交渉に入るが、年俸を巡って交渉が難航。一時はマンチェスター・ユナイテッドFCやインテルが獲得に興味を持っていると報じられたほか、ガゼッタ・デロ・スポルトはレアル・マドリードがユヴェントスFCのジョルジョ・キエッリーニに関心を持っていると報じた。最終的にはセンターバックの選手として世界で6番目に高額な年俸400万ユーロで2015年まで契約を延長した。ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジダンの頭突き問題

    ジダンの頭突き問題から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    決勝から2日後の7月11日、マテラッツィはイタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューでジダンを侮辱したことを認めたが、内容については「よく使われる罵り言葉を発しただけ」と述べ、人種差別やジダンの母親への侮辱を否定した。さらに、マテラッツィは、先にジダンが侮辱発言をしたとも語り、そもそも事の始まりは、マテラッツィの激しいマーク(ユニフォームを掴む行為)に対して、ジダンが「ユニフォームが欲しいのなら、試合後にくれてやるよ」と先に言ったことにあると弁明した。ジダンの頭突き問題 フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    各国のメディアはこの件を厳しく批判した。イギリスのデイリー・テレグラフ紙は、「シューマッハのF1における傲慢な行いは、もはや許容しがたい。」として再度引退することを要求。イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙は、「傲慢なシューマッハは後悔の念を示してこなかったが、今回も同じだった。彼が間違いを犯す(と認める)ことはないようだ。今回、最悪の結末にならなかったのは奇跡だ。」とし、シューマッハがFIAの交通安全大使になっていることにも触れ、「これから休暇を楽しもうとしている方々にちょっとしたアドバイスを。もし誰かが貴方を抜こうとしたら、かの有名な元チャンピオン(シューマッハ)がハンガリーでやったのと正反対のことをやって頂きたい。」と皮肉を込めて報じた。この他にも、ラ・レプブリカ紙やコリエーレ・デロ・スポルト紙がシューマッハの行為を「狂気」と批判し、コリエーレ・デロ・スポルト紙は「以前と同じく、シューマッハは悪人だ。」とまで報じている。マルカ紙に至っては、「シューマッハのF1復帰は、F1の歴史の中でも最も忌むべき出来事だ。」としている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たガゼッタ・デッロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    代表チームの同僚であるサリー・ムンタリとは親交が厚く、ムンタリはインタビューの中で「エッシェンは兄のような存在で、インテルナツィオナーレ・ミラノからのオファーが届いた時、『モウリーニョがいるからきっと成長できる。悩まずインテルに行くべきだ。』と移籍を後押ししてくれた。」と語っている。(2008年12月4日ガゼッタ・デッロ・スポルトマイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • 奇誠庸

    奇誠庸から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    AFCアジアカップ2011では韓国のベスト4入りに貢献を果たし、マルカとガゼッタ・デロ・スポルトの2紙からはベストイレブンに選ばれた。奇誠庸 フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・ノヴィツキー

    ダーク・ノヴィツキーから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2001-02シーズン、ノヴィツキーは23.4得点9.9リバウンドの成績を残し、オールスターに初出場を果たし、オールNBAチームでは2ndチームに選ばれる。チームは新たにシックスマンとしてニック・バン・エクセルを加え、57勝25敗まで勝率を伸ばし、プレーオフ1回戦ではケビン・ガーネットのミネソタ・ティンバーウルブズをスイープ。ノヴィツキーは同じポジションのスーパースターであるガーネットに対し、シリーズ平均33.3得点(ガーネットは24.0得点)と圧倒して見せた。デビジョン準決勝ではクリス・ウェバー擁するサクラメント・キングスと対決。キングスのリック・アデルマンHCはノヴィツキーに対し、ウェバーではなくトルコ人フォワードのヘド・ターコルーをマッチアップさせた。ターコルーはノヴィツキーよりも低いが機動力ではノヴィツキーに勝っており、またもし高さのミスマッチを突かれても、ウェバーにダブルチームさせた。ノヴィツキーはこのキングスのディフェンスに苦しみ、シリーズ中は本来の力を発揮できず、チームも1勝4敗で敗退した。シーズン終了後にガゼッタ・デロ・スポルト紙からヨーロッパのバスケットボール年間最優秀選手に選ばれている。ダーク・ノヴィツキー フレッシュアイペディアより)

  • パンタレオ・コルヴィーノ

    パンタレオ・コルヴィーノから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2009年、ガゼッタ・デロ・スポルト紙はフィオレンティーナ所属選手の総価値は1億8500万ユーロになると発表した。この数字は当時所属していた選手の獲得時の合計移籍金額を大きく上回っており、コルヴィーノが将来性のある選手や適正な評価を得ていない選手を見抜く才があることを証明している。以下に該当する主な選手を上げる。パンタレオ・コルヴィーノ フレッシュアイペディアより)

  • タリボ・ウェスト

    タリボ・ウェストから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2011年1月15日、インテルに所属するアルゼンチン代表のハビエル・サネッティは、ジュゼッペ・ベルゴミが残した519試合の出場最多記録に並ぶ試合を前日に迎え、ガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューで長いキャリアを振り返り、一番笑った瞬間と変わり者の同僚にウェストの名前を挙げている。タリボ・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロングのドーピング問題

    ランス・アームストロングのドーピング問題から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、イタリアの捜査官が、2006年にアームストロングが、博士に465000ドルを支払っていたことをつきとめた。フェッラーリはこれまで、フロイド・ランディスなど、ドーピング違反となった選手の指南役として活動していた経験がある。ランス・アームストロングのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月24日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示