32件中 21 - 30件表示
  • ジロ・デ・イタリア

    ジロ・デ・イタリアから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ジロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)とは毎年5月にイタリア全土を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1909年から開催されている。主催はイタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』等を発行するメディアグループ・RCSの関連会社であるRCSスポルト社。ジロ・デ・イタリア フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たガゼッタ・デッロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イビチャ・オシムが監督を務めるユーゴスラビア代表の一員として、1990年に自身初のFIFAワールドカップに臨んだ。1990 FIFAワールドカップグループリーグ初戦の相手は西ドイツであったが、ローター・マテウスに完璧に封じられた。コロンビア戦やアラブ首長国連邦(UAE)戦でも本領を発揮するには至らなかったが、決勝トーナメント1回戦のスペイン戦では直接フリーキックの得点を含む2得点を決め、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙の採点で8.5の高評価を受けた。ディエゴ・マラドーナとの背番号10対決となった準々決勝のアルゼンチン戦はPK戦までもつれたが、その1番手として蹴ったキックを失敗し、そのまま敗れて大会を後にした。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • アレッシオ・スカルピ

    アレッシオ・スカルピから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    辛口で知られるイタリアのスポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトの選手採点において、10点満点を獲得した事がある。1998年11月29日のウディネーゼ対カリアリ戦において、チームメートのDFジャンルカ・グラッサドニア(Gianluca Grassadonia)が相手選手と衝突して呼吸困難となった際、試合が続行されているにもかかわらず即座に人工呼吸を行い救命に成功した。試合は2-1で敗戦となったが、この行為に対する賞賛として最高評価となった。コメント欄には「命は地球より重い」と書かれていた。アレッシオ・スカルピ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー文化

    サッカー文化から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    また、マスメディアで試合全般や選手のプレー、監督の采配などの評論をしている評論家は自身を「サッカージャーナリスト」や「スポーツジャーナリスト」等といった肩書きで名乗っている場合が多い。世界的に彼らの論評は全体的な傾向としては厳しく、強豪国にもなると試合で良い結果を収めてても、試合内容が悪ければ監督や選手が批判にさらされる事も少なくない。特に、スポーツ新聞(スポーツ記事専門)のガゼッタ・デロ・スポルト(イタリア)やマルカ(スペイン)、レキップ(フランス)などは厳しい評論で有名で、イギリスで発行されている大衆紙のザ・サン、デイリー・ミラー、タイムズなどに至っては、サッカーの評論以外にも選手や監督の人間関係や私生活などといったゴシップ記事も幅広く扱っている。その一方で、これら厳しい評論の傾向にある海外のマスメディアと比べると、日本の評論は賛美や擁護の記事が目立つ事が多く、たとえ批判的な記事であっても単に感情的なものに終始していると言われている。また、取材対象も欧州や南米ではナショナルチームよりもクラブチームの動向を中心に報道を行っているが、日本は逆である。サッカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    大の酒好きとしても知られ、表彰台でのシャンパンファイトでは、まずシャンパンを一口飲んでから参加する。大逆転でワールドチャンピオンを勝ち取った2007年最終戦ブラジルGPでは、表彰台に上がった途端にシャンパンを口にした。シャンパンの代わりにローズウォーターを使用するバーレーンGPの表彰台では、一口含んだ後はすぐにボトルを渡してしまった。ドイツの「ビルド・アム・ゾンタック」によると、2006年ハンガリーGP後に催されたレッドブルのパーティーに出席し、酒に酔って7,500ドル以上入った財布と、運転免許証とパスポートを紛失したと報道されたが、イタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、パーティー後に飲酒運転で摘発され、7,500ドルは罰金で、運転免許証とパスポートは没収されたと伝えられている。しかし、レッドブルの発表によると、ライコネンはパーティーに出席すらしていないらしい。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • 酒井宏樹

    酒井宏樹から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    スピーディーかつダイナミックなオーバーラップと、右足から放たれる鋭利な高速クロスが持ち味のサイドアタッカー。2011 FIFAクラブワールドカップにおけるプレーは、FIFA公式サイト上で「日本版ダニエウ・アウヴェス」、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトからは「右サイド版長友」と喩えられた酒井宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のように、リスナーが記者となって、テレビ番組などに登場した特定のお笑い芸人(藤波辰爾などの一部プロレスラーの報告もある)の動きを、サッカーのプレーにたとえて評価するコーナー。最後に前半と後半に分けて各10点満点でリスナーが評価を下す。だが、長文でハガキ職人の負担が大きいことから、ハガキが来なくなり、コーナー終了となってしまった。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    Career profile - La Gazzetta dello Sportマリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フェラーリ

    エンツォ・フェラーリから見たガゼッタ・デッロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    1898年モデナの板金工の次男に生まれ、9歳のときに観た地元レースでモータースポーツの魅力を知る。自身は「私はなりたかったものが3つある。1つはオペラ歌手、もう1つはスポーツ記者、そしてレーサーだ」と後年語っており、青年時代に全国スポーツ紙ガゼッタ・デッロ・スポルトにサッカー戦評を送ったこともあった。エンツォ・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2月22日 - カンディード・カンナーヴォ(Candido Cannavò)、イタリアのジャーナリスト、元ガゼッタ・デロ・スポルト編集長(* 1930年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示