52件中 21 - 30件表示
  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のように、リスナーが記者となって、テレビ番組などに登場した特定のお笑い芸人(藤波辰爾などの一部プロレスラーの報告もある)の動きを、サッカーのプレーにたとえて評価するコーナー。最後に前半と後半に分けて各10点満点でリスナーが評価を下す。だが、長文でハガキ職人の負担が大きいことから、ハガキが来なくなり、コーナー終了となってしまった。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • クリント・デンプシー

    クリント・デンプシーから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2009年8月13日、クラブとの2013年までの契約延長を締結した。8月20日、UEFAヨーロッパリーグのプレーオフラウンドでFCアムカル・ペルミと対戦し、欧州カップ戦初ゴールを決めた(試合は3-1でフラムFCが勝利)。12月30日、イタリアのスポーツ新聞ガゼッタ・デロ・スポルトのプレミアリーグのシーズンベストイレブンに選出された。クリント・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • 田中順也

    田中順也から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2014年6月、ポルトガル・プリメイラ・リーガのスポルティングCPに移籍。契約期間は5年間で、移籍金は20万ユーロ(約2,500万円)。また、違約金が6,000万ユーロ(約83億円)という破格の金額に設定されたことで欧州のメディアから注目を集め、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトでは「スポルティング・リスボンよ、タナカとは何者だ?」という見出しで大々的に報じられた。田中順也 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・マンニンガー

    アレクサンダー・マンニンガーから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    しかしウディネーゼに移籍してから2か月後になる8月5日にはリーグ首位のユヴェントスFCへ4年契約で完全移籍した。9月22日のカリアリ・カルチョ戦でジャンルイジ・ブッフォンの負傷によって途中出場した。当時のブッフォンは負傷が多かったため、リーグ戦で16試合に出場した。2009年末、ブッフォンは左膝半月板を手術。それ以降はチーム成績は振るわなかったものの代役を見事に務め、ガゼッタ・デロ・スポルトからセリエA前半の最優秀GKとして表彰された。アレクサンダー・マンニンガー フレッシュアイペディアより)

  • ヨシップ・イリチッチ

    ヨシップ・イリチッチから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    レフティーでフリーキックを得意としている。ガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューで、セットプレーでインスピレーションを受けた選手としてセルティック時代の中村俊輔の名を挙げている。ヨシップ・イリチッチ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たガゼッタ・デッロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    代表チームの同僚であるサリー・ムンタリとは親交が厚く、ムンタリはインタビューの中で「エッシェンは兄のような存在で、インテルナツィオナーレ・ミラノからのオファーが届いた時、『モウリーニョがいるからきっと成長できる。悩まずインテルに行くべきだ。』と移籍を後押ししてくれた。」と語っている。(2008年12月4日ガゼッタ・デッロ・スポルトマイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • カルチョ・スキャンダル

    カルチョ・スキャンダルから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2006年4月、2004-05シーズンの審判選出に関してイタリアサッカー連盟 (FIGC) に圧力をかけることで、ユヴェントスに有利な判定を引き出したことや、他チームの試合結果を操作したことなどが盗聴により明るみに出て、ガゼッタ・デロ・スポルトが大きく報道。イタリアサッカー界を揺るがす大スキャンダルへと発展し、選手の自宅も含めた家宅捜索が頻繁に行われた。カルチョ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • ジェルヴィーニョ

    ジェルヴィーニョから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    左右両サイドのウィングでプレーし、時にはセンターフォワードも務める。スピード溢れるドリブルが持ち味で、同じセリエAでプレーする長友佑都は、「普通に走るのとドリブルのスピードが変わらない」とコメントする。。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、2014年ブラジルW杯にて最大時速32.3kmを記録。昨年、サンシーロでは最大時速35kmというスピードを叩きだしたという。現在、人類最速の男である陸上競技選手ウサイン・ボルトは100mを平均すると時速35.578km。レース中の最高スピードは時速44kmにも及ぶ。しかし、ジェルビーニョ本人は「僕が思うに、ボールなしで競争したら、ウサイン・ボルトが勝つだろう。でも、僕らの前にボールがあれば、僕が勝つよ」と自信のコメントを発している。ジェルヴィーニョ フレッシュアイペディアより)

  • アレッシオ・スカルピ

    アレッシオ・スカルピから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    辛口で知られるイタリアのスポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトの選手採点において、初めて10点満点を獲得した事がある。1998年11月29日のウディネーゼ対カリアリ戦において、チームメートのDFジャンルカ・グラッサドニア(Gianluca Grassadonia)が相手選手と衝突して呼吸困難となった際、試合が続行されているにもかかわらず即座に人工呼吸を行い救命に成功した。試合は2-1で敗戦となったが、この行為に対する賞賛として最高評価となった。ちなみに、ガゼッタ・デロ・スポルトの採点でスカルピに最高の10点がつけられるまではナポリ時代のディエゴ・マラドーナでさえも9点が最高だったため、10点満点はまさに稀に見る奇跡的な点数だった。コメント欄には「命は地球より重い」と書かれていた。アレッシオ・スカルピ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロピアン・スポーツ・メディア

    ヨーロピアン・スポーツ・メディアから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ガゼッタ・デロ・スポルト(創設メンバー)ヨーロピアン・スポーツ・メディア フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示