52件中 31 - 40件表示
  • トミスラフ・イヴィッチ

    トミスラフ・イヴィッチから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イヴィッチは卓越した戦術家としてしばしば評され、サッカーの現代的なスタイルの発展の力となった功績が認められている。2007年4月、イタリアの日刊スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、異なる5つの国で7度のリーグ優勝を果たした業績から、イヴィッチを史上最も成功したサッカー監督として称えた。トミスラフ・イヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たガゼッタ・デッロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イビチャ・オシムが監督を務めるユーゴスラビア代表の一員として、1990年に自身初のFIFAワールドカップに臨んだ。1990 FIFAワールドカップグループリーグ初戦の相手は西ドイツであったが、ローター・マテウスに完璧に封じられた。コロンビア戦やアラブ首長国連邦(UAE)戦でも本領を発揮するには至らなかったが、決勝トーナメント1回戦のスペイン戦では直接フリーキックの得点を含む2得点を決め、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙の採点で8.5の高評価を受けた。ディエゴ・マラドーナとの背番号10対決となった準々決勝のアルゼンチン戦はPK戦までもつれたが、その1番手として蹴ったキックを失敗し、そのまま敗れて大会を後にした。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ベラム・カヤル

    ベラム・カヤルから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2007年にイタリアで行われたトルネオ・ディ・ヴィアレッジョに参加すると、ACFフィオレンティーナ戦で同試合の最優秀選手に選出されるほどの活躍を見せたことでイタリアのメディアから称賛された。また、コリエーレ・デラ・セラとガゼッタ・デロ・スポルトの両新聞社はイスラエルのチームに所属するアラブ人だと知ると驚き、そのことを詳細に知るために多くの時間を割いた。ベラム・カヤル フレッシュアイペディアより)

  • ジダン頭突き事件

    ジダン頭突き事件から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    決勝から2日後の7月11日、マテラッツィはイタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューでジダンを侮辱したことを認めたが、内容については「よく使われる罵り言葉を発しただけ」と述べ、人種差別やジダンの母親への侮辱を否定した。さらに、マテラッツィは、先にジダンが侮辱発言をしたとも語り、そもそも事の始まりは、マテラッツィの激しいマーク(ユニフォームを掴む行為)に対して、ジダンが「ユニフォームが欲しいのなら、試合後にくれてやるよ」と先に言ったことにあると弁明した。ジダン頭突き事件 フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    各国のメディアもこの件を厳しく批判した。イギリスのデイリー・テレグラフ紙は、「シューマッハのF1における傲慢な行いは、もはや許容しがたい」として再度引退することを要求。イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙は、「傲慢なシューマッハは後悔の念を示してこなかったが、今回も同じだった。彼が間違いを犯すことはないようだ。今回、最悪の結末にならなかったのは奇跡だ」とした。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア

    ジロ・デ・イタリアから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ジロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)とは毎年5月にイタリア全土を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1909年から開催されている。主催はイタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』等を発行するメディアグループ・RCSの関連会社であるRCSスポルト社。ジロ・デ・イタリア フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    Career profile - La Gazzetta dello Sportマリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ライカールト

    フランク・ライカールトから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    1990-91シーズンのUEFAスーパーカップではイタリアのUCサンプドリアを下し大会連覇。1990年12月に行われたトヨタカップではパラグアイのオリンピアとの対戦となったが、この試合で2得点を決めて大会連覇に貢献すると共に最優秀選手に選ばれた。この試合での活躍を『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙は「彼が高レベルの才能の持ち主であることを証明した」と報じるなど、当時28歳のライカールトは選手経歴のピークを迎えていた。フランク・ライカールト フレッシュアイペディアより)

  • 奇誠庸

    奇誠庸から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    AFCアジアカップ2011では猿マネなどの騒動はあったものの、韓国のベスト4入りに貢献をし、マルカとガゼッタ・デロ・スポルトの2紙からはベストイレブンに選ばれた。奇誠庸 フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フェラーリ

    エンツォ・フェラーリから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    1898年にモデナで板金工の次男に生まれ、9歳のときに観た地元レースでモータースポーツの魅力を知る。自身は「私はなりたかったものが3つある。1つはオペラ歌手、もう1つはスポーツ記者、そしてレーサーだ」と後年語っており、青年時代に全国スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトにサッカー戦評を送ったこともあった。エンツォ・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示