52件中 41 - 50件表示
  • ダーク・ノヴィツキー

    ダーク・ノヴィツキーから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2001-02シーズン、ノヴィツキーは23.4得点9.9リバウンドの成績を残し、オールスターに初出場を果たし、オールNBAチームでは2ndチームに選ばれる。チームは新たにシックスマンとしてニック・ヴァン・エクセルを加え、57勝25敗まで勝率を伸ばし、プレーオフ1回戦ではケビン・ガーネットのミネソタ・ティンバーウルブズをスイープ。ノヴィツキーは同じポジションのスーパースターであるガーネットに対し、シリーズ平均33.3得点(ガーネットは24.0得点)と圧倒して見せた。デビジョン準決勝ではクリス・ウェバー擁するサクラメント・キングスと対決。キングスのリック・アデルマンHCはノヴィツキーに対し、ウェバーではなくトルコ人フォワードのヒド・ターコルーをマッチアップさせた。ターコルーはノヴィツキーよりも低いが機動力ではノヴィツキーに勝っており、またもし高さのミスマッチを突かれても、ウェバーにダブルチームさせた。ノヴィツキーはこのキングスのディフェンスに苦しみ、シリーズ中は本来の力を発揮できず、チームも1勝4敗で敗退した。シーズン終了後にガゼッタ・デロ・スポルト紙からヨーロッパのバスケットボール年間最優秀選手に選ばれている。ダーク・ノヴィツキー フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    イタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では長友について「インテルに欠けていた闘争心に飢えている象徴的存在」と評している。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ドイツの「ビルド・アム・ゾンタック」によると、2006年ハンガリーグランプリ後に催されたレッドブルのパーティーに出席し、酒に酔って7,500ドル以上入った財布と、運転免許証とパスポートを紛失したと報道されたが、イタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、パーティー後に飲酒運転で摘発され、7,500ドルは罰金で、運転免許証とパスポートは没収されたと伝えられている。しかし、レッドブルの発表によると、ライコネンはパーティーに出席すらしていないらしい。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    加入1年目となる2006-07シーズンはリーグ戦33試合出場で16得点、多くのアシストも決め、カルチョ・スキャンダルのペナルティにより15ポイント勝ち点を減らされたチームをリーグ5位の座に導く。このシーズン、ムトゥはイタリア全国紙のガゼッタ・デロ・スポルト紙の試合採点の平均点が最高の選手であり、イタリア放送協会やDatasportからはグッドプレーヤー賞を送られ、かつての恩師の下で復活を果たした。2007-08シーズンはリーグ戦29試合出場中17得点し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権の得られるリーグ4位の座に貢献、加えてUEFAカップでは6得点を挙げ準決勝進出に導いた。ルカ・トーニが去った後のフィオレンティーナのエースストライカーとしての地位を確固たるものとした。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • 酒井宏樹

    酒井宏樹から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    スピーディーかつダイナミックなオーバーラップと、右足から放たれる鋭利な高速クロスが持ち味のサイドアタッカー。2011 FIFAクラブワールドカップにおけるプレーは、FIFA公式サイト上で「日本版ダニエウ・アウヴェス」、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトからは「右サイド版長友」と喩えられた。酒井宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • ボルハ・バレロ

    ボルハ・バレロから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2012年8月3日、フィオレンティーナに700万ユーロの移籍金で移籍。移籍初年度からレギュラーとして活躍し、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の元でアルベルト・アクィラーニとダビド・ピサーロと組む3センターハーフはイタリアのスポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルト等に「セリエA最高の中盤」と評され、このシーズンのフィオレンティーナのポゼッションサッカーを支えた。出場試合数はリーグ戦37試合とチーム内で1位、11アシストを記録、セリエA全体としてもフィールドプレイヤーでは最も多くの時間出場した選手の1人であった。ボルハ・バレロ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    2015年6月29日、水戸ホーリーホック戦で最年長ゴール記録をまた更新。同年11月11日、横浜FCとの来季の契約延長を発表。カズの背番号に因んで11月11日の11時11分に契約延長が発表された。この契約延長はイタリアやイギリス、スペインなど海外でも話題になり、イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙は「時代を超越した存在」と称賛した。前園真聖は「還暦(60歳)までやるって言っていましたけど、本当にやるんじゃないか(笑)」とコメントしている。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    ガゼッタ・デロ・スポルト スポーツマン賞(2005?07)ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    セリエA3年目となる2004-2005シーズンは、終盤数戦こそ恥骨炎や膝の負傷などで途中出場があったがほぼスターティングメンバーとして戦いクラブ創設以来の最高順位に貢献。2005年3月にはガゼッタ・デロ・スポルトからレジーナの歴代ベストイレブンに選出された。同年6月、FIFAコンフェデレーションズカップ2005で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。セルティックFCの監督、ストラカンにプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たガゼッタ・デロ・スポルトガゼッタ・デロ・スポルト

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月25日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示