前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示
  • 2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    前年、日本一を成し遂げた巨人(読売ジャイアンツ)の原辰徳監督が全セ(セントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した伊原春樹監督が全パ(パシフィック・リーグ)を率いて戦った2003年のオールスターゲームは前半戦だけで60勝し、プロ野球の話題を独占した全セの阪神タイガース勢の活躍が光る試合内容となった。1戦は井川慶、2戦は伊良部秀輝が先発投手として全セを負けなしに引っ張った。打の方でも第2戦にジョージ・アリアス、金本知憲が勝負を決める本塁打を放った。一方の全パは2戦を通して3本塁打を放ったアレックス・カブレラが孤軍奮闘した。2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第69回全国高等学校野球選手権大会

    第69回全国高等学校野球選手権大会から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    第12号:伊良部秀輝(尽誠学園)第69回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    翌年には千葉ロッテマリーンズ投手(当時)、伊良部秀輝のメジャーリーグ移籍騒動にも代理人として係わった。野村は、伊良部が日本球界に復帰した後も代理人業務を続けた。団野村 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    前年、日本一になったヤクルトスワローズの野村克也監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ制覇した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた1994年のオールスターゲームは松井秀喜、イチローを始めとして新庄剛志、伊良部秀輝、藪恵市(現・恵壹)、高津臣吾らのちにメジャーリーグでも活躍する若い選手が相次いで登場した。1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 木村昇吾

    木村昇吾から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    の開幕戦は欠場もベンチ入りを果たし第2戦で伊良部秀輝からセーフティバントを決めプロ初安打を記録。この年は25試合に出場し、4安打の成績だった。しかし2年目以降は目立った活躍ができず、4年目から走力に活路を見出そうと取り組んだ。(しかし、2年目と4年目には湘南シーレックス所属でフレッシュオールスターゲームのイースタンリーグ選抜やセリーグ選抜に選出)打法も試行錯誤を繰り返した。オフ、岸本秀樹とともに、小山田保裕との2対1のトレードで、広島東洋カープへ移籍した。木村昇吾 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達

    プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    2007年9月13日(木)にTBS系でゴールデンタイム(22:00〜22:54)に放映されたスピンオフドキュメンタリー番組。ドリマックス制作であり、番組のナレーションも東山紀之が担当した。主にかつて『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』やバース・デイでスポットライトを当てた元プロ野球選手たちの後日談であったが、番組の目玉は引退後の消息が語られることが少なかった伊良部秀輝と入来智の現状紹介とインタビューと言える。特に入来智の栄光からの転落人生とその後の再生を支えた20年に及んだ現夫人との関係は再現VTRを交えて紹介された。このようにゴールデンタイムという放送枠で野球ファン以外の視聴者も視野に入れての演出も見られた。プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    、3本柱だった、伊良部秀輝、エリック・ヒルマンの退団もあり、4年ぶりに開幕投手を務め、開幕から自身登板時に6連勝を記録。同年はキャリアハイの防御率2.49で最優秀防御率のタイトルを獲得。翌も開幕投手を務めた。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    伊良部秀輝は、独占交渉権を譲渡された後、代理人を雇って大型トレードを仕掛けるという方法で希望通りヤンキース入団を果たしている(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    背番号79。1996年シーズンまでのヘッドコーチ。片平が退任したときに代行監督になったが、指揮した6試合は全敗。ロッテとのシーズン最終戦には伊良部秀輝にノーヒットノーランを食らい、暴走したファンにハイジャック・バックブリーカーを受け球団を去る。ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 10.19

    10.19から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    61伊良部秀輝(偵察メンバー)10.19 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード