124件中 11 - 20件表示
  • 吉井理人

    吉井理人から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    のスプリングトレーニングで解雇され、4月13日にモントリオール・エクスポズと1年30万ドルで契約。先発とロングリリーフを兼任し、4月16日のメッツ戦では新庄剛志と対戦し遊ゴロに仕留め、この試合以降16回2/3連続無失点と好調を続けた。6月8日のメッツ戦では故障した伊良部秀輝に代わって先発し6回0/3を2失点に抑えたが打線の援護がなく敗戦。8月8日のヒューストン・アストロズ戦では延長10回から登板し2ヶ月ぶりの勝利となる日米通算100勝を挙げた。先発では11試合の登板で2勝7敗、防御率5.56、WHIP1.56。リリーフでは31試合の登板で2勝0敗、防御率4.03、WHIP1.15の成績を残した。12月21日には1年30万ドルでエクスポズと再契約。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部メジャーリーグ移籍騒動

    伊良部メジャーリーグ移籍騒動から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    伊良部メジャー移籍騒動(いらぶメジャーいせきそうどう)とは1996年オフに起こった千葉ロッテマリーンズ所属投手の伊良部秀輝によるメジャーリーグ移籍を巡る騒動。伊良部メジャーリーグ移籍騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 10.12

    10.12から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    翌10月13日、川崎球場でのロッテ対オリックス最終戦。オリックスはロッテ先発園川一美からブーマーの2打席連続本塁打などで3点をリードするが、先発佐藤義則が5回裏に捕まり、愛甲猛に3ラン本塁打を打たれ逆転。8回途中から登板の伊良部秀輝に反撃を封じられ、オリックスは5-3で痛恨の敗戦、近鉄のマジックはついに1になった。この試合はTBSテレビが試合当日に急遽19:30?20:54の時間帯で全国中継を行った。10.12 フレッシュアイペディアより)

  • W-スピン

    W-スピンから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    それ以降はモーションキャプチャーを利用した運動数理解析モデルの構築を図るように方針を転換する。その際にはプロ野球選手の、千葉ロッテマリーンズの小宮山悟、当時マリーンズに所属していた伊良部秀輝の両投手がデータの収集に協力し、自らモデルとなる投球モーションを演じてみせた。(その際全身にマーキング用のテープがまかれたタイツを着用した。)大村皓一と研究グループの一員であった望月義幸、は小宮山、伊良部から得られたデータを基に、関節可動域や筋出力のデータをインプットしたモデルで最も効率の良い加速スタイルは何かと「最適化」の計算を当時最新のスーパーコンピュータに行わせた所、二重振り子的な投球動作から、二重回旋系の動作へ変更されたという。(最適化の条件は加速経路が非連続性を回避する。即ち滑らかさという抽象表現の近似と、最小の筋力発揮で最大の末端部位の速度を得る事、人体の動作有限性を考慮した関節可動域を逸脱しない事が指定された。)そこで解析モデルが示したリリースは肩腕部の回旋を伴う、ふくよかなループ・モーションのリリースだったという。(ちなみにこの研究で望月博士は数学の博士号を授与された。)研究過程において、筋量の増加に因み投球中の可動域に対しても言及を残し、筋出力が向上するほど回旋運動が抑制的になるのではないかとの考察モデルも残した。W-スピン フレッシュアイペディアより)

  • 池田豪

    池田豪から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    現役引退後、伊良部秀輝投手の通訳(モントリオール・エクスポズ時代)、EXPOSスカウト、フロリダ・マーリンズスカウトを歴任し、TBSの番組ガチンコ!では、男どアホ大リーグの講師をつとめるなど、野球普及に取り組んでいる。池田豪 フレッシュアイペディアより)

  • シェーン・デニス

    シェーン・デニスから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    ウィチタ州立大学からにサンディエゴ・パドレスに入団。にジェイソン・トンプソンと共に伊良部秀輝とのトレードで千葉ロッテマリーンズへ入団。シェーン・デニス フレッシュアイペディアより)

  • エルマイラ・パイオニアーズ

    エルマイラ・パイオニアーズから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    2002年、シーレックス・コーポレーションが球団を保有し、筆頭オーナーにフィル・クラマーのほか、野茂英雄、伊良部秀輝、マック鈴木、佐野慈紀が就任した。エルマイラ・パイオニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢)

    全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    高松商の連続出場が途絶えるとその後は毎年のように代表校が変わる混戦模様となった。その中から台頭してきたのが私学の尽誠学園である。第68回大会・第69回大会で伊良部秀輝投手を擁し連続出場。第71回大会では左腕宮地克彦でベスト4進出。第74回大会でもエース渡辺隆文の1回戦の選抜優勝校・帝京戦での1-0を含む大会3完封勝利の活躍で再びベスト4に進出し、強豪として知られるようになった。全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 前田勝宏

    前田勝宏から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    翌からはトレイ・ヒルマンの下でプレーするが、好結果は残せなかった。3年目のにはAAA級コロンバスに昇格するが、レベルの高い打者との対戦で結果は出せずAA級に降格。アメリカでまで5年間プレーしたが、その間に腕に異常をきたすなど、過酷なマイナー契約だった事もあり、メジャー昇格を果たせないまま、日本の野球界へ戻ることになる(マイナー時代、伊良部秀輝とチームメイトだったこともある)。前田勝宏 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手)

    ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1996年にメジャー昇格するも翌1997年伊良部秀輝とのトレードによりシェーン・デニスとともに千葉ロッテマリーンズへ移籍する。(のちに伊良部はニューヨーク・ヤンキースへ移籍)ジェイソン・トンプソン (1971年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

124件中 11 - 20件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード