124件中 41 - 50件表示
  • 木内幸男

    木内幸男から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1985年からは理事長である櫻井富夫の強い要請で、その2年前に開校したばかりの私立の常総学院に移る。就任3年目の1987年の選抜で甲子園に出場し、選手権ではエースの島田直也や当時1年生の仁志敏久などを擁して準優勝を果たす。伊良部秀輝の尽誠学園(香川)、木村龍治と後藤孝志の中京(愛知)、大会屈指の豪腕だった川島堅の東亜学園(西東京)などの注目の好投手や名門校をいとも簡単に退けていく戦いぶりが「木内マジック」と呼ばれ、以降木内の代名詞として流通していくようになる。それから3年連続で甲子園に出た後、辞任の噂も飛び交ったが結局そのまま常総の監督を続け1993年の選手権で4強、翌1994年の選抜で準優勝、1998年の選手権で8強と常総学院を野球の名門校へと定着させていく。ただ1990年代は「今の子はイエスマンが多い」などと取手二高時代のような選手の反発心のなさを嘆いたり選手の自主性を育てようとノーサイン野球を試みて失敗するなど、指導方針に悩みや迷いが多い時期でもあった。木内幸男 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・スタインブレナー

    ジョージ・スタインブレナーから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    伊良部秀輝 - 彼がヤンキースで活躍していた時期は大のお気に入りだったが、不調に陥ると、“太ったヒキガエル”と罵倒し、その後放出した。ジョージ・スタインブレナー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ジラルディ

    ジョー・ジラルディから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    ジラルディは1996年からまでの4年間、ヤンキースの正捕手を務め、3度の世界一となる。伊良部秀輝、アンディ・ペティット、デービッド・ウェルズ、デービッド・コーン、マリアノ・リベラらとバッテリーを組み、1999年7月18日にはコーンが完全試合を達成した時の捕手を務めた。また、その3年前の1996年には、ドワイト・グッデンがノーヒット・ノーランを達成したときの捕手も務めていた。ジョー・ジラルディ フレッシュアイペディアより)

  • 158

    158から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    プロ野球で、日本人最高球速は伊良部秀輝、五十嵐亮太、山口和男が記録した158km/h(外国人を含めると、マーク・クルーンの162km/hが最高)。158 フレッシュアイペディアより)

  • 虎辞書なる!!

    虎辞書なる!!から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    2003年6月5日阪神-中日 伊良部秀輝完投勝利虎辞書なる!! フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の日本シリーズ

    1993年の日本シリーズから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    文化放送 解説:松原誠 ゲスト解説:伊良部秀輝(ロッテ)1993年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ビックリマン プロ野球チョコ

    ビックリマン プロ野球チョコから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    上記シリーズとの直接的なつながりはないが、同じプロ野球をモチーフとしたシールの元祖は、1988年にロッテオリオンズの本拠地である川崎球場へ試合を見に来た子供ファンに配布されたオリオンズヒーローシールシリーズとされている。キャラクターのモデルとなった選手は、「スーパーオリオン」と冠された当時の有藤道世監督と9選手の全10種類。それぞれ「パート1」と「パート2」のヴァージョン違いがあるため20種類になる。パート1の裏書きは選手名、生年月日と身長、体重、出身校、趣味、愛称、選手メッセージで、パート2の裏書きはビックリマン天使vs悪魔シールのようなレイアウトになっており、それらしい雰囲気の文章とイラストが添えられている。その裏書きによると選手のキャラクターは「9神士」と総称されており、3キャラ一組で「3闘士」「3救士」「3勇士」と区分されている。なお、シール化された選手以外にも10人の選手(伊良部秀輝・小川博・斉藤巧・佐藤健一(現・兼伊知)・関清和・園川一美・高沢秀昭・仁科時成・袴田英利・ビル・マドロック)をモチーフにした同様のイラストが制作されており、団扇や缶バッジなどのキャラクターグッズに使用されていた12。ビックリマン プロ野球チョコ フレッシュアイペディアより)

  • 星野伸之

    星野伸之から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    しかし、しなやかに腕を振る投球フォームから投げる速球は伸びが有り、1989年頃からはテイクバックを小さくして投げる直前まで左手を体の横に隠すフォームにした。これにより打者からは投げる瞬間まで握りが見えず球種が読みにくく、ボールの出所も見えにくくなった。これらに加え40km/h以上のスローカーブとの緩急差により打者には速球が数字以上に速く見えたと言われる。その緩急さに、梨田昌孝は「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、初芝清は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博は「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも中村紀洋、タフィ・ローズなど複数の打者が星野のボールは速かったと証言している。また、トニー・バナザードは星野のストレートの遅さと、それにもかかわらず打てないことからかなり苛立ち、よく星野に向かって怒っていたという。星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のスポーツ

    1997年のスポーツから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    5月24日 - 伊良部秀輝投手がアメリカメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースと契約。1997年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    文化放送 解説:山崎裕之 ゲスト解説:伊良部秀輝(千葉ロッテ)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

124件中 41 - 50件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード