127件中 51 - 60件表示
  • 1994年の野球

    1994年の野球から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    9月28日 - ロッテの伊良部秀輝が日本プロ野球記録の1イニング3暴投。1994年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1月18日 - NPB、MLBなどでプレーし、前年は四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドッグスでプレーし退団した伊良部秀輝がブログで現役引退を表明、2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の野球

    2011年の野球から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    7月27日 - 伊良部秀輝(ロッテ、阪神、ヤンキース、エクスポズ、レンジャーズ元投手 *1969年)2011年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • W-スピン

    W-スピンから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    それ以降はモーションキャプチャーを利用した運動数理解析モデルの構築を図るように方針を転換する。その際にはプロ野球選手の、千葉ロッテマリーンズの小宮山悟、当時マリーンズに所属していた伊良部秀輝の両投手がデータの収集に協力し、自らモデルとなる投球モーションを演じてみせた。(その際全身にマーキング用のテープがまかれたタイツを着用した。)大村皓一と研究グループの一員であった望月義幸、は小宮山、伊良部から得られたデータを基に、関節可動域や筋出力のデータをインプットしたモデルで最も効率の良い加速スタイルは何かと「最適化」の計算を当時最新のスーパーコンピュータに行わせた所、二重振り子的な投球動作から、二重回旋系の動作へ変更されたという。(最適化の条件は加速経路が非連続性を回避する。すなわち滑らかさという抽象表現の近似と、最小の筋力発揮で最大の末端部位の速度を得る事、人体の動作有限性を考慮した関節可動域を逸脱しない事が指定された。)そこで解析モデルが示したリリースは肩腕部の回旋を伴う、ふくよかなループ・モーションのリリースだったという。(ちなみにこの研究で望月博士は数学の博士号を授与された。)研究過程において、筋量の増加に因み投球中の可動域に対しても言及を残し、筋出力が向上するほど回旋運動が抑制的になるのではないかとの考察モデルも残した。W-スピン フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    毎日オリオンズから千葉ロッテマリーンズの系譜でも植村義信→若生智男→成田文男→伊良部秀輝→清水直行→藤岡貴裕が背負い、エースナンバーとして確立している。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    投手。モデルは伊良部秀輝。第2部に登場。雄根と並ぶ日本屈指の速球派投手。熱血漢で雄根と名勝負を繰り広げる。第2部終了後にメジャーリーグに移籍。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    もクローザーとして起用され、開幕から順調にセーブを積み重ねる。6月には負けが込んでいたチームの悪い雰囲気をぬぐい去るため、試合後にロサンゼルスの店で侍の衣装を購入し、次の試合前に侍の格好でロッカールームを歩き回ってチームメイトたちを笑わせた(次の日の試合前にも侍姿で登場した。普段は滅多に笑わないジェフ・ケントも好評だったという)。また本人のブログによると、対戦相手のニューヨーク・メッツの選手にも大ウケされ、和ませてしまったらしい。26日のダイヤモンドバックス戦では日本人メジャー最高球速となる99mph(約159km/h)を記録。これはレギュラーシーズン中に日本人選手の計測した球速としては伊良部秀輝、五十嵐亮太、山口和男を抜いて歴代最速となった(に由規が161km/hを記録して更新)。この試合では98mph(約158km/h)も計時し、本人によれば日本での自己最速は153km/hであったため「この年で99マイルはどうなんですかね」と本人も半信半疑だったが、球場内の表示とテレビ中継の表示は共に同じ数字を示していた。また同日に記録したセーブによりメジャーデビュー以来48度のセーブ機会で45の成功を収め、初セーブ機会からの救援成功率で44/48のガニエを抜きメジャー新記録を樹立した。前半戦だけで23セーブを挙げるなど変わらぬ安定感が評価され、7月11日に行われたオールスターゲームに監督推薦で初出場。最速97mph(約156km/h)を計時し1イニングを三者凡退に抑えた。8月にも抜群の安定感を示し、月間MVPは候補に留まったものの、日本人投手初となる月間最優秀救援を受賞した。シーズンも佳境となった9月19日、ロッキーズとのダブルヘッダー第二戦で1点リードの9回裏に登板。熾烈を極めるワイルドカード争いの中で迎えたこの一戦で、逆転サヨナラ2ランを浴びシーズン初黒星を喫する。結果的にロッキーズはこの勝利から奇跡的な快進撃を続け、サンディエゴ・パドレスとのワンデイプレーオフを制してワイルドカードを獲得。ドジャースは急激に調子を落とし、ワイルドカード争いから脱落することとなってしまった。しかし斎藤はこの年ナ・リーグ3位の39セーブ、リーグのリリーフ投手の中で最も低い防御率1.40とWHIP0.72を記録(メジャー全体ではJ.J.プッツの防御率1.38、WHIP0.70に次ぐ2位)するなど抜群の成績を残した。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    また1996年には、同じくFAではなかった伊良部秀輝が当時の所属球団である千葉ロッテマリーンズに対し、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を強く要望。結果、サンディエゴ・パドレスへのトレードを経て、ヤンキースへの移籍を実現させた(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。この際にメジャーリーグ側から球団間での獲得機会均等を実現する制度の要求があり、1998年に「日米間選手契約に関する協定」が調印されポスティングシステムが成立。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    12月7日 - 前テキサス・レンジャーズの伊良部秀輝と前ロサンゼルス・ドジャースのジェフ・ウィリアムスの阪神入団が決定2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 在日認定

    在日認定から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    『朝鮮日報』が伊良部秀輝が死去したことを報じた際に「妻が在日韓国人3世で、米国人の父と日本人の母の間に生まれたが韓国系という噂もある伊良部氏」と報じた。在日認定 フレッシュアイペディアより)

127件中 51 - 60件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード