127件中 71 - 80件表示
  • 高木大成

    高木大成から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    初盗塁:1996年7月7日、対千葉ロッテマリーンズ14回戦(西武ライオンズ球場)、2回裏に二盗(投手:伊良部秀輝、捕手:田村藤夫)高木大成 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    文化放送 解説:山崎裕之 ゲスト解説:伊良部秀輝(千葉ロッテ)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎市立若草中学校

    尼崎市立若草中学校から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    伊良部秀輝(元プロ野球選手)尼崎市立若草中学校 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チップス

    プロ野球チップスから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    オールスターゲームに出場した選手を扱ったもの。2003年は全選手(阪神・伊良部秀輝を除く)、2004年・2006年はファン投票選出選手、2005年は試合ごとのMVPと優秀選手。なお、以前はレギュラーカードの中に含まれていた。プロ野球チップス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    7月27日 - 伊良部秀輝(兵庫県、野球 *1969年)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 立花龍司

    立花龍司から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    一方、立花はロッテで活躍し、特に1995年にはアメリカ人監督のボビー・バレンタインからの信頼も寄せられてチームの2位躍進に貢献した。この時には伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンなど、当時リーグ屈指といわれた投手陣を指導した。なお、ヒルマンは1995年からの2年間で410イニングに登板し26勝を挙げたが、に移籍した読売ジャイアンツでは左肩痛を訴え、2年間でわずか6イニング、未勝利に終わった。立花龍司 フレッシュアイペディアより)

  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    ロッテ時代は肘の故障の為、移籍した当初程の活躍は後年見せられなかったが、その間にプロ生活の中で培った経験や知識を若手投手陣に惜しげもなく教え、ナインからの信望が非常に厚かった。特に小宮山悟、伊良部秀輝をはじめとする投手陣には技術面・精神的共に絶対的な支えとなる。その事は後に長きに渡りテレビ・ラジオでの理論派解説の裏付けとなっている。また、1992年のロッテ入団以来、牛島を慕い続けている吉田篤史は、雑誌『週刊ベースボール』の選手名鑑の「野球生活の中での思い出のシーン」という設問に、自身が1993年に右肩を故障したことと「牛島さんの現役引退」を挙げ続けている。吉田は2004年に現役引退後、牛島の誘いを受けて横浜にコーチとして入閣。牛島の在任中はブルペン担当の投手コーチを務めた。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    小学、中学時代は祖父が設立したチームであるボーイズリーグの兵庫尼崎に在籍。父は中学生の部監督。小6時にはボーイズリーグ全国春季大会準優勝。出身者には伊良部秀輝や田中一徳、野間口貴彦などがいる。高校進学は愛知県の弥富高等学校(現愛知黎明高等学校)。かつて沖縄尚学を選抜高校野球大会優勝をもたらした金城孝夫監督に引っ張られスポーツ推薦で進学。1年からレギュラーとして出場し秋季東海大会8強、3年夏は愛知大会4強入り。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の阪神タイガース

    2003年の阪神タイガースから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    2年目の星野監督の元で断行された「血の入れ替え」によって選手を大きく入れ替えた阪神は、開幕直後から首位を独走し、7月終了時点で2位に17.5ゲーム差の大差を付け、そのまま2位以下を全く寄せ付けず、18年ぶりのセ・リーグ優勝をぶっちぎりで飾った。しかし、日本シリーズでは、王監督率いるダイエーに3勝4敗で敗れ、日本一を逃した。戦力としては、「第三次ダイナマイト打線」と称された金本・矢野・今岡・アリアス・赤星らの野手陣が140試合で728得点と1試合5点以上を獲る得点力を発揮し、投手陣も井川・伊良部ら先発陣、安藤・ウィリアムスらリリーフ陣がともに活躍し、チーム防御率はリーグ1位を誇った。2003年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    後年の選手で比較的登場の多い選手(ダイエー、ソフトバンクを除く)のうち、野手では、西武、巨人やオリックスに在籍した清原和博(どのチームの時代にも満遍なく登場)、オリックスのイチロー(マリナーズ移籍後にも登場経験あり)・高橋智、西武・ダイエーなどの石毛宏典(後にオリックス監督)らがいる。投手では日本ハム・西武の西崎幸広、近鉄・巨人などの阿波野秀幸、西武時代の渡辺久信、近鉄時代の野茂英雄なども何度か登場しており、他に伊良部秀輝(当時ロッテ。阪神時代にも登場あり)らも比較的よく登場していた。近年の投手では、松坂大輔や涌井秀章(共に西武)、渡辺俊介(ロッテ)などが印象的な形で登場する。あぶさん フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード