124件中 81 - 90件表示
  • ゴリけん

    ゴリけんから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    風貌が似ている元プロ野球選手・伊良部秀輝の物まねをする。2005年秋の深夜の大阪日本橋にて、阪神の日本シリーズで興奮しているミナミで伊良部のモノマネをして暴徒に絡まれるという設定で撮影を行ったが、番組スタッフが周辺住民に了解を得ておらず警察に通報されるという事があった。ゴリけん フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    もクローザーとして起用され、開幕から順調にセーブを積み重ねる。6月には負けが込んでいたチームの悪い雰囲気をぬぐい去るため、試合後にロサンゼルスの店で侍の衣装を購入し、次の試合前に侍の格好でロッカールームを歩き回ってチームメイトたちを笑わせた(次の日の試合前にも侍姿で登場した。普段は滅多に笑わないジェフ・ケントも好評だったという)。また本人のブログによると、対戦相手のニューヨーク・メッツの選手にも大ウケされ、和ませてしまったらしい。26日のダイヤモンドバックス戦では日本人メジャー最高球速となる99mph(約159km/h)を記録。これはレギュラーシーズン中に日本人選手の計測した球速としては伊良部秀輝、五十嵐亮太、山口和男を抜いて歴代最速となった(に由規が161km/hを記録して更新)。この試合では98mph(約158km/h)も計時し、本人によれば日本での自己最速は153km/hであったため「この年で99マイルはどうなんですかね」と本人も半信半疑だったが、球場内の表示とテレビ中継の表示は共に同じ数字を示していた。また同日に記録したセーブによりメジャーデビュー以来48度のセーブ機会で45の成功を収め、初セーブ機会からの救援成功率で44/48のガニエを抜きメジャー新記録を樹立した。前半戦だけで23セーブを挙げるなど変わらぬ安定感が評価され、7月11日に行われたオールスターゲームに監督推薦で初出場。最速97mph(約156km/h)を計時し1イニングを三者凡退に抑えた。8月にも抜群の安定感を示し、月間MVPは候補に留まったものの、日本人投手初となる月間最優秀救援賞を受賞した。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    オフには活発にテレビ出演をしている。ひょうきんな一面もあり、飲み会では伊良部秀輝や広澤克実とトリオ漫談をすることもあったという。カラオケも得意としており、金村義明曰く「Mr.Childrenを歌わせたら絶品」。本人も「(カラオケでは)マイクを離さないタイプ」と語っている。下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    後年の選手で比較的登場の多い選手(福岡ダイエー、ソフトバンクを除く)のうち、野手では、西武、巨人やオリックスに在籍した清原和博(どのチームの時代にも満遍なく登場)、オリックスのイチロー(マリナーズ移籍後にも登場経験あり)・高橋智、西武・福岡ダイエーなどの石毛宏典(後にオリックス監督)らがいる。投手では日本ハム・西武の西崎幸広、近鉄・巨人などの阿波野秀幸、西武時代の渡辺久信、近鉄時代の野茂英雄なども何度か登場しており、他に伊良部秀輝(当時ロッテ。阪神時代にも登場あり)らも比較的よく登場していた。近年の投手では、松坂大輔や涌井秀章(共に西武)、渡辺俊介(千葉ロッテ)などが印象的な形で登場する。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 岩嵜翔

    岩嵜翔から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    は二軍ではウエスタン・リーグ3位の防御率3.27と同2位のWHIP1.03の活躍を見せた一方で一軍では5試合の先発で0勝3敗と振るわなかった。オフには大場翔太と共にプエルトリコのウインターリーグへ派遣され、10試合の登板で53.1回を投げ、リーグ最多勝となる8勝1敗、防御率3.19、WHIP1.24を残す。リーグ第4週にはESPN Deportesの選出する週間MVPを受賞し、レギュラーシーズン終了後にはの伊良部秀輝以来日本人史上2人目となる最優秀投手賞と右投手ベストナインを受賞した。岩嵜翔 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎市

    尼崎市から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    伊良部秀輝(元プロ野球選手)尼崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐亮太

    五十嵐亮太から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    は前年まで抑えを務めた高津臣吾の退団もあって、抑えに回る。6月3日の阪神タイガース戦で伊良部秀輝や山口和男と共に日本プロ野球最速タイ記録となる最速158km/hを今岡誠に対して記録(2005年5月11日に、マーク・クルーンが159km/hを出して更新。日本人選手では2010年にヤクルトの由規が161km/hを記録し更新)。史上初のストライキが解除された後、最初の試合となった9月20日にも、対阪神戦で矢野輝弘に対し、3球連続を含む計4球で158km/hを計測し、「速球王」の称号を手にした。7月にはファン投票1位に選ばれ、自身4度目のオールスターゲームに出場。最終的には5勝3敗37セーブという成績で最多セーブ投手に輝いている。五十嵐亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 野田浩司

    野田浩司から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    その後3年連続2桁勝利と200奪三振を記録する。同時期に野茂英雄と伊良部秀輝が居たため最多奪三振のタイトルは獲得出来なかったが、8月12日の対近鉄戦にて、プロ野球タイ記録となる1試合17奪三振を記録。更に4月21日の対ロッテ戦では、7回終了時に17奪三振を奪い自身の持つ日本記録に並んだ後、1試合19奪三振の日本新記録を達成。オリックスのV2にも貢献。しかし、その後はフォークを武器にする投手には宿命とも言える右肘の故障で、以降は勝利なしに終わり、同年オフには右肘を手術するもに戦力外通告を受け、現役引退。野田浩司 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    日本においては、まず伊良部秀輝が加入したことで話題になった。メジャー移籍後しばらくは期待通りの活躍をし、ジョージ・スタインブレナーオーナー(当時)から「和製ノーラン・ライアン」と称された。しかし、その後はあまり活躍できず、オフにトレードされた。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1997年からはロッテの指揮を執る。当時のロッテは前年の低迷に加え、小宮山悟に並ぶエースであった伊良部秀輝とエリック・ヒルマンが退団しており、戦力的にはかなり厳しい状態であったが、その中で小坂誠、福浦和也といった新戦力が近藤に見出されて台頭した。しかし1年目はチームの防御率3点台に対して打線が振るわず最下位、2年目も現在もプロ野球記録である公式戦18連敗を記録し、横浜監督時代に続き再び「チーム総得点が総失点を上回ったにも関わらず最下位」を経験する。これにより契約期間を1年残しての引責辞任となったが、その辞任会見の席で「もっと強いチームで監督をやりたかった」という発言をし、ロッテファンの批判を浴びた。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

124件中 81 - 90件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード