127件中 81 - 90件表示
  • トニー・バナザード

    トニー・バナザードから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    初本塁打:1988年5月14日、対ロッテオリオンズ戦(大阪)、4回伊良部秀輝からソロトニー・バナザード フレッシュアイペディアより)

  • 星野伸之

    星野伸之から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    しかし、しなやかに腕を振る投球フォームから投げる速球は伸びがあり、1989年頃からはテイクバックを小さくして投げる直前まで左手を体の横に隠すフォームにした。これにより打者からは投げる瞬間まで握りが見えず球種が読みにくく、ボールの出所も見えにくくなった。これらに加え40km/h以上のスローカーブとの緩急差により打者には速球が数字以上に速く見えたと言われる。その緩急差に、梨田昌孝は「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、初芝清は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博は「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも中村紀洋、タフィ・ローズなど複数の打者が星野のボールは速かったと証言している。また、トニー・バナザードは星野のストレートの遅さと、それにもかかわらず打てないことからかなり苛立ち、よく星野に向かって怒っていたという。星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 大石大二郎

    大石大二郎から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    には肩が完全に回復してキャンプから順調な調整を見せ、6月26日の対ロッテ戦では伊良部秀輝からサヨナラ満塁本塁打を放っている。同年はリーグ2位となる打率.314、20本塁打という好成績を収めた。で新井宏昌が引退すると、山本和範が加入するまでの間、チームの最年長選手となっている。また、同年の契約更改で年俸が1,300万円増の1億500万円(推定)となり、近鉄史上初の日本人の1億円プレイヤーとなった。35歳となるには6年ぶりとなる盗塁王を獲得し、同タイトルの最年長記録に並んだ。頃からは準レギュラーとなり、「40歳までの現役と2000本安打の達成」を目標として掲げていた。しかし39歳となる夏からは監督の佐々木恭介に起用される機会が急減し、9月には球団からも引退を勧められる雰囲気となった。このような球団の姿勢をあっさり受け入れ、同年限りで現役を引退している。大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    引退後はロッテに残りは二軍投手コーチ、からまで西武ライオンズ一軍投手コーチ、は西武二軍投手コーチ、から西武一軍投手コーチ、にロッテの監督に就任。同年は昨年に続き最下位、は5位、8月2日に休養した。は横浜ベイスターズ一軍投手コーチ、はフジテレビ・ニッポン放送野球解説者、からまで読売ジャイアンツ二軍投手コーチ、からまで阪神タイガース一軍投手コーチ、からまでラジオ日本解説者、はオリックスブルーウェーブ一軍投手コーチ、四国アイランドリーグ巡回コーチ、からまで東京ガス投手コーチ、からまで東京ヤクルトスワローズ二軍投手コーチ、からBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサス投手コーチ、は群馬の特別アドバイザーを務めた。コーチ時代は中西太・山内一弘・水谷実雄・高畠康真(いずれも打撃コーチ)などと並び「12球団巡回コーチ」と呼ばれた渡辺久信(西武)、伊良部秀輝・河本育之・成本年秀(ロッテ)、福原忍・井川慶(阪神)を育て上げた。、同年2月6日に死去した森徹の後を受けて2月11日に日本プロ野球OBクラブ理事長に就任。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1997年からはロッテの指揮を執る。当時のロッテは前年の低迷に加え、小宮山悟に並ぶエース格であった伊良部秀輝とエリック・ヒルマンが退団しており、戦力的にはかなり厳しい状態であったが、その中で小坂誠、福浦和也といった新戦力が近藤に見出されて台頭した。しかし、1年目はチームの防御率3点台に対して打線が振るわず最下位、2年目も現在でも日本プロ野球記録である一軍公式戦18連敗を記録し、横浜監督時代に続き再び「チーム総得点が総失点を上回ったにも関わらず最下位」を経験する。これにより契約期間を1年残しての引責辞任となったが、その辞任会見の席で「もっと強いチームで監督をやりたかった」という発言をし、ロッテファンの批判を浴びた。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンリング

    チャンピオンリングから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    1998年、ニューヨーク・ヤンキース所属の伊良部秀輝。(ワールドシリーズは出場機会無し)チャンピオンリング フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    2003年オフ、星野仙一が健康問題のために監督を勇退したのを受け、後任として一軍監督に就任。球団史上唯一の大阪府出身の監督である。就任時の挨拶は「期待してもらって結構です」。監督初年度のは井川慶ら優勝に貢献した選手の不調に加え伊良部秀輝のセットポジションの欠点、ジョージ・アリアスの好不調の波の激しさ、マイク・キンケードの度重なる死球によるけが、さらにジェロッド・リガンの負傷やその年に開催のアテネオリンピックの野球に出場したジェフ・ウィリアムスと安藤優也の不在による戦力低下が響いて4位に終わった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 三澤興一

    三澤興一から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    その後、アメリカ・ロサンゼルス郊外のコンプトン市内の大学内に、無料で野球育成プログラムを提供する施設アーバン・ユース・アカデミーでメジャー球団との契約を目指して自主トレを続けていた。竹岡和宏とは共に自主トレをしていた。2009年5月19日にアメリカ独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのロングビーチ・アーマダと契約。伊良部秀輝と同僚となった。三澤興一 フレッシュアイペディアより)

  • チャド・アレン

    チャド・アレンから見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    メジャー在籍時には、マック鈴木、伊良部秀輝、大家友和、小宮山悟、木田優夫、長谷川滋利らと対戦したことがある。また、1999年7月15日には当時シカゴ・カブスに所属していたダン・セラフィニ(元オリックス)と2度対戦している(ショートゴロ、四球)。チャド・アレン フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢)

    全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢)から見た伊良部秀輝伊良部秀輝

    第63回大会では高松商の連続出場が途絶え、志度商が34年ぶりに出場。エースの白井投手を中心に接戦を勝ち上がり、3回戦で前評判の高かった秋田経大付を降してベスト8に進出。準々決勝でも名古屋電気の工藤公康と投手戦を演じた。この年以降は毎年のように代表校が変わる混戦模様となった。その中から私学の尽誠学園が台頭し、第68回大会・第69回大会で伊良部秀輝投手を擁し連続出場。第71回大会では左腕宮地克彦でベスト4進出。第74回大会でもエース渡辺隆文の1回戦の選抜優勝校・帝京戦での1-0を含む大会3完封勝利や全試合無失策の守備力で再びベスト4に進出し、強豪として知られるようになった。全国高等学校野球選手権大会 (香川県勢) フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード