114件中 61 - 70件表示
  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たニューヨーク・ヤンキース

    は2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得。一方で、降板指令に怒ってグローブと帽子をスタンドに投げ入れるなど、トラブルも多かった。同年オフにメジャーリーグへの移籍希望を表明。球団側はサンディエゴ・パドレスに伊良部の保有権を永久的に譲渡する契約を交わした。それに対し伊良部は「ピンストライプのユニフォームの重さというのは野球を経験した者にしか分からない」と主張しあくまでニューヨーク・ヤンキースの入団に拘り、代理人の団野村を雇って対応。大型トレードを仕掛け、最終的に三角トレードという形でヤンキース入団を果たし、4年1280万ドルで契約した。この時、取材陣に対し「アンタら凡人にミケランジェロの気持ちが解るか?オレはミケランジェロなんだよ」という言葉を発し、一部から顰蹙を買う(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たウィンターリーグ

    のスプリングトレーニングで右ひざと右ひじの痛みを訴え故障者リスト入りして開幕を迎える。5月31日のフィラデルフィア・フィリーズで復帰するも、6月17日にひじ痛が再発。靭帯部分断裂と診断されたが手術は回避しリハビリを続けていたが、8月26日に遠征先でチームメイトと食事をした際に酒を飲みすぎ、意識不明となって病院に搬送されたことが原因で29日に7日間の謹慎処分を命じられ、9月6日に解雇される。オフにはプエルトリコのウィンターリーグに参加し5勝3敗、防御率2.34の成績で最優秀投手賞と右投手ベストナインを受賞。12月27日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た飲酒運転

    2008年8月、大阪市北区のバーでクレジットカードが使用できないことに腹を立て、店舗の破壊および店長を暴行した容疑で現行犯逮捕された。10月16日に書類送検されたが、不起訴処分となった。2010年5月、飲酒運転の疑いで米ロサンゼルス郊外で逮捕された。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た自殺

    7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で、首を吊った状態で死亡しているのが発見された。42歳没。伊良部は7月24日を最後に人前から姿を消しており、地元の警察の捜査では自殺とされている。自殺理由としては、事業に失敗したこと、死の1ヵ月ほど前から妻子と別居状態が続いていたこと(既に離婚していたとする説もある)などで、精神的に追い詰められていた事情が指摘されている。また、伊良部自身は日本で指導者となることを希望していたが受け入れる球団はなく、解説者や評論家の道も閉ざされており、野球人としての将来に不安を抱いていたとする指摘もある。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た永岡書店

    『最新最強のピッチング・メカニクス』(吉井理人と共著、永岡書店:2010年7月)伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た大阪近鉄バファローズ

    初完投勝利:1990年8月10日、対近鉄バファローズ15回戦(藤井寺球場)、9回1失点伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たチェーンストア

    3月上旬に、現役を引退後に再び渡米し、グリーンカード(外国人永久居住権)を取得して実業家に転身。高校時代の友人と共同で、カリフォルニア州ロサンゼルスでうどんのフランチャイズチェーン「SUPER UDON」を開業。当初は人気店だったが、その後閉店した。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た川崎球場

    初登板・初先発:1988年5月7日、対西武ライオンズ5回戦(川崎球場)、3回0/3を2失点で敗戦投手伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見た西武球場

    「日本プロ野球史上最速の投手は誰か」といった議論の際に、必ずといって良いほど名を挙げられる投手である。1993年の5月3日の西武戦(西武球場)で清原和博と対戦した際の158km/hは日本人投手が日本国内の球場設置のスピードガンで計測したものとしては最速のものであった。2005年にマーク・クルーン(記録時:横浜ベイスターズ)が159km/hを記録するまで、山口和男(記録時:オリックス・ブルーウェーブ、現・オリックス・バファローズ)、五十嵐亮太(記録時:東京ヤクルトスワローズ)らと共に日本プロ野球最速タイ記録を保持していた(2010年8月29日に神宮球場で由規(東京ヤクルトスワローズ)が国内日本人最速の161km/hを記録し更新)。1994年7月19日のオールスター戦(西武球場)で読売ジャイアンツの松井秀喜と対戦したときに159km/hも記録しているが、公式戦ではないので除外されている(球速には公認記録や公式記録といった扱いはない)。メジャーでの99mph(約159km/h)といえば、ロサンゼルス・ドジャース時代の斎藤隆投手らと並び、日本人メジャー投手最速記録である。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームに初選出され最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。はボビー・バレンタイン監督指揮の下小宮山悟、エリック・ヒルマンとともに先発投手陣三本柱として、チームの2位躍進に貢献。最優秀防御率と2年連続の最多奪三振のタイトルを獲得した。また4試合連続2ケタ奪三振も2年連続で記録している。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「伊良部秀輝」のニューストピックワード