前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
585件中 1 - 10件表示
  • マック赤坂

    マック赤坂から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    愛知県名古屋市出身。貧しい家で育った。愛知県立瑞陵高等学校卒業、現役時に東京大学理科1類を受験するも、不合格。本人はこの件について「高校3年間Z会を利用したにも関わらず落ちた」と発言している。一浪して京都大学農学部に入学・卒業。伊藤忠商事退社後にレアアースの輸入商社、マックコーポレーション株式会社を設立、同社社長となる。息子が1人いる。妻とは離婚し、現在はパイプカットをしている。名前の「マック」は本名の誠(まこと)、「赤坂」は自身が好きな街の東京・赤坂が由来である。なお、「マック赤坂」という名前はスマイルセラピーのために、「スマイルが出るように」と本人が考案したものである。マック赤坂 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    月日不明 - 伊藤忠商事と資本業務提携し、後日同グループに帰属する。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • カスミ

    カスミから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    その一環として1999年(平成11年)に高品質食品専門店プルシェ天王台店を閉店して京北スーパーに譲渡して撤退し、2000年(平成12年)5月にピーク時には10店舗以上展開したホームステージカスミの全株式をホーマックに売却してホームセンター事業から撤退、同年6月にココスジャパンを牛丼のすき家を展開するゼンショーと伊藤忠商事系列の食品卸会社に譲渡してファミリーレストラン事業から撤退、2001年(平成13年)3月に盛田グループのココストアへ当社グループの所有するカスミコンビニエンスネットワークスの全株式(約46.29%)を売却してコンビニエンスストア事業から撤退、2005年(平成17年)には不振が続いていた直営衣料品店のカスミアルファを順次閉店して将来的な衣料品販売からの撤退も視野に入れることを表明するなど事業の整理を進めて食品スーパー事業に経営資源を集中させる方向へ舵を切っていった。カスミ フレッシュアイペディアより)

  • 東京センチュリー

    東京センチュリーから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    東京センチュリー株式会社(とうきょうセンチュリー、Tokyo Century Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、業界2位の大手総合リース会社。伊藤忠商事の持分法適用会社。旧第一勧銀グループの一員。東京証券取引所市場第一部上場。東京センチュリー フレッシュアイペディアより)

  • ヤヨイサンフーズ

    ヤヨイサンフーズから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    マルハニチロ食品の完全子会社。かつては伊藤忠商事の系列会社であった。ヤヨイサンフーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本アクセス

    日本アクセスから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    2004年(平成16年):現社名株式会社日本アクセスに商号(社名)変更。筆頭株主は伊藤忠商事となり、雪印グループから離脱(取引関係は継続)。日本アクセス フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    なお、ファミリーマートや吉野家ディーアンドシー、イルムス株などを取得しグループ入りさせた伊藤忠商事と西武百貨店は、1999年に事業協力で業務提携しているが、ミレニアム発足後はその関係の分野は限られている。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • ドール・フード・カンパニー

    ドール・フード・カンパニーから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    2013年4月1日、「アジアにおける青果物事業とグローバル展開する加工食品事業」が伊藤忠商事に売却された。「ドール」ブランドではさまざまな加工食品も製造販売されている。ドール・フード・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽宇一郎

    丹羽宇一郎から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    伊藤忠商事会長・社長、日本郵政株式会社取締役、特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会会長などを歴任の後、2010年(平成22年)6月から2012年(平成24年)12月まで中華人民共和国駐箚特命全権大使を務め、同月から早稲田大学特命教授。日中友好協会会長。グローバルビジネス学会会長。丹羽宇一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ファミリーマート

    ファミリーマートから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、98年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ、伊藤忠がそれを受諾。同社グループ企業であるファミリーコーポレーションに西友がファミマ株を譲渡し、西友はファミマの経営から退いた。現在は伊藤忠グループに属し、伊藤忠商事から商品供給体制に対するアドバイス・サポートなどの協力を得て事業を行っている。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されている。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携しTOMONY事業で一定の関係がある。ファミリーマート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
585件中 1 - 10件表示

「伊藤忠商事」のニューストピックワード