439件中 21 - 30件表示
  • 安宅産業破綻

    安宅産業破綻から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    安宅産業破綻(あたかさんぎょうはたん)とは、1975年に発覚したカナダにおける石油精製プロジェクトの失敗に端を発する、当時10大総合商社の一角を占めていた安宅産業の経営破綻のことである。最終的には、1977年に伊藤忠商事に吸収合併されることで解決をみた。石油ショックによる景気後退の只中に経営危機が発覚したため、恐慌を防ぐために政府・日銀までが事態収拾に乗り出した。そのため安宅の破綻処理は「“日本株式会社”の総力戦」「安宅産業の生体解剖」とも呼ばれた。安宅産業破綻 フレッシュアイペディアより)

  • レナウン (企業)

    レナウン (企業)から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1970年(昭和45年) - レナウン、ニシキ、三菱レイヨン、伊藤忠商事、レナウンルック(現ルック)などの共同出資により、東京都目黒区に株式会社レナウンニシキ設立。レナウン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    7日 - 伊藤忠商事と食肉大手のプリマハムは、飼料・畜産ならびに食品製造の分野で業務提携を締結したことを発表した。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 対米従属

    対米従属から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    2002年 伊藤忠商事がエキサイトの日本法人を買収。対米従属 フレッシュアイペディアより)

  • 兼松

    兼松から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角をなし、今日では総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日)に次ぐ規模の商社である。兼松 フレッシュアイペディアより)

  • 豊郷町立豊郷小学校

    豊郷町立豊郷小学校から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1937年(昭和12年)には、本校出身で伊藤忠商事および丸紅の前身にあたる伊藤忠兵衛商店専務の古川鉄治郎が、アメリカ人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の校舎と講堂を建設し、寄贈。階段の手摺りにイソップ寓話「兎と亀」をモチーフとした小さく数多いブロンズ像による装飾(階段を上るに連れて物語が進展してゆく構成)があり、当時としては珍しい鉄筋コンクリート構造の校舎は、2004年(平成16年)に豊郷小学校が新校舎へ移転した後も、今日に至るまで町のシンボルとなっている。豊郷町立豊郷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • マイカル

    マイカルから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    マイカルカード:三洋信販へ株式譲渡後、2005年12月にポケットカードに商号変更。現在、同社は三井住友銀行・伊藤忠商事・ファミリーマートそれぞれの持分法適用関連会社となっている(三洋信販は2010年10月にプロミス(現・SMBCコンシューマーファイナンス)へ吸収合併され、2011年3月に相対取引によって筆頭株主がグループ会社の三井住友銀行に変更となっている)。マイカル フレッシュアイペディアより)

  • am/pm

    am/pmから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    日本では、1990年よりエーエム・ピーエム・ジャパンが事業展開をしてきたが、2009年に伊藤忠商事が経営権を握るファミリーマートが同社を完全子会社化した。2010年3月1日付けで同社に吸収合併され、ファミリーマートが事業展開するam/pmブランドのコンビニエンスストア・チェーンとなった。その後am/pm店舗は、ファミリーマート店舗への転換もしくは閉鎖が進められ、2011年12月10日に大阪府箕面市と吹田市の最後の2店舗が閉鎖され日本国内から消滅した。am/pm フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵

    新日本製鐵から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    三井物産、三菱商事、岩井産業(現・双日)、安宅産業(破綻の後伊藤忠商事に吸収)、高島屋飯田(現・丸紅)、森岡興業(現・伊藤忠商事)、入丸産業、大阪鋼材(どちらも現・日鉄商事)、木下産商(現・三井物産)、日本鉄鋼興業(破綻)新日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    安宅財閥(創業者:安宅弥吉、流れを汲む企業:アタカ大機、住友林業、伊藤忠商事など)財閥 フレッシュアイペディアより)

439件中 21 - 30件表示

「伊藤忠商事」のニューストピックワード