585件中 31 - 40件表示
  • 安宅産業

    安宅産業から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    安宅産業株式会社(あたかさんぎょう)は、かつて日本に存在した総合商社である。1904年7月1日に安宅弥吉によって安宅商会として創業され、1977年10月1日に伊藤忠商事に吸収合併されて消滅した。安宅産業 フレッシュアイペディアより)

  • マイカル

    マイカルから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    マイカルカード:三洋信販へ株式譲渡後、2005年12月にポケットカードに商号変更。現在、同社は三井住友銀行・伊藤忠商事・ファミリーマートそれぞれの持分法適用関連会社となっている(三洋信販は2010年10月にプロミス(現・SMBCコンシューマーファイナンス)へ吸収合併され、2011年3月に相対取引によって筆頭株主がグループ会社の三井住友銀行に変更となっている)。マイカル フレッシュアイペディアより)

  • 澤田貴司

    澤田貴司から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    その後、上智大学理工学部物理学科に進学。大学時代には、アメリカンフットボール部に所属。4年時にはキャプテンを務めた。大学卒業後、伊藤忠商事入社。同社において、米国セブン-イレブンの買収等を手がける。この時父親を亡くす。1997年ファーストリテイリング入社。同社副社長在任時には柳井正から次期社長就任を打診されるが固辞した。2005年リヴァンプを玉塚元一と共に設立。澤田貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    このうち航空自衛隊部門最大の目玉である自動警戒管制組織(バッジ・システム)の導入と、バッジ・システムに連動する、ナイキ・エイジャックス、ホークなどの地対空ミサイル200億円の完備を巡り、防衛庁の河野王国(河野一郎-海原治-伊藤忠による防衛庁支配)のもと、激しい商戦と工作合戦が繰り広げられ、数々の黒い疑惑を生んだ。伊藤忠商事の瀬島龍三がこのバッジ商戦に逆転勝利を収め、急激に出世したことでも知られる。この計画によりソ連・中国・北朝鮮に対する防衛戦略が整備され、同時に、自主防衛体制整備とともに、従来はアメリカから供与されていた兵器を極力国産化することとし、計画進展に伴って、この時期から兵器産業も新時代を迎えた。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • サニー (スーパーマーケット)

    サニー (スーパーマーケット)から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    全国で百貨店と提携してスーパーマーケットチェーンを設立した伊藤忠商事と共同出資で、1963年(昭和38年)8月29日に「株式会社サニー」を設立し、岩田屋本社内に本部を置いたのが、当社の始まりである。サニー (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • 兼松

    兼松から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    かつては十大商社(三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅・住友商事・日商岩井・トーメン・兼松江商・日綿実業・安宅産業)の一角をなした。兼松 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ガス

    大阪ガスから見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    2月 - 伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、ジャパンエナジー、日商LPガス5社はLPG事業の再編統合の本格的に検討すると発表。大阪ガス フレッシュアイペディアより)

  • レナウン (企業)

    レナウン (企業)から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1970年(昭和45年) - レナウン、ニシキ、三菱レイヨン、伊藤忠商事、レナウンルック(現ルック)などの共同出資により、東京都目黒区に株式会社レナウンニシキ設立。レナウン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 和光市駅

    和光市駅から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    その後、基地の返還跡地に日本住宅公団が1965年(昭和40年)4月に「西大和団地」を開設したのを皮切りに、「南大和団地」や「諏訪原団地」を開設。「中央工業新倉工場」跡地の一部で「米軍新倉倉庫」(1971年(昭和46年)6月23日返還)となっていた地区が「シーアイハイツ和光」(1972年(昭和47年)に伊藤忠商事が用地を取得)として再開発されるなど、返還後の基地の跡地に団地開発が進められた。和光市駅 フレッシュアイペディアより)

  • 日本貿易会

    日本貿易会から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    会長 - 小林栄三(伊藤忠商事取締役会長)日本貿易会 フレッシュアイペディアより)

585件中 31 - 40件表示

「伊藤忠商事」のニューストピックワード