439件中 51 - 60件表示
  • 松井義男

    松井義男から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1964年、グラスロッド(ガラス繊維強化プラスチック製の釣り竿)の生産工場を新設、1965年にはオリジナル仕様のダイワブランド・リールを開発、販売を開始した。リール市場では後発であったが、アメリカ市場を中心とした輸出が伸びたため、次いでヨーロッパ・カナダ・オーストラリアなど、国内に先駆け海外市場の開拓に注力。1966年、アメリカに現地法人「ダイワ・コーポレーション」設立に続きカナダ・イギリスに合弁会社を、台湾に伊藤忠商事との共同出資で会社を設立するなど事業の国際化を推進した。ダイワブランドはアメリカで特に高い評価を受け、品評会での評価は群を抜くものだった。松井義男 フレッシュアイペディアより)

  • 日本貿易会

    日本貿易会から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    副会長会社 - 七大商社により構成(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日)。会長は、これら7社の持ち回りにより就任。日本貿易会 フレッシュアイペディアより)

  • 市川忍

    市川忍から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    茨城県出身。神戸高商(現神戸大学)卒業後伊藤忠商事に入社、大同貿易を経て、丸紅商店に移る。 1949年丸紅の初代社長に就任。高島屋飯田を吸収、総合商社丸紅飯田(のち丸紅)への転換を果たした。 1966年大阪商工会議所会頭。市川忍 フレッシュアイペディアより)

  • 浦茂

    浦茂から見た伊藤忠伊藤忠商事

    1960年航空幕僚監部装備部長に就任、このころからバッジシステムの受注合戦が始まる。1963年受注をめぐり紛糾していたバッジシステムの最終調査団の団長としてアメリカに派遣され最終報告を行い、それを受けてヒューズ?伊藤忠?日本電気(日本アビオトロニクス)連合が受注を勝ち取った(後年受注をめぐり航空自衛隊側から伊藤忠に情報漏えいがあったことが発覚、幹部自衛官が自殺する事件が発生する、また伊藤忠側で受注競争を指揮していたのは浦の陸士同期である瀬島龍三)。浦茂 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本能交

    塚本能交から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1972年 - ワコール入社。伊藤忠商事貿易本部繊維貿易部出向。塚本能交 フレッシュアイペディアより)

  • 森雅彦

    森雅彦から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1985年伊藤忠商事に入社。繊維機械の営業を経て1993年、森精機製作所に入社。1994年取締役。常務取締役・専務取締役を経て1999年、代表取締役社長就任。2001年から日本工作機械工業会副会長。2008年から京都大学経営協議会の学外委員。森雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋博良

    石橋博良から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    1969年(昭和44年)4月 - 安宅産業(現:伊藤忠商事)入社、木材建材本部米材部配属。石橋博良 フレッシュアイペディアより)

  • 竹森二郎

    竹森二郎から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    竹森 二郎(たけもり じろう、1948年1月13日 - )は、日本の実業家。アイ・ロジスティクス代表取締役社長。伊藤忠商事の元代表取締役常務。竹森二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 環境コミュニケーション大賞

    環境コミュニケーション大賞から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    持続可能性報告優秀賞 - 伊藤忠商事、INAX、大和ハウス工業、東京急行電鉄、凸版印刷、日産自動車環境コミュニケーション大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小林栄三

    小林栄三から見た伊藤忠商事伊藤忠商事

    小林栄三(こばやし えいぞう、1949年1月7日- )は、日本の実業家。現在伊藤忠商事会長(2010年-)。小林栄三 フレッシュアイペディアより)

439件中 51 - 60件表示

「伊藤忠商事」のニューストピックワード

  • 飼料添加物メチオニン

  • 意欲的に対ロシアビジネスに関わる企業を後押ししたい。

  • LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年大感謝祭〜