538件中 11 - 20件表示
  • 国道136号

    国道136号から見た伊豆半島伊豆半島

    国道136号(こくどう136ごう)は、静岡県下田市から伊豆半島西海岸を経由して同県三島市に至る一般国道である。国道136号 フレッシュアイペディアより)

  • トロと旅する

    トロと旅するから見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆エリア(12月15日〜19日)トロと旅する フレッシュアイペディアより)

  • 浜名湖ロマン

    浜名湖ロマンから見た伊豆半島伊豆半島

    この人物像の髷の部分は伊豆半島であり、王冠の先端は御前崎、鼻にあたる所は渥美半島である。そして口の中は三河湾になり、顎にあたる所は知多半島である。このように東海地方は神々しさを感じる人物の姿をしているのである。浜名湖ロマン フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆半島東方沖地震

    伊豆半島東方沖地震から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島東方沖地震(いずはんとうとうほうおきじしん)とは、2006年(平成18年)4月21日午前2時50分に、伊豆半島東方沖(静岡県伊東市富戸沖)を震源として発生したマグニチュード5.8 の地震。伊豆半島東方沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆のなつ号

    伊豆のなつ号から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆のなつ号(いずのなつごう)は、東京急行電鉄が運行する特別装飾列車。東急グループの伊豆急行および伊豆半島観光のPRを目的としている。伊豆のなつ号 フレッシュアイペディアより)

  • 天城峠

    天城峠から見た伊豆半島伊豆半島

    天城峠は伊豆半島の内陸と南部を結ぶ重要な峠であり、このトンネルのできる前の天城越えは下田街道の難所であった。天城トンネルができる前には二本杉峠が使われ、それより前は古峠が天城越えの峠として使われてきた。天城峠 フレッシュアイペディアより)

  • 神子元島

    神子元島から見た伊豆半島伊豆半島

    神子元島(みこもとしま)は、伊豆半島南部の静岡県下田市の沖、下田港から南へ約11キロメートル、石廊崎からは東南東へ約9キロメートル離れた太平洋上にある島である。下田市に属する無人島で、静岡県の最南端にあたる。神子元島 フレッシュアイペディアより)

  • 平成16年台風第22号

    平成16年台風第22号から見た伊豆半島伊豆半島

    2004年10月4日15時にフィリピンの東で発生した台風第22号は、最盛期に920hPa、50m/s(100ノット)まで急速に発達した。そして、その最盛期に南大東島の南東を通過。さらにスピードを上げて北上を続ける。そして、強い勢力のまま10月9日16時頃、静岡県伊豆半島付近に上陸した。17時過ぎ、神奈川県三浦半島を通過した。18時過ぎ、千葉県千葉市付近に上陸した。その後も45km/h以上のスピードで関東地方を縦断。岩手県宮古市の東で温帯低気圧に変わった。平成16年台風第22号 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河湾地震 (2009年)

    駿河湾地震 (2009年)から見た伊豆半島伊豆半島

    静岡県では富士山や伊豆半島などの観光資源が豊富であり、旅館やホテルなど観光・レジャー産業がさかんである。風評被害が懸念されたことから、8月14日に静岡県知事の川勝平太が伊豆半島を訪れ「復旧が進む中で一番心配していたのは伊豆にキャンセルが出ていること。交通の支障もほとんどなく、伊豆はすべて安心だと宣言したい」、「県として伊豆半島の観光PRにできる限りのことをしたい」と強調した。駿河湾地震 (2009年) フレッシュアイペディアより)

  • 月澹荘綺譚

    月澹荘綺譚から見た伊豆半島伊豆半島

    『月澹荘綺譚』(げったんそうきたん)は、三島由紀夫の短編小説。三島がいくつか書いた怪談系統の作品の中の一つとしてみなされることもある。伊豆半島の岬にかつてあった月澹荘という別荘をめぐる40年前の奇怪な物語。夏の岬の自然を背景に、「見つめる目と愛の不能」、「意識と行為の絶対的な溝」という主題を描いている。月澹荘綺譚 フレッシュアイペディアより)

538件中 11 - 20件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード