538件中 21 - 30件表示
  • 狩野川台風

    狩野川台風から見た伊豆半島伊豆半島

    狩野川台風(かのがわたいふう、昭和33年台風第22号、国際名:アイダ〔Ida〕)は、1958年(昭和33年)9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害を与えた台風である。被害の大きかった狩野川流域では、27日未明には雨もやみ、夜空に月が輝いていたことから、狩野川台風は9月26日に上陸した台風であると思い込んでいる人が多い。狩野川台風 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆東部火山群

    伊豆東部火山群から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆東部火山群(いずとうぶかざんぐん)は、伊豆半島の東部にある火山及び東方沖の海底火山からなる単成火山群である。伊豆東部火山群 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河湾

    駿河湾から見た伊豆半島伊豆半島

    駿河湾(するがわん)は伊豆半島先端にある石廊崎と御前崎を結ぶ線より北側の海域。最深部は水深2500mに達し、日本で最も深い湾である。駿河湾 フレッシュアイペディアより)

  • 君の名は

    君の名はから見た伊豆半島伊豆半島

    なお、第五部の舞台は、長崎県島原市の予定だったが、雲仙普賢岳の噴火により中止となり、舞台は、静岡県西伊豆に変更された。君の名は フレッシュアイペディアより)

  • 土肥町

    土肥町から見た伊豆半島伊豆半島

    土肥町(といちょう)は、静岡県の東部、伊豆半島の駿河湾に面する町である。2004年4月1日に、周辺3町との合併により伊豆市の一部となった。土肥町 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た伊豆半島伊豆半島

    石濱金作、鈴木彦次郎と寮の同室となった翌1918年(大正7年)秋、康成は寮の仲間の誰にも告げずに初めての伊豆への旅に向かった。中学時代の寮生活と〈勝手がちがつた〉高校の寮生活が1、2年の間〈ひどく嫌だつた〉ことと、〈私の幼年時代が残した精神の病患ばかりが気になつて、自分を憐れむ念と自分を厭ふ念とに堪へられなかつた〉康成は、10月30日から11月7日までの約8日間、修善寺から下田街道を湯ヶ島へ旅した。この時に岡田文太夫(松沢要)こと、時田かほる(踊子の兄の本名)率いる旅芸人一行と道連れになり、幼い踊子・加藤たみと出会った。下田港からの帰京の賀茂丸では、受験生・後藤孟と乗り合わせた。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • 下田市

    下田市から見た伊豆半島伊豆半島

    下田市(しもだし)は、伊豆半島南部に位置する静岡県の都市。明治以前は旧伊豆国賀茂郡。下田市 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆縦貫自動車道

    伊豆縦貫自動車道から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆縦貫自動車道は、静岡県沼津市と同県下田市を結ぶ、計画延長約60kmの高規格幹線道路である。開通により沿線各地の混雑解消や災害に弱い伊豆半島の国道の代替ルートが確保される。全線整備されると東名高速道路の沼津ICから下田市への所要時間が、整備前の約110分から整備後は約60分へ約50分短縮される。伊豆縦貫自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 桜餅

    桜餅から見た伊豆半島伊豆半島

    長八さくらもちは、桜の葉の産地である伊豆で作られる桜餅。米粉と餅粉で作った皮で粒餡を大福のように包んだものと、上新粉の皮でこしあんを二つ折りに包んだものの2種類がある。いずれも伊豆で作られた塩漬けの桜の葉を2枚用いて中身をほぼ完全に包んでいるのが特徴である。桜餅 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆の踊子

    伊豆の踊子から見た伊豆半島伊豆半島

    『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。伊豆の踊子 フレッシュアイペディアより)

538件中 21 - 30件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード