538件中 31 - 40件表示
  • 伊豆大島近海の地震

    伊豆大島近海の地震から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆大島と神奈川県横浜市で震度5を観測したが、震源域が陸におよんでいたため、静岡県賀茂郡東伊豆町では、震度6相当の揺れに襲われた。被害は伊豆大島よりも伊豆半島東部に集中。崖崩れなどにより、多数の死者を出した。また、天城湯ヶ島町では、猛毒のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が狩野川を経て駿河湾へと流れ込み、魚貝類に多大な被害を与えた。伊豆大島近海の地震 フレッシュアイペディアより)

  • 冬の蠅

    冬の蠅から見た伊豆半島伊豆半島

    ある晴れた温かい日、「私」は郵便局からの帰り道で疲れ果て、ふとやって来た乗合自動車に乗り込んでしまった。それは半島の南端行きの自動車であった。「私」は心地よい車の揺れに身をまかせ、途中の3里(約12キロメートル)離れた山の中で降りて自分自身を薄暮の山へ遺棄してしまった。日がすっかり沈んでしまった後、「私」は自身の運命そのままの絶望の風景の極寒の山道を歩きながら、決然とした意志が生まれた。「私」は快い気持で、「歩け、歩け、歩き殺してしまえ」と自分を鞭打った。冬の蠅 フレッシュアイペディアより)

  • 函南町

    函南町から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島の付け根に位置する町で、箱根(別名:函嶺)の南に由来する町名に表れるように、箱根山の南西麓と、そこから南へと続く丹那山地の山稜西側の丘陵地に加え、田方平野の一角を町域とする。函南町 フレッシュアイペディアより)

  • そこが知りたい

    そこが知りたいから見た伊豆半島伊豆半島

    甲州道〜伊豆半島 - 地井武男、杉田かおる、肥後克広そこが知りたい フレッシュアイペディアより)

  • 皇居の生物相

    皇居の生物相から見た伊豆半島伊豆半島

    江戸城内では天守や多くの殿舎、そして多くの濠が造られた。建設に用いられた多くの石材は主に伊豆半島から切り出されて運ばれ、現在の青梅市からは大量の石灰が運ばれ白壁が作られるなど、各地から建築材料が運び込まれた。なお濠の中で道灌濠については太田道灌の築城時に造られたとの説もある。結局寛永13年(1636年)から寛永15年(1638年)にかけて行われた外濠の築造によって江戸城は完成することになる。皇居の生物相 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た伊豆半島伊豆半島

    7月27日 - 静岡県沼津市と函南町を結ぶ「東駿河湾環状道路」が一部開通。沼津都市圏や、伊豆、箱根などの観光地へのアクセスがスムーズになった。伊豆縦貫自動車道としては修善寺道路、天城北道路に続き、3番目の開通となった。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 天城山

    天城山から見た伊豆半島伊豆半島

    天城山(あまぎさん)は、静岡県の伊豆半島中央部の東西に広がる山。天城山は連山の総称で、天城連山や天城山脈と称されることもある。日本百名山の一つ。天城山 フレッシュアイペディアより)

  • 修善寺町

    修善寺町から見た伊豆半島伊豆半島

    修善寺町(しゅぜんじちょう)は、静岡県の東部、伊豆半島の北部に位置した町である。修善寺町 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄80系電車

    国鉄80系電車から見た伊豆半島伊豆半島

    接客設備が電車としては良好であったため1950年10月、伊豆方面への温泉準急列車「あまぎ」「いでゆ」「はつしま」に投入され、東京 - 熱海間において当時の客車特急列車と同等の所要時間90分で走行する高速運転を行った。国鉄80系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 富士箱根伊豆国立公園

    富士箱根伊豆国立公園から見た伊豆半島伊豆半島

    1955年3月15日、伊豆半島地域が編入、現在の富士箱根伊豆国立公園に名称が変更。富士箱根伊豆国立公園 フレッシュアイペディアより)

538件中 31 - 40件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード