415件中 51 - 60件表示
  • タマシダ

    タマシダから見た伊豆半島伊豆半島

    日本では、本州の伊豆半島から九州、小笠原諸島、南西諸島に、日本国外では、中国や台湾、東南アジア、ポリネシア、アフリカ等に分布する。タマシダ フレッシュアイペディアより)

  • 初島灯台

    初島灯台から見た伊豆半島伊豆半島

    参観灯台として一般公開(有料大人200円)されていて、上まで登ることができる。晴れた日には伊豆半島から相模湾、房総半島、富士山まで見渡せる。初島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • SOLiVE24 Archives

    SOLiVE24 Archivesから見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島東方沖の地震についてSOLiVE24 Archives フレッシュアイペディアより)

  • ミスジマイマイ

    ミスジマイマイから見た伊豆半島伊豆半島

    一般にミスジマイマイより小形とされ、色帯は0204型(ヒラマイマイ模様)が多く、個体によっては鮮やかな白い火炎彩がある。伊豆半島と伊豆諸島新島・大島・神津島に分布する。黒船来航で伊豆半島の下田に入港したペリー艦隊の採集品から記載された。分子系統解析の”南伊豆グループ”に入ると推定される。ミスジマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢市立湘洋中学校

    藤沢市立湘洋中学校から見た伊豆半島伊豆半島

    住所では辻堂東海岸になっているが、東門から鵠沼海岸までは3mしかない。湘南の海岸線(国道134号線)沿いに位置しており、校舎の3階からは相模湾や江ノ島、富士山、箱根、伊豆、丹沢などを望むことが出来る。藤沢市南部の閑静な住宅地にあり、駅からは徒歩20分である。藤沢市立湘洋中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小動岬

    小動岬から見た伊豆半島伊豆半島

    小動岬(こゆるぎみさき)は神奈川県鎌倉市腰越2丁目にある岬で、八王子山とも呼ぶ。岬には腰越村の鎮守として信仰を集めた小動神社(当時は八王子社と称す)がある。幕末には台場(八王子山台場)が設置され川越藩・会津藩・長州藩などが沿岸の監視に携わっていた。展望台があり、相模湾を一望の下に置く事ができる。さらに晴れた日は富士山や伊豆半島も望める。小動岬 フレッシュアイペディアより)

  • リュウビンタイ科

    リュウビンタイ科から見た伊豆半島伊豆半島

    リュウビンタイ属はオセアニアからマダガスカルにかけて分布し、葉は羽状複葉、大型で長さ9メートルに及ぶものもある。リュウビンタイ(竜鱗、Angiopteris lygodiifolia)は本州南岸(伊豆半島以南)から台湾に自生し、観葉植物としても栽培する。リュウビンタイ科 フレッシュアイペディアより)

  • 修善寺市

    修善寺市から見た伊豆半島伊豆半島

    合併予定であった自治体は、田方郡の修善寺町、天城湯ヶ島町、中伊豆町、土肥町、大仁町、戸田村の5町1村。面積は約400平方キロメートル・人口5万人強の、伊豆半島の北中部のほとんどを占める大きな都市になる予定だった。しかし、合併協議会設立目前に大仁町が「一体感のある、韮山や伊豆長岡と一緒になりたい」との理由で離脱し、戸田村も合併先は沼津市か修善寺市かと村民にアンケートをした結果、沼津市との意見が多かったため離脱した。修善寺市 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県旗

    静岡県旗から見た伊豆半島伊豆半島

    県章は県内で公募を実施し寄せられた6,915点のデザイン案の中から県章県旗制定審査会が選定し、1968年8月6日に制定。8月26日にはこの県章を基に県旗が制定され9月17日、静岡県歌と共に告示された。県章は富士山と伊豆半島・駿河湾・御前崎を特徴的にデフォルメして県土を図案化したものである。静岡県旗 フレッシュアイペディアより)

  • 半耐寒性

    半耐寒性から見た伊豆半島伊豆半島

    このような植物は、伊豆半島や房総半島南部等のほとんど霜が降りない地方(無霜地帯)では野外で越冬が可能だが、冬季の降霜が普通である東京や大阪では、霜よけや加温設備が必要となる。半耐寒性 フレッシュアイペディアより)

415件中 51 - 60件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード