538件中 61 - 70件表示
  • 伊豆

    伊豆から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島 - 静岡県東部に位置する半島。伊豆 フレッシュアイペディアより)

  • 南伊豆道路

    南伊豆道路から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島南東部の駿河湾沿いを走る。南伊豆道路 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅記

    三宅記から見た伊豆半島伊豆半島

    寺社の起こりや由緒を記した寺社縁起の1つで、旧伊豆国地方、現在の静岡県伊豆半島・東京都伊豆諸島地域の神々に関して記述されている。書名「三宅記」は通称の1つで、現在残る写本はその他にも「三嶋大明神縁起」「嶋々御縁起」「白浜大明神縁起」など様々な通称を持つ。三宅記 フレッシュアイペディアより)

  • アミメチョウチョウウオ

    アミメチョウチョウウオから見た伊豆半島伊豆半島

    フィリピン沿岸でよく見られる。日本では沖縄や小笠原で少数観察されている。また、伊豆半島(相模湾)でも成魚がいた記録がある。但し、黒潮に乗って流れ着くことは少なく、本土沿岸での観察例は成魚・幼魚いずれも稀である。また、深いところ(水深20メートル以深)にいることも観察例が少ない一因と考えられる。アミメチョウチョウウオ フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ブルース・ブレイクニー

    ベン・ブルース・ブレイクニーから見た伊豆半島伊豆半島

    その後、東京に法律事務所を開設したが、1963年3月4日セスナ機を操縦中、伊豆半島にある天城山の山腹に激突し死亡した。ベン・ブルース・ブレイクニー フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆新聞

    伊豆新聞から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆新聞(いずしんぶん)は静岡県伊豆地方で配布されている地方紙である。静岡新聞・静岡放送の関連企業(静新SBSグループ)の伊豆新聞本社が発行。発行部数(自称)は伊豆新聞32763部・熱海新聞3539部・伊豆日日新聞9462部。公式ウェブサイトは、伊豆新聞ネット、他に伊豆のポータルサイト「イズハピ」を開設している。 伊豆新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 奥野ダム

    奥野ダムから見た伊豆半島伊豆半島

    静岡県熱海土木事務所が管理する補助多目的ダムで、伊東大川の治水と伊東市への上水道供給を目的に建設された。伊豆半島を流れる河川に建設された河川法上のダムとしては初の例である。堤高63.0mの中央土質遮水壁型ロックフィルダムである。ダムによって形成された人造湖は松川湖(まつかわこ)と呼ばれる。奥野ダム フレッシュアイペディアより)

  • 奥野ダム

    奥野ダムから見た伊豆地方伊豆半島

    一方、伊東市は熱海市と並び伊豆地方の観光地として、海水浴客や伊東温泉への観光客が多く訪れる重要な観光都市でもあった。国鉄(現・JR東日本)伊東線や伊豆急行線が通過していることもあり、首都圏のベッドタウンとしても注目され人口は急増。温泉街の拡大も含め上水道の需要が大きく高まった。だが伊東大川の自然流量では増加する人口に対応できるだけの取水が次第に困難となって行き、新たな水源の確保に迫られた。奥野ダム フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆七不思議

    伊豆七不思議から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆七不思議(いずななふしぎ)とは、静岡県の伊豆半島に伝わる七つの不思議な物語のこと。伊豆七不思議 フレッシュアイペディアより)

  • フードストアあおき

    フードストアあおきから見た伊豆半島伊豆半島

    フードストアあおきは静岡県の東部・伊豆半島を地盤とする中堅スーパーマーケット。正式な社名は「株式会社あおき」。旧店名は「スーパーあおき」。フードストアあおき フレッシュアイペディアより)

538件中 61 - 70件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード