538件中 81 - 90件表示
  • トラザメ属

    トラザメ属から見た伊豆半島伊豆半島

    トラザメ属 Scyliorhinus はトラザメ科に属するサメの属の一つ。日本近海にはトラザメおよびイズハナトラザメの2種が分布する。後者は伊豆半島周辺海域にしか生息しない日本固有種である。トラザメ属 フレッシュアイペディアより)

  • 中日こどもウイークリー

    中日こどもウイークリーから見た伊豆半島伊豆半島

    中日こどもウイークリー(ちゅうにちこどもウイークリー)は、中日新聞社が発行する小学校高学年向けの週刊新聞。2011年8月6日に創刊された。毎週土曜日に発行。発行対象地域は中部地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県西部・長野県南部・富山県・石川県・福井県)及び近畿地方(滋賀県東部・和歌山県新宮市)の一部。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の販売店で取り扱う。なお東京新聞(中日新聞東京本社)が発行されている関東地方及び静岡県東部・伊豆地方での発行・販売は未定。中日こどもウイークリー フレッシュアイペディアより)

  • ツーリング (オートバイ)

    ツーリング (オートバイ)から見た伊豆半島伊豆半島

    関東地方の代表的な目的地としては、群馬県の榛名山や赤城山、栃木県の日光や那須、東京都の奥多摩や埼玉県の秩父地方、千葉県の南房総・九十九里地域、神奈川県と静岡県にまたがる箱根山周辺や伊豆半島、などが挙げられる。伊豆諸島の三宅島では噴火災害の復興策の一環として、観光に訪れるライダーを誘致するため、2007年からチャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバルが開催されている。ツーリング (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 任侠沈没

    任侠沈没から見た伊豆半島伊豆半島

    大地震によって荒廃し、無法地帯と化した日本を舞台に、妻子を殺されたヤクザの幹部・大紋寺龍伍の復讐の旅を描いた作品。任侠道を貫かんとする男を主人公に据え、ヤクザ漫画の基本は踏襲しつつも、その枠を超えた破壊的なスケールとエンターテインメント性を持つ。主な舞台は伊豆半島沿岸部から国内にとどまらず、荒唐無稽な作品世界が展開する。任侠沈没 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金崎

    黄金崎から見た伊豆半島伊豆半島

    黄金崎(こがねざき)は、静岡県賀茂郡西伊豆町にある岬である。駿河湾に面し、夕日で黄金色に染まる美しい崖で知られる。この崖の地層は海底火山の噴出物であり、後に温泉水や地熱の作用によって変質・変色したもの。伊豆半島の西岸に位置する黄金崎は西伊豆を代表する夕日スポットとなっている。1988年(昭和63年)3月18日に、静岡県から『黄金崎のプロピライト』の名称で天然記念物に指定された。岬全体が西伊豆町黄金崎公園となっており、遊歩道、芝生広場、展望台、三島由紀夫文学碑などが整備されている。岬の北側の海岸には黄金崎海水浴場があり夏季には賑わいを見せる。黄金崎 フレッシュアイペディアより)

  • 一つ目小僧

    一つ目小僧から見た伊豆半島伊豆半島

    また関東地方の伝承では、一つ目小僧は事八日に毎年帳面を持って家々を回り、戸締りが悪い、行儀が悪いなどの家の落ち度を調べ、家族の運勢を決める、または疫病神へ報告して災難をもたらすともいう。この際、一つ目小僧は12月8日に家の落ち度を帳面に記入して道祖神に一旦預け、2月8日にそれを受け取りに来るとされることから、この帳面を焼き払う行事として、神奈川県横浜市瀬谷区では道祖神の仮の祠を作って1月14日のどんど焼きで燃やし、静岡県の伊豆地方では正月15日の道祖神祭で道祖神像を火の中に入れて焼くなどの風習がある。こうすることで、一つ目小僧が2月8日に道祖神のもとへ帳面を受け取りに行くと、預けてあったはずの帳面がなくなっているので、災難から逃れられるのだという。一つ目小僧 フレッシュアイペディアより)

  • 私を旅館に連れてって

    私を旅館に連れてってから見た伊豆半島伊豆半島

    隆一郎は結婚式の後すぐに渡った仕事先のオーストラリアで突然脳梗塞で倒れ死去。さらにオーストラリア進出の際に共同で事業を手掛けた人間に逃げられていたのだ。あとには300億円の借金が残り、全てのホテル、自宅は全て差し押さえ。唯一残ったのは、負債7000万円を抱えた伊豆・修善寺にある聞いたこともない温泉旅館「花壱」だけだった。私を旅館に連れてって フレッシュアイペディアより)

  • 寺内寿太郎

    寺内寿太郎から見た伊豆半島伊豆半島

    評論家山岸外史のいとこ。幼時に父を日露戦争で亡くし、親戚の間を転々として育つ。伯父の世話で慶應義塾大学理財科(現在の経済学部)を卒業して会社勤めをしていたが、不遇を託ち、家出すること数回。伊豆の天城山の奥深く分け入り、自殺を企てたこともあるが、10日間消息を絶った後、親戚に発見されて連れ戻された。尚、慶大時代は競走部(陸上部に相当)に所属し、箱根駅伝にも3回(1920年〈第1回大会でもある。区間4位〔最下位〕〉,1922年〈10区。区間記録不明〔完走しているが記録が散佚〕〉,1923年〈10区。区間7位〔9チーム中〕〉)出場した。寺内寿太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の台風

    2007年の台風から見た伊豆半島伊豆半島

    南鳥島近海で発生し、西進、その後進路を北に変え、静岡県伊豆半島南部に上陸。東北地方を横断し、北海道函館市付近、胆振支庁西部に再上陸。日本海で温帯低気圧に。死者3名。2007年の台風 フレッシュアイペディアより)

  • マイマイ属

    マイマイ属から見た伊豆半島伊豆半島

    シモダマイマイ E. p. simodae (Jay,1856) - 伊豆半島・神津島以北の伊豆諸島マイマイ属 フレッシュアイペディアより)

538件中 81 - 90件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード