415件中 81 - 90件表示
  • 静岡県道20号熱海箱根峠線

    静岡県道20号熱海箱根峠線から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆半島北東部に位置する、熱海と箱根という著名な観光地を結ぶ路線であり、観光目的での通行が多い。箱根火山の外輪山から、南へ続く湯河原火山が浸食されてできた山稜に沿った路線である上、沿線には樹木が少なくササが多いため展望がきく箇所もある。途中には十国峠(日金山)があり、十国峠ケーブルカーで登ることができ、360度の眺望を楽しむことができる。静岡県道20号熱海箱根峠線 フレッシュアイペディアより)

  • 蟹坊主

    蟹坊主から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆地方には滝壺に3.3メートル四方もの巨大なカニが住みついており、これが動くと地震が起こるなどともいわれた。蟹坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 山口平四郎

    山口平四郎から見た伊豆半島伊豆半島

    1930年(昭和5年)4月、京都帝国大学文学部史学科入学。直後肺尖カタルに罹患し帰郷、湘南地方や駿河湾岸各地で8ヶ月の転地療養生活を送る。復学後地理学を専攻し、卒業論文では療養時の経験を生かして「清水港の交通地理的研究」をテーマとした。1934年(昭和9年)4月、京都帝国大学大学院入学(1939年3月まで在籍)。在学中は小牧實繁の指導を受け、伊豆半島全域の交通に関する実地調査や、日本における石炭輸送の空間的構造の解明に取り組んだ他、1936年(昭和11年)には満鉄に勤めていた従兄の依頼を受け、九州諸港における対満州貿易の実態調査も行った。山口平四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西浦村 (静岡県)

    西浦村 (静岡県)から見た伊豆半島伊豆半島

    西浦村(にしうらむら)は静岡県の東部、君沢郡・田方郡に属していた村。現在の沼津市の伊豆半島にあたる地域の中部にあたる。西浦村 (静岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆長岡町

    伊豆長岡町から見た伊豆半島伊豆半島

    伊豆長岡町(いずながおかちょう)は、静岡県東部の伊豆半島の田方郡にあった町である。2005年4月1日に韮山町、大仁町と合併して伊豆の国市になった。伊豆長岡町 フレッシュアイペディアより)

  • 稲取温泉

    稲取温泉から見た伊豆半島伊豆半島

    稲取港の側、伊豆半島から突き出た岬部に30数軒のホテル、旅館、民宿が存在し、公園と飲食店に二箇所の足湯も存在する。また、東伊豆町の中心地であり、市街地となっている。スナックやストリップなどもあり温泉街の雰囲気もある。稲取温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 堂ヶ島温泉

    堂ヶ島温泉から見た伊豆半島伊豆半島

    堂ヶ島温泉(どうがしまおんせん)は、静岡県の伊豆半島西岸、賀茂郡西伊豆町にある温泉。トンボロ現象が見られる三四郎島など、特徴的な海岸が売りである温泉地。堂ヶ島温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金崎

    黄金崎から見た伊豆半島伊豆半島

    黄金崎(こがねざき)は、静岡県賀茂郡西伊豆町にある岬である。駿河湾に面し、夕日で黄金色に染まる美しい崖で知られる。この崖の地層は海底火山の噴出物であり、後に温泉水や地熱の作用によって変質・変色したもの。伊豆半島の西岸に位置する黄金崎は西伊豆を代表する夕日スポットとなっている。昭和63年には静岡県の天然記念物に指定された。黄金崎 フレッシュアイペディアより)

  • ツノハシバミ

    ツノハシバミから見た伊豆半島伊豆半島

    北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島の温帯山地に分布するが伊豆半島には分布しない。幹は直立し高さ4?5m、径約15cmになる。樹皮は灰褐色で滑らかだが皮目が目立つ。若枝は灰緑色。ツノハシバミ フレッシュアイペディアより)

  • 今井荘

    今井荘から見た伊豆半島伊豆半島

    今井荘(いまいそう)とは、伊豆今井浜温泉にある和風旅館である。所在地は静岡県賀茂郡河津町見高127番地。今井荘 フレッシュアイペディアより)

415件中 81 - 90件表示

「伊豆半島のできごと」のニューストピックワード