伊賀・名張のできごと ニュース&Wiki etc.

伊賀国 (いがのくに) は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。 (出典:Wikipedia)

「伊賀・名張のできごと」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「伊賀国」のつながり調べ

  • 荒木又右衛門

    荒木又右衛門から見た伊賀国

    慶長4年(3年説もある)、伊賀服部郷荒木村の生まれ。幼名を丑之助、あるいは巳之助ともいうが、これらは俗伝であり、正しい幼名は不明である。父は服部平左衛門といい、藤堂高虎に仕えていたが、淡路で浪人した後、備前岡山藩の池田忠雄に召し抱えられた。平左衛門には、渡辺数馬(内蔵助)という同僚がいて、ともに大坂の陣で従軍、浪人した後に召し抱えられるという経歴も同じくする関係にあった。この内蔵助の子に、みの(女)、数馬(二代目)、源太夫があった。のちに又右衛門は、みのを嫁に迎え、二代目数馬、源太夫とは義兄弟の縁となる。(荒木又右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 聖弘

    聖弘から見た伊賀国

    聖弘は義経と師檀の関係であり、平家追討の際には義経の依頼によって祈祷を行っていた。その縁により都落ちの際に南都に逃れてきた義経を一時匿い、頼朝と和解するように諫めて下法師らを付けて伊賀国へ送り出し、その後は音信不通となったという。(聖弘 フレッシュアイペディアより)

「伊賀国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード