前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
520件中 1 - 10件表示
  • 三重県

    三重県から見た伊賀国伊賀国

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部、計4国より構成される。包括する旧律令国の数は、5国を包括している兵庫県に次ぐものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 津藩

    津藩から見た伊賀国伊賀国

    津藩(つはん)は伊勢安濃郡安濃津(現在の三重県津市)に置かれた藩。安濃津藩(あのつはん)と呼ばれることもある。藩庁は安濃津城(津城)。石高は伊勢・伊賀2国を合わせた22万石(大坂の陣後、32万3,000石に加増で大和国などにも飛び地領が存在)。津藩 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂大川

    賀茂大川から見た伊賀国伊賀国

    賀茂 大川(かも の おおかわ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。従六位上・賀茂牧手の子とする系図がある。官位は従五位上・伊賀守。賀茂大川 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木氏

    仁木氏から見た伊賀国伊賀国

    足利尊氏の下で仁木頼章・義長兄弟が各地に転戦、侍所頭人や諸国守護を務め、室町幕府草創に貢献した。頼章は尊氏の信任篤く、観応の擾乱以後尊氏の死去まで、高師直の後任の執事(のちの管領)を務め、兄弟で丹波・伊勢・伊賀等最大9ヶ国の守護に任ぜられるなどして重用された。だが頼章の死後、義長がその専横のために細川清氏、土岐頼康、畠山国清らの諸将と対立して失脚し、南朝に降って以後、勢力は衰えた。仁木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 島田清田

    島田清田から見た伊賀国伊賀国

    島田 清田(しまだ の きよた、宝亀10年(779年) - 斉衡2年9月18日(855年11月1日))は、平安時代初期の貴族。姓は臣のち朝臣。正六位上・島田村作の子。孫に島田忠臣がいる。官位は従五位上・伊賀守。島田清田 フレッシュアイペディアより)

  • 平氏政権

    平氏政権から見た伊賀国伊賀国

    平氏政権に至る基盤形成は、白河院政期に遡る。平正盛は、桓武平氏貞盛流の伊勢平氏に出自し、その父の正衡までは軍事貴族の中でもそれほど有力な一族ではなかったが、永長2年(1097年)伊賀国の所領を六条院(白河上皇の娘・郁芳門院の御堂)に寄進して鞆田荘を成立させた。正盛は預所となり、周辺の東大寺領も取り込んで立荘するなど、白河の政治権力を後ろ盾に東大寺や国衙の支配を除去して実質的な土地所有に成功した。立荘の背景には、東大寺や国衙の支配と収奪を逃れようとする田堵農民層と、自らの所領の拡大・安定を狙った正盛の間に利害の一致があったと考えられる。正盛は自らに服従した田堵を郎等・家人にして、武士団を形成していった。平氏政権 フレッシュアイペディアより)

  • 柘植氏

    柘植氏から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国阿拝郡柘植郷より興ったとされる。室町時代後期から戦国時代にかけて諸勢力と戦火を交えるが、それ以前は約400年間にわたり平和な時代が続いていたと言われている。柘植氏の出自に関しては諸説ある。しかも系図によって右京権大夫の宗清と、右衛門尉の宗清が混同されている。『江戸系図』と『柘植系図』によれば、平信実の子・宗清が伊賀に赴いた際に「柘植」を名乗ったとする。しかしこの説は年代が合わない。また『尊卑分脈』によれば、柘植氏の先祖は平氏の家人であったとされる。他には『古代氏族系譜集成』の服部連系図に、柘植氏の系図が掲載されている。それによると、平貞盛の末裔、季宗の子で平頼盛の家人だった宗清が祖にあたるとする。そして、宗清には宗俊・清春・俊忠の三子があり、宗俊が柘植を名乗り、清春は「福地」を、俊忠は「北村」を名乗り、それぞれその祖となったとある。しかし『尊卑分脈』に載っている宗清の子は家清のみである。柘植氏 フレッシュアイペディアより)

  • 敢國神社

    敢國神社から見た伊賀国伊賀国

    敢國神社(あえくにじんじゃ)は、三重県伊賀市一之宮にある神社。式内社(大社)、伊賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。敢國神社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原長能

    藤原長能から見た伊賀国伊賀国

    藤原 長能(ふじわら の ながとう / ながよし、天暦3年(949年) - 寛弘6年(1009年)頃?)は、平安時代中期の歌人・貴族。藤原北家長良流、伊勢守・藤原倫寧の子。官位は従五位上・伊賀守。中古三十六歌仙の一人。藤原長能 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀越え

    伊賀越えから見た伊賀国伊賀国

    伊賀越え(いがごえ)は、畿内より東国へ行く際に伊賀国を経由して行くことを指す。伊賀越え フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
520件中 1 - 10件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード