前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
417件中 1 - 10件表示
  • 三重県

    三重県から見た伊賀国伊賀国

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部より構成される。包括する旧律令国の数は5国を包括している兵庫県につぐものであるが、このことは地域間の文化の違いや習慣が多様であることを物語る証左のひとつと考えられる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木氏

    仁木氏から見た伊賀国伊賀国

    足利尊氏の下で仁木頼章・義長兄弟が各地に転戦、侍所頭人や諸国守護を務め、室町幕府草創に貢献した。頼章は尊氏の信任篤く、観応の擾乱以後尊氏の死去まで、高師直の後任の執事(のちの管領)を務め、兄弟で丹波・伊勢・伊賀等最大9ヶ国の守護に任ぜられるなどして重用された。だが頼章の死後、義長がその専横のために細川清氏、土岐頼康、畠山国清らの諸将と対立して失脚し、南朝に降って以後、勢力は衰えた。仁木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 山田郡 (伊賀国)

    山田郡 (伊賀国)から見た伊賀国伊賀国

    令制国一覧 > 東海道 > 伊賀国 > 山田郡山田郡 (伊賀国) フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀四国八十八箇所

    伊賀四国八十八箇所から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国は古代より、大和と伊勢を結ぶ交通の要所であり、日本仏教の黎明期より、数多くの寺院が建立されて来た地である。しかし、戦国時代になり、織田信長の勢力により、伊賀国全域の神社仏閣が焼き払われてしまった。江戸時代になり、世の中が安定し神社仏閣も復興され、文久3年(1863年)に、常福寺(29番札所)住職の本田光照によって開創された。伊賀四国八十八箇所 フレッシュアイペディアより)

  • 日出藩

    日出藩から見た伊賀国伊賀国

    俊治(としはる)〔従五位下、伊賀守〕木下延俊の三男。日出藩 フレッシュアイペディアより)

  • 島田忠臣

    島田忠臣から見た伊賀国伊賀国

    島田 忠臣(しまだ の ただおみ、天長5年(828年)- 寛平4年(892年))は、平安時代前期の貴族・詩人。伊賀守・島田清田の孫。弟に島田良臣、子に島田仲平・仲方がいる。官位は正五位下・伊勢介。号は田達音(でんたつおん)。島田忠臣 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た伊賀国伊賀国

    伊賀の国にて天狗座頭にばけたる事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

  • 日本まんなか共和国

    日本まんなか共和国から見た伊賀国伊賀国

    2004年(平成16年度) 伊賀地域(三重県)日本まんなか共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 源光清

    源光清から見た伊賀国伊賀国

    源 光清(みなもと の みつきよ、生没年不詳)は、平安時代後期の貴族。文徳源氏。左少弁源致文の次男。従五位上・伊賀守。源光清 フレッシュアイペディアより)

  • 三日平氏の乱 (鎌倉時代)

    三日平氏の乱 (鎌倉時代)から見た伊賀国伊賀国

    三日平氏の乱(みっかへいしのらん)は、鎌倉時代初期、伊勢国と伊賀国で平家の残党が蜂起した事件。建仁3年(1203年)12月に伊勢平氏の若菜盛高らが蜂起し、討伐に向かった鎌倉幕府軍の平賀朝雅が、元久元年(1204年)4月10日から12日の間に反乱軍を鎮圧した事から「三日平氏の乱」と称された。三日平氏の乱 (鎌倉時代) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
417件中 1 - 10件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード