520件中 91 - 100件表示
  • 藤堂長正

    藤堂長正から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長正(とうどう ながまさ、慶長19年(1614年) - 天和2年8月20日(1682年9月21日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第2代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長正 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長守

    藤堂長守から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長守(とうどう ながもり、正保4年4月18日(1647年5月22日) - 元禄10年閏2月7日(1697年3月29日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第3代。伊賀国名張1万5000石の領主。通称九八郎、右近、宮内。父は名張藤堂家第2代・藤堂長正。母は生駒正俊の娘。祖父は藤堂高吉。兄弟は藤堂長宥、藤堂長定、桂草因室、藤堂隼人長好室、本阿弥光常室、隅屋惣左衛門室、有馬涼竹室、小澤宇右衛門正言室。子は長源。藤堂長守 フレッシュアイペディアより)

  • 名張藤堂家

    名張藤堂家から見た伊賀国伊賀国

    藤堂高虎は実子に恵まれなかったため、養子として迎えた高吉(丹羽長秀の三男)を後継者にしようと考えていたが、慶長6年(1601年)に高虎に実子・高次が生まれると、その話も消滅する。伊予国今治城主(高虎の城代)となっていた高吉は、寛永7年(1630年)の高虎の死後、実子の高次の家臣として仕えるようになる。寛永9年(1632年)、松平定房が今治へ移封されることとなったため、伊勢国へ2万石の移封となった。しかしその後、寛永13年(1636年)、高次の命によりさらに伊賀国名張に移封された。次男以下3人に5000石を分知し、15000石となった。高次は高吉の存在を危険視したとされ(幕府に高吉を藤堂本家から独立した大名に取り立てようという動きがあったためといわれる)、名張移封も高吉に対する高次の冷遇の一環であったといわれる。その後、享保年間まで名張藤堂氏と本家との対立は続いた。名張藤堂家 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長徳

    藤堂長徳から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長徳(とうどう ながのり、文化8年3月8日(1811年4月30日)- 元治元年6月9日(1864年7月12日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第9代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長徳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂高美

    藤堂高美から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 高美 (とうどう たかよし、文政7年(1824年)- 元治元年8月29日(1864年9月29日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第10代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂高美 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀郡

    伊賀郡から見た伊賀国伊賀国

    伊賀郡(いがぐん)は、三重県(伊賀国)にあった郡。伊賀郡 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀マリア

    伊賀マリアから見た伊賀国伊賀国

    日本の史料における言及は乏しいが、宣教師の記録には度々名前が登場する。それによると、「彼女は若い頃に父をなくした。その父は伊賀国の王であった」という。伊賀を領していた筒井定次はキリシタン大名であったが、定次が自害を命じられたのは1615年、大坂の陣の時であるため、マリアの生年、さらに「若い頃に父をなくした」という記録と照合すると整合性が取れなくなる。そのため、宣教師側の記録を信じれば、父は順慶であると結論づけられている。伊賀マリア フレッシュアイペディアより)

  • 中臣逸志

    中臣逸志から見た伊賀国伊賀国

    中臣 逸志(なかとみ の いちし、延暦13年(794年) - 貞観9年1月24日(867年3月4日))は、平安時代前期の貴族。名は壱志とも記される。中臣糠手子の子孫(三門)。伊賀守・中臣益継の子。官位は従四位上・神祇伯。中臣逸志 フレッシュアイペディアより)

  • 大田垣蓮月

    大田垣蓮月から見た伊賀国伊賀国

    京都の生まれ。実父は伊賀国上野の城代家老藤堂良聖。大田垣蓮月 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木義長

    仁木義長から見た伊賀国伊賀国

    尊氏が室町幕府を開いて初代将軍となると、義長は京都に上り、備後・遠江・伊勢・伊賀・志摩等の守護や侍所頭人などを歴任した。仁木義長 フレッシュアイペディアより)

520件中 91 - 100件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード