417件中 91 - 100件表示
  • 古市黒麻呂

    古市黒麻呂から見た伊賀国伊賀国

    壬申の乱が勃発したとき、古市黒麻呂は近江の大津京にいたらしい。大津京にいた高市皇子は、父の大海人皇子の挙兵を知って京を脱出し、6月25日に鹿深を越えて積殖山口で大海人皇子の一行に合流した。このとき高市皇子に従っていたのが、民大火、赤染徳足、大蔵広隅、坂上国麻呂、古市黒麻呂、竹田大徳、胆香瓦安倍であった。鹿深は近江国甲賀郡のあたりである。積殖は、後の伊賀国阿拝郡柘植郷(現在の伊賀市柘植)と推定され、当時は伊勢国に属した。黒麻呂のその後の行動については『日本書紀』に記録がない。古市黒麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 民大火

    民大火から見た伊賀国伊賀国

    壬申の乱が勃発したとき、民大火は近江大津京にいたらしい。大海人皇子の挙兵を知ってその子高市皇子が大津京を脱出し、6月25日に鹿深を越えて積殖山口で大海人皇子の一行に合流したとき、皇子には民大火以外に赤染徳足、大蔵広隅、坂上国麻呂、古市黒麻呂、竹田大徳、胆香瓦安倍が従っていた。鹿深は近江国甲賀郡、積殖山口は、後の伊賀国阿拝郡柘植郷(現在の伊賀市柘植)と推定される。当時は伊勢国に属した。民大火 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀マリア

    伊賀マリアから見た伊賀国伊賀国

    日本の史料における言及は乏しいが、宣教師の記録には度々名前が登場する。それによると、「彼女は若い頃に父をなくした。その父は伊賀国の王であった」という。伊賀を領していた筒井定次はキリシタン大名であったが、定次が自害を命じられたのは1615年、大坂の陣の時であるため、マリアの生年、さらに「若い頃に父をなくした」という記録と照合すると整合性が取れなくなる。そのため、宣教師側の記録を信じれば、父は順慶であると結論づけられている。伊賀マリア フレッシュアイペディアより)

  • 速水太郎

    速水太郎から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国上野(現在の伊賀市)の城下町において藩士、速水受益(つぐかず)・多慶子(たけこ)の長男として生まれる。3人の姉(うち、長女は早世)と2人の弟がおり、弟の速水次郎、速水捨三郎はともにゴム事業で知られる。速水太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千賀地氏城

    千賀地氏城から見た伊賀国伊賀国

    服部家長の流れを汲む服部保長は足利義晴に仕えていたが、当地に移り住み、地名の千賀地を姓として当地に城を築いたと言われている。しかし服部保長の子服部正成は伊賀国を出国、徳川家康に仕え1582年(天正10年)本能寺の変が起こると徳川家康を助け、伊賀山中から四日市に移し、そこから海路で岡崎城へ送った(伊賀越え)。服部正成は後に与力150騎、伊賀同心300名を支配下に置く旗本8千石となり、江戸城半蔵門に名を残している。服部正成は1596年(慶長元年)に死去、服部正就が跡を継いだが、家臣の統率を乱し1605年(慶長10年)に失脚した。他の一族としては、藤堂藩城代の藤堂采女、津軽藩家老服部長門、桑名松平藩服部石見等がいる。千賀地氏城 フレッシュアイペディアより)

  • 木脇祐秀

    木脇祐秀から見た伊賀国伊賀国

    慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いが起こると一番に駆け付け義弘に従う。その退却戦の際に後醍院宗重と共に殿軍を務め、また伊賀国の信楽まで退いたときには、義弘を密かに射殺そうとしている法師が居る事を逸早く察知して走り寄り、弓を奪い取ってこの法師を生け捕りにした。これらの功により、祐秀は帰国後に50石を加増されている。木脇祐秀 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂高次

    藤堂高次から見た伊賀国伊賀国

    高虎にはなかなか実子ができなかったため、丹羽長秀の子を養嗣子・高吉として迎えていた。高虎が46歳のとき、ようやく実子である高次が生まれ、寛永7年(1630年)、高虎の病死により高次がその跡を継ぐこととなった。高吉は寛永9年(1632年)に伊予今治から伊勢に転封されたが、寛永13年(1636年)に高次の命令で伊賀名張へ転封、名張藤堂家を興した。藤堂高次 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂高邦

    藤堂高邦から見た伊賀国伊賀国

    弘化3年(1846年)8月8日、伊賀名張1万5000石の領主・藤堂長徳の次男として生まれる。長徳の家系は、初代藩主・藤堂高虎の養子・藤堂高吉(丹羽長秀の子)から始まる家系であった。藤堂高邦 フレッシュアイペディアより)

  • 宍戸梅軒

    宍戸梅軒から見た伊賀国伊賀国

    宍戸 梅軒(ししど ばいけん)は、剣豪・宮本武蔵の伝記『二天記』に登場する伊賀国の鎖鎌の使い手「宍戸某」なる人物を元に、吉川英治が小説『宮本武蔵』において脚色・創作した登場人物である。宍戸梅軒 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀街道

    伊賀街道から見た伊賀国伊賀国

    伊勢国と伊賀国にまたがる伊賀街道は、津から橡(とち)ノ木峠とも呼ばれた長野峠を越えて上野に至る全長約12里(約50km)の街道で、現在の松阪市中林町の月本の追分を起点とする奈良街道(古くは伊賀越奈良道」)と重なる部分が多い。道は現在の国道163号に沿う形で通り、今でも国道沿いに、宿場を中心に賑わったというかつての街道の面影が残っている。伊賀街道 フレッシュアイペディアより)

417件中 91 - 100件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード