520件中 11 - 20件表示
  • 伊賀四国八十八箇所

    伊賀四国八十八箇所から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国は古代より、大和と伊勢を結ぶ交通の要所であり、日本仏教の黎明期より、数多くの寺院が建立されて来た地である。しかし、戦国時代になり、織田信長の勢力により、伊賀国全域の神社仏閣が焼き払われてしまった。江戸時代になり、世の中が安定し神社仏閣も復興され、文久3年(1863年)に、常福寺(29番札所)住職の本田光照によって開創された。伊賀四国八十八箇所 フレッシュアイペディアより)

  • 源光清

    源光清から見た伊賀国伊賀国

    源 光清(みなもと の みつきよ、生没年不詳)は、平安時代後期の貴族。文徳源氏。左少弁源致文の次男。従五位上・伊賀守。源光清 フレッシュアイペディアより)

  • 源雅亮

    源雅亮から見た伊賀国伊賀国

    源 雅亮(みなもと の まさすけ)は平安時代後期の貴族、有職家。甲斐守・源雅職の子。従五位下・伊賀守。源雅亮 フレッシュアイペディアより)

  • 日本まんなか共和国

    日本まんなか共和国から見た伊賀国伊賀国

    2004年(平成16年度) 伊賀地域(三重県)日本まんなか共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 橘良殖

    橘良殖から見た伊賀国伊賀国

    仁和3年(887年)従五位下に叙爵。寛平2年(890年)伊賀守に任ぜられると、遠江守・美濃介・播磨介・越前守・近江介/権守・備前守と、宇多朝から醍醐朝にかけてほぼ30年の長きに亘り地方官を歴任する。またこの間、寛平7年(895年)従五位上、延喜14年(914年)従四位下、延喜17年(917年)従四位上と昇進している。橘良殖 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井騒動

    筒井騒動から見た伊賀国伊賀国

    筒井騒動(つついそうどう)は、慶長13年(1608年)に伊賀上野藩で起こったお家騒動である。筒井騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た伊賀国伊賀国

    伊賀の国にて天狗座頭にばけたる事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院実世

    洞院実世から見た伊賀国伊賀国

    鎌倉幕府が滅んで光厳天皇が廃位されると本職に復し、後醍醐の建武政権下では、恩賞方上卿や雑訴決断所寄人などの要職にあり、政権の中枢幹部として威を振るう。建武2年(1335年)鎌倉の足利尊氏が反旗を翻したため、搦手軍としてショウ王とともに東山道を下ったが、12月に新田義貞率いる東海道軍の敗戦(箱根・竹ノ下の戦い)を受けて引き返した。建武3年(1336年)1月北畠顕家率いる奥州軍と合流して足利方を攻撃し、尊氏を京都から追放したものの、5月に尊氏が再上洛して京都を占領した際には、後醍醐に供奉して比叡山に難を避けている。5ヶ月に及ぶ攻防戦の末に後醍醐の下山が決定すると、新田義貞・脇屋義助らとともに東宮恒良親王を奉じて北陸へ落ち、越前金ヶ崎城に入った。恒良を天皇として推戴する北陸朝廷では、実世は伝奏となって「綸旨」を発給したが、足利方の兵糧攻めを受けて、延元2年/建武4年(1337年)3月の落城寸前に義貞らと杣山城へ脱出。延元4年/暦応2年(1339年)美濃根尾城から尾張羽豆崎城に赴き、伊勢・伊賀を経て吉野行宮(南朝)に入ったという。間もなく権大納言に任じられ、右近衛大将を兼ねる。洞院実世 フレッシュアイペディアより)

  • 信長の野望Online

    信長の野望Onlineから見た伊賀国伊賀国

    初期支配地域:伊賀信長の野望Online フレッシュアイペディアより)

  • 当麻清雄

    当麻清雄から見た伊賀国伊賀国

    惟仁親王の立太子ののち、仁寿3年(853年)59歳にしてようやく従五位下に叙爵。天安元年(857年)図書頭に任ぜられる。清和朝に入ると、貞観元年(859年)従五位上、貞観6年(864年)正五位下、貞観8年(866年)従四位下と急速に昇進した。またこの間、伊賀守・伊予権守と主に地方官を歴任している。貞観11年(870年)12月7日卒去。享年76。最終官位は従四位下行伊予権守。当麻清雄 フレッシュアイペディアより)

520件中 11 - 20件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード