417件中 11 - 20件表示
  • 島田清田

    島田清田から見た伊賀国伊賀国

    島田 清田(しまだ の きよた、宝亀10年(779年) - 斉衡2年9月18日(855年11月1日))は、平安時代前期の貴族。姓は臣のち朝臣。正六位上・島田村作の子。孫に島田忠臣がいる。官位は従五位上・伊賀守。島田清田 フレッシュアイペディアより)

  • 津藩

    津藩から見た伊賀国伊賀国

    津藩(つはん)は伊勢安濃郡安濃津(現在の三重県津市)に置かれた藩。安濃津藩(あのつはん)と呼ばれることもある。藩庁は安濃津城(津城)。石高は伊勢・伊賀2国を合わせた22万石(大坂の役後、32万3,000石に加増で大和国にも飛び地領が存在)。津藩 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀越え

    伊賀越えから見た伊賀国伊賀国

    伊賀越え(いがごえ)は、畿内より東国へ行く際に伊賀国(伊賀市)を経由して行くことを指す。伊賀越え フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞東京本社

    読売新聞東京本社から見た伊賀国伊賀国

    株式会社読売新聞東京本社(よみうりしんぶんとうきょうほんしゃ)は、首都圏を中心とした関東と北海道、東北、甲信越、静岡県、北陸(福井県は除く)の各地方並びに東海3県(三重県伊賀地方は除く)向けに読売新聞を印刷・発行する読売新聞の地域本社で、読売グループの中核企業である。読売新聞東京本社 フレッシュアイペディアより)

  • 平家貞

    平家貞から見た伊賀国伊賀国

    平 家貞(たいら の いえさだ)は、平安時代後期の武将。伊賀を本拠とする平氏譜代の有力家人である。平忠盛・平清盛の二代に渡って仕え、「一ノ郎等」(『愚管抄』)といわれた。平家貞 フレッシュアイペディアより)

  • 平氏政権

    平氏政権から見た伊賀国伊賀国

    平氏政権に至る基盤形成は、白河院政期に遡る。平正盛は、桓武平氏貞盛流の伊勢平氏に出自し、その父の正衡までは軍事貴族の中でもそれほど有力な一族ではなかったが、永長2年(1097年)伊賀国の所領を六条院(白河上皇の娘・郁芳門院の御堂)に寄進して鞆田荘を成立させた。正盛は預所となり、周辺の東大寺領も取り込んで立荘するなど、白河の政治権力を後ろ盾に東大寺や国衙の支配を除去して実質的な土地所有に成功した。立荘の背景には、東大寺や国衙の支配と収奪を逃れようとする田堵農民層と、自らの所領の拡大・安定を狙った正盛の間に利害の一致があったと考えられる。正盛は自らに服従した田堵を郎等・家人にして、武士団を形成していった。平氏政権 フレッシュアイペディアより)

  • 伊忍道 打倒信長

    伊忍道 打倒信長から見た伊賀国伊賀国

    1581年(天正9年)に織田信長が伊賀に侵攻した「天正伊賀の乱」を題材にしており、プレイヤーは信長によって壊滅させられた伊賀忍者の生き残りの一人となって、日本各地の修練場で忍術修行をしたり、各国の戦国大名たちの依頼事をこなしたりしながら自己の能力や評判を高め、反信長派の大名の支援を得て信長の打倒を目指す。伊忍道 打倒信長 フレッシュアイペディアより)

  • 信長の野望Online

    信長の野望Onlineから見た伊賀国伊賀国

    初期支配地域:伊賀信長の野望Online フレッシュアイペディアより)

  • 北畠顕能

    北畠顕能から見た伊賀国伊賀国

    正平6年/観応2年(1351年)足利氏の内訌(観応の擾乱)に乗じ、顕能は伊勢で再び軍を起こして勢力を拡大した。幕府では、この討伐軍として守護石塔頼房に4か国の軍勢を付けて派遣することが議せられたというが、南朝勢は容易には屈服せず、なお抵抗を続けたらしい。同年11月に北朝の崇光天皇が廃されて正平一統が成ると、京都警固の任に当たるべく、右近衛大将(本官は中納言か)となり、すぐに上洛するように命じられている。翌正平7年(1352年)閏2月後村上天皇が住吉を発して男山へ向かうと、伊勢・伊賀の兵3000余騎を率いて鳥羽から入洛。楠木正儀・千種顕経とともに南軍の先鋒として、七条大宮辺りで武家方の細川顕氏・頼春らを破り、足利義詮を近江へ駆逐した。こうして京都回復を果たした顕能は勅命を奉じて持明院殿に至り、光厳・光明・崇光の3上皇と東宮直仁親王を男山八幡に移し、さらには義詮を追撃すべく近江へ出陣しようとしたが、実際は京都に留まり、入洛した父親房とともに庶政の処理に当たったらしい。北畠顕能 フレッシュアイペディアより)

  • 隠密剣士

    隠密剣士から見た伊賀国伊賀国

    第3部『忍法伊賀十忍』から最終の第10部『変幻忍法帖』に登場。江戸幕府に仕える公儀隠密の伊賀同心(伊賀忍者)200人のひとりで、伊賀同心三ノ組の『組頭代わり』を務める。秋草を『秋草様』と呼び、秋草が敵の罠に陥った際に本来の自分の任務を放り出して救出に駈けつける時もあるなど、様々な場面で秋草を手助けする。生まれは伊賀国の喰代(ほうじろ)で、師匠は伊賀忍者の上忍・名張半太夫。得意の忍術は霧のような濃い白煙で敵の視界を塞ぐ『霧遁の術』。周作少年を『周作坊』と呼び、忍者に興味津々の周作に忍者講釈をするなどして可愛がっている。隠密剣士 フレッシュアイペディアより)

417件中 11 - 20件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード