417件中 21 - 30件表示
  • 上野

    上野から見た伊賀国伊賀国

    1603年に江戸幕府が開かれた頃、忍岡には、伊賀国上野を本拠地とする外様大名・藤堂高虎の屋敷が置かれた。上野 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツニッポン

    スポーツニッポンから見た伊賀国伊賀国

    なお、大阪管轄の中でも東海3県(名古屋市で現地印刷。三重県伊賀・東紀州地区を除く)は当面の間120円に据え置く。これは、同地で圧倒的なシェアを有するスポーツ新聞である中日スポーツが1部110円(2012年5月より。それまでは1部100円)であり、価格を抑えなければ対抗できないためである。スポーツニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た伊賀国伊賀国

    近畿地方は、『小學地理』でその範囲が初めて公的に示されて以来、前述の2府5県を指すのが通常であるが、現在では場面によって範囲が変わることがある。特に三重県は、名古屋市との経済的結びつきが強くなったため、東海地方に含むことが一般的となっている。ただ、三重県でも淀川(木津川)水系に属し、京阪神との結びつきが強い伊賀地方は、現在でも暗に近畿地方に含むことが多い。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂高虎

    藤堂高虎から見た伊賀国伊賀国

    築城技術に長け、宇和島城・今治城・篠山城・津城・伊賀上野城・膳所城などを築城した。高虎の築城は石垣を高く積み上げる事と堀の設計に特徴があり、同じ築城の名手でも石垣の反りを重視する加藤清正と対比される。藤堂高虎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀市

    伊賀市から見た伊賀国伊賀国

    京都・奈良や伊勢を結ぶ奈良街道・伊賀街道・初瀬街道を有し、古来より都(飛鳥、奈良、京都など)に隣接する地域として、また、交通の要衝として、江戸時代には藤堂家の城下町や伊勢神宮への参宮者の宿場町として栄えてきた。地理的・歴史的背景から京・大和文化の影響を強く受けながらも独自の文化を醸成している。特に旧上野市にあたる市の中心部は歴史資産を早くから観光資源化することに成功したため、伊賀忍者の里、松尾芭蕉生誕の地として知られるようになり、昭和初期に再築された上野城や忍者屋敷、芭蕉翁生家、鍵屋の辻、だんじり会館などの観光名所を有し、特産品に伊賀組紐がある。また、市街地は戦災による破壊を免れ、小京都のひとつに数えられる。東京都の上野と区別するために、伊賀上野と呼ばれることがほとんどである。伊賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国(三重県の西部)東海道 フレッシュアイペディアより)

  • 滝野吉政

    滝野吉政から見た伊賀国伊賀国

    滝野 吉政(たきの よしまさ、生年不明 - 1602年)は伊賀国の豪族。柏原城主。十郎。父は滝野貞清。子に亀之助、千手姫がいる。滝野吉政 フレッシュアイペディアより)

  • 森田浄雲

    森田浄雲から見た伊賀国伊賀国

    森田 浄雲(もりた じょううん、1510年 - 1581年?)は、伊賀国の豪族。本拠は猪田郷。森田浄雲 フレッシュアイペディアより)

  • 佛土寺 (伊賀市)

    佛土寺 (伊賀市)から見た伊賀国伊賀国

    また別の伝承では、建長5年(1253年)藤原道家の家領処分状案に、「伊賀国仏土院」と記されており、当初は京都東福寺の末寺であったという。佛土寺 (伊賀市) フレッシュアイペディアより)

  • 津料

    津料から見た伊賀国伊賀国

    津料に関する最古の記録の例は保延元年(1135年)に伊賀国黒田荘の3ヶ所の津の沙汰人が東大寺東円堂修理のための木材を津料と称して差し押さえようとしたことが知られている(『東大寺文書』)。また、建暦2年(1212年)に鎌倉幕府が各地の関所を廃止した際に津料・河手の徴収も禁じている(『吾妻鏡』)。津料 フレッシュアイペディアより)

417件中 21 - 30件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード