520件中 21 - 30件表示
  • 北畠顕能

    北畠顕能から見た伊賀国伊賀国

    翌正平7年(1352年)閏2月、後村上天皇が住吉を発して男山へ向かうと、伊勢・伊賀の兵3000余騎を率いて鳥羽から入洛。楠木正儀・千種顕経とともに南軍の先鋒として、七条大宮辺りで武家方の細川顕氏・頼春らを破り、足利義詮を近江へ駆逐した。こうして京都回復を果たした顕能は勅命を奉じて持明院殿に至り、光厳・光明・崇光の3上皇と東宮直仁親王を男山八幡に移し、さらには義詮を追撃すべく近江へ出陣しようとしたが、実際は佐女牛若宮に駐在し、入洛した親房とともに庶政の処理に当たった。北畠顕能 フレッシュアイペディアより)

  • 平家貞

    平家貞から見た伊賀国伊賀国

    平 家貞(たいら の いえさだ)は、平安時代後期の武将。伊賀を本拠とする伊勢平氏譜代の有力家人である。平忠盛・平清盛の二代に渡って仕え、「一ノ郎等」(『愚管抄』)といわれた。平家貞 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原弟河

    藤原弟河から見た伊賀国伊賀国

    藤原 弟河(ふじわら の おとかわ)は、平安時代初期の貴族。藤原南家、大納言・藤原雄友の子。官位は従五位下・伊賀守。名は弟川とも表記される。藤原弟河 フレッシュアイペディアより)

  • 三日平氏の乱 (鎌倉時代)

    三日平氏の乱 (鎌倉時代)から見た伊賀国伊賀国

    三日平氏の乱(みっかへいしのらん)は、鎌倉時代初期、伊勢国と伊賀国で平家の残党が蜂起した事件。建仁3年(1203年)12月に伊勢平氏の若菜盛高らが蜂起し、討伐に向かった鎌倉幕府軍の平賀朝雅が、元久元年(1204年)4月10日から12日の間に反乱軍を鎮圧した事から「三日平氏の乱」と称された。三日平氏の乱 (鎌倉時代) フレッシュアイペディアより)

  • 息速別命

    息速別命から見た伊賀国伊賀国

    『新撰姓氏録』によれば、息速別命が幼少の時、父天皇により伊賀国阿保村(現・三重県伊賀市阿保周辺)に命のための宮室が築かれ、同村が封邑として息速別命に授けられたという。『三国地志』は、その宮が営まれた地を阿保南部の字福森から字西ノ森にかけての緩らかな丘陵地帯に比定している。息速別命 フレッシュアイペディアより)

  • 隠密剣士

    隠密剣士から見た伊賀国伊賀国

    第3部『忍法伊賀十忍』から最終の第10部『変幻忍法帖』に登場。江戸幕府に仕える公儀隠密の伊賀同心(伊賀忍者)200人のひとりで、伊賀同心三ノ組の組頭代わりを務める。秋草を『秋草様』と呼び、秋草が敵の罠に陥った際に本来の自分の任務を放り出して救出に駈けつける時もあるなど、様々な場面で秋草を手助けする。生まれは伊賀国の喰代(ほうじろ)で、師匠は伊賀忍者の上忍・名張半太夫。得意の忍術は霧のような濃い白煙で敵の視界を塞ぐ霧遁の術。周作少年を「周作坊」と呼び、忍者に興味津々の周作に忍者講釈をするなどして可愛がっている。隠密剣士 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀越奈良道

    伊賀越奈良道から見た伊賀国伊賀国

    伊賀越奈良道(いがごえならみち)は、伊勢国から伊賀国上野へ至る街道である大和街道・伊賀街道・奈良街道と、伊賀国上野から山城国を経て大和国奈良へ至る街道である笠置街道の総称。奈良街道や伊勢参宮街道に含まれる。伊賀越奈良道 フレッシュアイペディアより)

  • 稲富氏

    稲富氏から見た伊賀国伊賀国

    稲富氏は本姓は平氏。家系は桓武平氏維衡流、伊勢・伊賀の本拠地とする伊勢平氏一門の支流である。元は伊賀国の山田氏、丹後国に向った後に稲富氏と名乗ったと言われている。稲富流、砲術家として名を馳せた。稲富流砲術の開祖は稲富祐秀の孫である伊賀守稲富祐直。鎌倉時代には丹後に弓木城(稲富城)を築城し、代々居城とした。後に清和源氏義国流足利家一門の一色氏に砲術に定評がある稲富氏当主、稲富祐秀が軍師として仕えた。安土桃山時代には城主稲富祐直が弓木城にて主家である一色義定軍と共に織田信長方の細川軍と激戦を繰り広げ、これを撃退し続けた。義定の叔父、一色義清が討たれて当主の丹後守護一色氏が滅んだ後は豊富秀吉の計らいで細川氏に仕え、江戸時代には徳川家に砲術指南役として仕えた。稲富氏 フレッシュアイペディアより)

  • 広階貞雄

    広階貞雄から見た伊賀国伊賀国

    広階 貞雄(ひろしな の さだお、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。名は真雄とも記される。氏姓は河原連のち広階宿禰。官位は従五位上・伊賀守。広階貞雄 フレッシュアイペディアより)

  • 島田忠臣

    島田忠臣から見た伊賀国伊賀国

    島田 忠臣(しまだ の ただおみ、天長5年(828年)- 寛平4年(892年))は、平安時代前期の貴族・詩人。伊賀守・島田清田の孫。弟に島田良臣がいる。官位は正五位下・伊勢介。号は田達音(でんたつおん)。島田忠臣 フレッシュアイペディアより)

520件中 21 - 30件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード