417件中 31 - 40件表示
  • いきいきサロンきのくに

    いきいきサロンきのくにから見た伊賀国伊賀国

    2号車 オロ12 813「伊賀」(オハ12 1)定員44人いきいきサロンきのくに フレッシュアイペディアより)

  • 大石凝真素美

    大石凝真素美から見た伊賀国伊賀国

    遠祖は大伴氏という。壬申の乱の後継者として、望月を姓として伊賀、近江にすまったという。父は登、医を業として、かたわら多賀神社の神札をくばっていた。真素美の幼名は春雄、元服して大輔広矛。大石凝真素美 フレッシュアイペディアより)

  • 材木座

    材木座から見た伊賀国伊賀国

    一方、奈良郊外の木津にも興福寺の寄人身分を獲得した木守たちが同様の座を組織していた。木津は伊賀国に近く、更に水運を経由して四国方面の材木が入ってきたため、同地を経由して奈良に入る材木を独占的に扱うことが出来た。更に奈良の地でも木津から入ってくる材木を扱う材木座が存在していた。材木座 フレッシュアイペディアより)

  • 円目王

    円目王から見た伊賀国伊賀国

    後者は喪葬令集解古記に遊部(あそびべ)の祖として記載がある。もともと、伊賀の比自支和気(ひじきわけ)が天皇の殯宮(あらきのみや、もがりのみや)に奉仕していたが、雄略天皇が崩御した時に、一族が絶えていた為、たまたま、比自支和気の娘を妻としていた円目王が奉仕させられた、という。時の帝(清寧天皇か?)は『手足の毛が八束毛になるまで遊べ』と勅し、円目王の子孫が、課役を免ぜられ、代々遊部となったという。また、遊部は垂仁天皇の子孫であるとも言われている。円目王 フレッシュアイペディアより)

  • 紀阿閉麻呂

    紀阿閉麻呂から見た伊賀国伊賀国

    天武天皇2年(673年)8月9日、伊賀国にいる紀阿閉麻呂らに、壬申の年の労勲を詳しく述べて誉める詔が出され、賞が与えられた。紀阿閉麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 島津忠時

    島津忠時から見た伊賀国伊賀国

    嘉禄3年(1227年)、父・忠久の死により家督を継ぐ。しかし在国はせず、鎌倉に在住して有力御家人として近習番役などに任じられ、幕政で重きを成した。その功により伊賀・讃岐・和泉・越前・近江国内などに地頭職を与えられた。島津忠時 フレッシュアイペディアより)

  • 半済

    半済から見た伊賀国伊賀国

    周辺国の守護も半済の適用を求め、翌8月には、河内国(守護:高師直)・和泉国(守護:細川顕氏)・伊賀国(守護:仁木義長)・伊勢国(守護:仁木義長)・志摩国(守護:仁木義長)へと半済が拡大した。半済 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺小隅

    田辺小隅から見た伊賀国伊賀国

    田辺小隅が壬申の乱勃発時にどのような官職にあったかは不明である。乱の最中の7月5日、田辺小隅は近江国から伊賀に向けて攻撃に出た。その頃大海人皇子側の軍事拠点は美濃国と倭(大和国)の二つに分かれており、伊賀は両者を連絡する要地であった。田辺小隅 フレッシュアイペディアより)

  • 永富家住宅

    永富家住宅から見た伊賀国伊賀国

    永富家は揖保川下流域西部の、たつの市揖保川町付近の大地主であった。永富家の出自は伊賀国辺りといわれており、関ヶ原の戦い前後の1600年(慶長5年)頃には、この地に居住していたという記録が残っている。龍野藩時代には代々この地の庄屋を務めた。江戸時代中期以降は逼迫する藩財政とは逆に次第に裕福となり、藩に資金を融通したり、年貢の大坂への運搬を請け負うなど藩内で重要な地位を占めた。このため藩主の脇坂家より「在郷家臣」として上級武士の待遇を受け名字帯刀を許されていた。永富家住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 夙

    から見た伊賀国伊賀国

    夙の起源として有力であったのが天皇の御陵番である「守戸」が転訛したという説である。これは幕末に北浦定政が提唱し、本居内遠が『賎者考』にて紹介したものである。これに対して柳田国男は「毛坊主考」(『定本柳田国男集』第九巻)にてこの説を否定している。大体、夙の分布は畿内の外、紀伊・伊賀・近江・伊勢・丹波・播磨・淡路に広がっており、一方守戸はほぼ畿内に限られていたため一致していないのである。しかも江戸初期以前には「宿」と書くためにますますこの説の信用は欠ける。 フレッシュアイペディアより)

417件中 31 - 40件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード