520件中 31 - 40件表示
  • 読売新聞東京本社

    読売新聞東京本社から見た伊賀国伊賀国

    株式会社読売新聞東京本社(よみうりしんぶんとうきょうほんしゃ)は、首都圏を中心とした関東と北海道、東北、甲信越、静岡県、北陸(福井県は除く)の各地方並びに東海3県(三重県伊賀地方は除く)向けに読売新聞を印刷・発行する読売新聞の地域本社で、読売グループの中核企業である。読売新聞東京本社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂高虎

    藤堂高虎から見た伊賀国伊賀国

    何度も主君を変えた戦国武将として知られる。築城技術に長け、宇和島城・今治城・篠山城・津城・伊賀上野城・膳所城などを築城し黒田孝高、加藤清正とともに名人として知られる。高虎の築城は石垣を高く積み上げることと堀の設計に特徴があり、石垣の反りを重視する加藤清正と対比される。藤堂高虎 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国(現在の三重県の西部)東海道 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツニッポン

    スポーツニッポンから見た伊賀国伊賀国

    なお、大阪管轄の中でも東海3県(名古屋市で現地印刷。三重県伊賀・東紀州地区を除く)は当面、120円に据え置いていた。これは、同地で圧倒的なシェアを有するスポーツ新聞である中日スポーツが1部110円(2012年5月より。それまでは1部100円)であり、価格を抑えなければ対抗できないためである。その後2013年4月より、中日スポーツも1部売り120円に値上げし、一時期、東海3県のスポーツ紙1部売り価格が各紙120円と軒並みそろった。2014年4月1日、消費税が5%→8%に増税になったのに伴い、130円に値上げされた。スポーツニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 津料

    津料から見た伊賀国伊賀国

    津料に関する最古の記録の例は保延元年(1135年)に伊賀国黒田荘の3ヶ所の津の沙汰人が東大寺東円堂修理のための木材を津料と称して差し押さえようとしたことが知られている(『東大寺文書』)。また、建暦2年(1212年)に鎌倉幕府が各地の関所を廃止した際に津料・河手の徴収も禁じている(『吾妻鏡』)。津料 フレッシュアイペディアより)

  • 材木座

    材木座から見た伊賀国伊賀国

    一方、奈良郊外の木津にも興福寺の寄人身分を獲得した木守たちが同様の座を組織していた。木津は伊賀国に近く、更に水運を経由して四国方面の材木が入ってきたため、同地を経由して奈良に入る材木を独占的に扱うことが出来た。更に奈良の地でも木津から入ってくる材木を扱う材木座が存在していた。材木座 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢智仙

    小沢智仙から見た伊賀国伊賀国

    小沢 智仙(おざわ ともひさ、生没年不詳)は伊賀国の豪族。小沢智仙 フレッシュアイペディアより)

  • 杣司

    杣司から見た伊賀国伊賀国

    古代、木材の搬出のために官司や貴族・寺院によって設定された杣には、その作業を管理するための機関が設けられていた。造寺司に設置されていた「山作所」はその典型であり、他にも「作所」などの名称で呼ばれていた。そうした経営機関を構成していたのが杣司であった。例えば、東大寺の山作所であった伊賀国板蠅杣の山作所では、杣別当・専当・頭領などの杣司がおり、杣工や筏師などを率いて杣の伐採から製材、更に筏を用いた東大寺への搬出作業にあたらせていた。また、板蠅荘は後に東大寺の荘園である黒田荘へとなっていくが、その四至拡大などにも杣司の関与が見られ、彼らは後に現地における荘官へと転身していくことになった。杣司 フレッシュアイペディアより)

  • 分部嘉治

    分部嘉治から見た伊賀国伊賀国

    初代藩主・分部光信の三男。母は酒井重忠の娘。正室は池田長常の娘。子に分部嘉高(長男)、娘(一柳直治正室)。官位は従五位下、伊賀守。分部嘉治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢保卓

    柳沢保卓から見た伊賀国伊賀国

    柳沢 保卓(やなぎさわ やすたか、享保12年4月27日(1727年6月16日) - 安永3年3月22日(1774年5月2日))は、越後黒川藩の第4代藩主。大和国郡山藩士・柳沢里光(2代藩主・柳沢里済の兄で、柳沢保教の三男)の次男。母は柳沢重守の娘。正室は細川興生の娘、継室は植村家敬の娘。子は柳沢信有(長男)、石原正通(次男)、石原康由(四男)、柳沢隆直(五男)、柳沢樹正(六男)、娘(土岐頼香正室)、娘(牟礼勝正室)。官位は従五位下、民部少輔、伊賀守。柳沢保卓 フレッシュアイペディアより)

520件中 31 - 40件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード