417件中 41 - 50件表示
  • 服部持法

    服部持法から見た伊賀国伊賀国

    服部 持法(はっとり じほう、生没年不明)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した伊賀国の武士、悪党。通称は右衛門太郎。諱は不明。持法は入道号。また道秀とも号する。服部持法 フレッシュアイペディアより)

  • 玉滝荘

    玉滝荘から見た伊賀国伊賀国

    玉滝荘(たまたきのしょう・玉瀧荘)とは、伊賀国阿拝郡(今の三重県伊賀市)にあった東大寺領の荘園である。玉滝荘 フレッシュアイペディアより)

  • 便補

    便補から見た伊賀国伊賀国

    令制では中央官司の経費の財源である納物は諸国の庸・調を財源とし、封戸からの収入である封物も所在国が徴収して封主に送られていた。ところが、庸調制・封戸制が衰退すると、これらの負担は諸国の正税によって補填されていたが、それは荘園の拡大による減収とともに地方財政の悪化につながった。更に事務の繁忙にも悩まされた諸国の国衙では、11世紀に入ると、特定地域の官物や雑物の徴収権を官司や封主に与えて、国衙を経由させずに現地で納入処理をさせることとしたこれが便補の始まりである。当初は便補の対象地は必ずしも固定されていなかったが、後に官司や封主が、自己が当該国に所有していた私領を便補の対象にするように求めて認められたり、国衙側も国衙領内の特定の保や田地などを便補の対象として指定したりするようになった。例えば、東大寺領として有名な伊賀国の黒田荘・玉滝荘の由来の1つとして元来東大寺が伊賀国に持っていた杣の周辺にあった出作田を実質的な機能を失った同国内の封戸の代わりに便補地として認めさせたものが含まれている。便補 フレッシュアイペディアより)

  • 阿拝郡

    阿拝郡から見た伊賀国伊賀国

    阿拝郡(あはいぐん)は伊賀国にかつて存在した郡である。阿拝郡 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀郡

    伊賀郡から見た伊賀国伊賀国

    伊賀郡(いがぐん)は伊賀国にかつて存在した郡である。伊賀郡 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田荘

    黒田荘から見た伊賀国伊賀国

    黒田荘(くろだのしょう)とは、伊賀国名張郡(今の三重県名張市)にあった東大寺領の荘園である。黒田荘 フレッシュアイペディアより)

  • 名張郡

    名張郡から見た伊賀国伊賀国

    名張郡(なばりのこおり、なばりぐん)は、かつて伊賀国・三重県に存在した郡である。名張郡 フレッシュアイペディアより)

  • 十市遠忠

    十市遠忠から見た伊賀国伊賀国

    遠忠は武勇に優れ、歌道(三条西実隆に師事)や書道にも通じ、文武両道の武将として十市氏の最盛期を築いたとされる。最大領域は十市郡・式上郡等大和国北西部を占め、遠く伊賀国までその領地を広げた。推定石高は6万石。十市遠忠 フレッシュアイペディアより)

  • 十市遠長

    十市遠長から見た伊賀国伊賀国

    1581年(天正9年)、伊賀国にて戦いがあり、筒井家重臣島清興と共に出陣し、島軍に損害が出たという。十市遠長 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良街道

    奈良街道から見た伊賀国伊賀国

    奈良から大和街道・伊賀街道を通り、伊賀国を経由して伊勢に通じる道。かつては「伊賀越えならみち」「奈良道」と言った。現在では、五百野(津市美里町)で伊賀街道と分岐し、久居城下を経て月本追分(松阪市中林町)で伊勢街道と合流する区間が「奈良街道」と称される。奈良街道 フレッシュアイペディアより)

417件中 41 - 50件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード