520件中 41 - 50件表示
  • 柳沢信有

    柳沢信有から見た伊賀国伊賀国

    柳沢 信有(やなぎさわ のぶとう、宝暦2年2月23日(1752年4月7日) - 寛政9年3月23日(1797年4月19日))は、越後黒川藩の第5代藩主。4代藩主・柳沢保卓の長男。母は植村家敬の娘。正室は柳沢信昌(大和国郡山藩主・柳沢吉里の五男)の娘、継室は阿部正福の娘。子は柳沢光被(長男)、柳沢資顕(次男)。官位は従五位下、伊勢守、和泉守、伊賀守。柳沢信有 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀国造

    伊賀国造から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国造(いがのくにのみやつこ・いがこくぞう)は伊賀国を支配した国造。伊賀国造 フレッシュアイペディアより)

  • 橘成季

    橘成季から見た伊賀国伊賀国

    橘 成季(たちばな の なりすえ、生没年不詳)は、鎌倉時代の人物。橘則光の後裔である橘光季の養子。官職は伊賀守。『古今著聞集』の作者。橘成季 フレッシュアイペディアより)

  • 率分

    率分から見た伊賀国伊賀国

    正蔵率分は天暦6年9月11日(952年)創設(『別聚符宣抄』)。規定された庸調・交易雑物、その他中央(大蔵省)に納める諸国の租税・負担の1/10を別途納付させる制度で実質的には諸国にとっては新たな負担であった(ただし、『二中歴』によれば畿内・陸奥国・出羽国・周防国・志摩国・淡路国・伊賀国は負担を免除されていたという)。納付先は弁官が別当を務める率分所(率分堂)と呼ばれる令外の機関であり、律令国家の中核である太政官および政務における重大な関心事であった国家的な仏事・神事の遂行を維持するための財源確保に重点が置かれていた。そのため、受領功過定の審査対象にされたばかりではなく、率分からの支出には天皇への奏聞を必要としたり、臨時の納付を命じる切下文(くりくだしぶみ)が発給されたり、11世紀初頭までには別納率が2/10に引き上げられたりした。鎌倉時代に入っても曲りなりにも存続していた。率分 フレッシュアイペディアより)

  • 楠木正遠

    楠木正遠から見た伊賀国伊賀国

    楠木俊親(正俊)・正成・正季・正家らの父とされ、娘は伊賀の観世家の服部元成に嫁いで観阿弥の母親となったとされるが、真偽は定かではない。楠木正遠 フレッシュアイペディアより)

  • 逃散

    逃散から見た伊賀国伊賀国

    律令制の土地支配が解体し、荘園制度が行われるようになった平安時代からこうした現象がみられたが、他にも留守宅に妻子を残したり、逃散と称して実際には家に閉じこもって領主側の命令を拒絶するという抵抗方法もみられた。東大寺の荘園であった伊賀国の黒田荘・玉瀧荘の記録には、「篠を引く」「柴を引く」という表現で登場する。これは逃散時に依代として用いられていた篠や柴を家や田畑に掲げたり、囲い込むことによって領主側の立入や侵害行為を防止する意図があった。逃散 フレッシュアイペディアより)

  • 有徳銭

    有徳銭から見た伊賀国伊賀国

    有徳銭は貨幣経済が発達して有徳人が形成されるようになった鎌倉時代後期から見られるようになる。1304年(嘉元2年)に東大寺領である伊賀国黒田荘で行われた「有徳借米」、その10年後に同地で行われた「有得御幸銭」の賦課に見られるように、当初は臨時の借米であったものが次第に租税化し、納付も銭で行われるようになったと考えられている。また、『太平記』では鎌倉幕府による上野国新田荘への有徳銭の賦課を新田義貞挙兵のきっかけとしている。有徳銭 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢国造

    伊勢国造から見た伊賀国伊賀国

    伊勢 国造(いせ の くにのみやつこ/いせこくぞう)は、伊勢国・伊賀国・志摩国を支配した国造。本姓は中臣氏。伊勢国造 フレッシュアイペディアより)

  • 検断

    検断から見た伊賀国伊賀国

    一方、寺社・公家は境内・屋敷・所領において検断権を持ち、京都では一次的には内部における処分(懲戒・拘禁など)が行われ、重大な犯罪の場合には検非違使庁に引き渡して犯人財産の没収権を確保していた。地方の所領・荘園では預所・下司・公文などの荘官が検断権を行使し、荘園領主である本所が惣追捕使を任じている場合や幕府が地頭を設置している場合には彼らが主として検断を行った。その裁判は本所で行われるが、政所や集会など裁判を行う機関は本所によって異なっていた。本所一円領の場合は、本所が検断権の全てを行使できるが、それ以外の所領の場合、武家の検断権の関与を受け、地頭あるいは守護およびその使節が荘園内に入った。重科が本所一円領に逃げ込んだ場合には守護が本所に犯人引き渡しを要求し、境界にて引き渡しを行うことになっていたが、本所側は引き渡しに応じる義務をなかった。例えば、伊賀国黒田荘では、悪党が同荘に逃げ込んだのに対して、守護代(守護使節)が本所である東大寺に引き渡しを求めたところ、東大寺は表向きには引き渡しに同意したものの実際には預所に命じて引き渡しを拒絶させるという事件が起きている。鎌倉時代後半になると、悪党に対応しきれなくなった本所側が放状を出して守護不入を一時的に解除するなどの措置によって守護およびその使節の立入を認め、あるいは地頭の設置を容認して武家の支援を仰ぐ場合もあった。検断 フレッシュアイペディアより)

  • 光智

    光智から見た伊賀国伊賀国

    東大寺で良緒に師事。東大寺五師を経て天暦4年(950年)、東大寺別当となると伽藍の修理とその財源の調達に尽力、「東大寺封戸荘園并寺用帳」を作成するとともに、伊賀国(現在の三重県)玉滝杣を東大寺荘園とした。応和元年(961年)、村上天皇の勅命で尊勝院を東大寺境内に創建すると、勅願所として10人の僧を置き華厳宗の拠点としたという。光智 フレッシュアイペディアより)

520件中 41 - 50件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード