520件中 51 - 60件表示
  • 勝恵

    勝恵から見た伊賀国伊賀国

    近江国錦織寺7世慈賢の子・叡尚の長男として生まれる。内紛によって寺を去り、19歳の時に自分を支持する伊勢・伊賀・大和の40ヶ所の門徒とともに本願寺の蓮如を頼る。蓮如は勝恵に娘の妙勝を嫁がせて、山城国三栖、ついで和泉国堺へと移り、後に蓮如の創建した大和国下市(現在の奈良県下市町)の願行寺の初代住持を任された。勝恵 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢光被

    柳沢光被から見た伊賀国伊賀国

    柳沢 光被(やなぎさわ みつひ、天明4年7月12日(1784年8月27日) - 天保7年9月24日(1836年11月2日))は、越後黒川藩の第6代藩主。5代藩主・柳沢信有の長男。正室は戸沢正親の娘、継室は柳沢保光の娘。通称は金蔵。官位は従五位下、伊賀守、伊勢守。柳沢光被 フレッシュアイペディアより)

  • 生駒正種

    生駒正種から見た伊賀国伊賀国

    寛永14年(1637年)7月、生駒帯刀は江戸へ出て藤堂家の藩邸へ行き訴状を差し出した。訴状を受け取った藤堂高次は容易ならぬことと思い、土井利勝と生駒家縁戚の脇坂安元と相談し、穏便に済ますよう帯刀を説諭して国許へ帰らせた。しかし、家中の対立は収まらず、寛永15年(1638年)10月、帯刀は再び高次に前野と石崎を厳しく裁くよう訴え出た。国許にあった高次は帯刀を伊勢国津に呼び、家中の不和が続くようではお家滅亡になると諭して帰した。寛永16年(1639年)5月、高次は一件を収拾するため喧嘩両成敗として双方の主だった者5人に前野、石崎および国許から帯刀を藤堂藩邸に呼んで説得し、彼らは切腹することを承知した。帯刀は藤堂家の領地の伊賀国へ退いた。しかし、帯刀派は忠義の者が同罪というのはおかしいと、江戸にいる藩主高俊に帯刀ら忠義の者の命を助けるよう訴えた。これまでの顛末を知らない高俊は驚き、高次に抗議した為、高次は後見職から手を引いた。これにより、帯刀は国許に帰った。前野と石崎も切腹をやめ、前野・石崎派は老中稲葉正勝を介して幕府に訴状を提出した。そして、武装をして、一族郎党が国許から退去し大騒動に発展した。幕府の詮議により、前野・石崎派は武装して立ち退いたことなど幕府の心象が悪く4人が切腹また多くのものが処刑となったのに対して、帯刀派に対しては生駒帯刀は主人に対して忠心あるとして出雲国松江藩にお預け、その他の者も諸大名家へお預けとり、藩主の生駒高俊は出羽国へ流罪となり、堪忍料として矢島1万石を与えられた。生駒正種 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田家日次記

    吉田家日次記から見た伊賀国伊賀国

    内容については、神祇作法・神事及び朝儀に関する記事を主とするが、兼煕・兼敦の日記は将軍足利義満の全盛期における公武関係に詳細で、兼致の日記は父・兼倶の確立した吉田神道の隆盛期における大元宮再興などの史料を残し、兼右の日記は吉田神道を教宣するために旅した伊賀・越前の様子を伝えるなど、代々の吉田家が当時の権力者に接近し、自家の神道説を伸張・発展させていく様相がよく示されている。この他、世相や風聞、洛中の諸事件に関する社会記事が多い。吉田家日次記 フレッシュアイペディアより)

  • 11月4日 (旧暦)

    11月4日 (旧暦)から見た伊賀国伊賀国

    慶長元年(グレゴリオ暦1596年12月23日) - 服部半蔵(正成)、武将・伊賀忍者の指導者(* 1542年)11月4日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 諸国山川掟

    諸国山川掟から見た伊賀国伊賀国

    大河川では、上流からの土砂流出により河床が慢性的に上昇する課題があった。特に、淀川水系では、氾濫を伴う水害が多発したり、河床の上昇により舟運が阻害されるなどの影響があり、すでに諸国山川掟が出される6年前には、山城、大和、伊賀の3カ国限定で樹木の根株の採掘を禁ずる令が出されていた。また、岡山藩では熊沢蕃山が治水を行うにあたり、諸国山川掟に似た法令を作成しており、上・下流が連携した対策を講じる必要性は広く認識されていた。諸国山川掟 フレッシュアイペディアより)

  • 騎兵大将軍

    騎兵大将軍から見た伊賀国伊賀国

    騎兵大将軍は『続日本紀』の慶雲2年(705年)11月乙丑条の新羅使を迎えた迎えた際に、紀古麻呂を任じたのが初見であり、天平12年(740年)に藤原広嗣が九州で謀叛した藤原広嗣の乱において、聖武天皇が伊賀国、伊勢国に行幸した際、藤原仲麻呂を前騎兵大将軍、紀麻路を後騎兵大将軍に任じ、400もの騎兵に警衛させたことが記録されている。天平神護元年(765年)、称徳天皇が河内国弓削に行幸した際には、藤原縄麻呂、百済王敬福を各騎兵大将軍に任じた。騎兵大将軍 フレッシュアイペディアより)

  • 寛徳

    寛徳から見た伊賀国伊賀国

    10月 - 寛徳の荘園整理令(新立の荘園を停止する)。1040年に、伊賀国の国司である藤原公則のアイデアによるものとされている。寛徳 フレッシュアイペディアより)

  • 長元

    長元から見た伊賀国伊賀国

    伊賀守源光清が伊豆国に配流される。長元 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤直則

    安藤直則から見た伊賀国伊賀国

    安藤 直則(あんどう みちのり、安永9年9月24日(1780年10月21日) - 文政6年10月19日(1823年11月21日))は、紀伊田辺藩の第14代当主。分家の大身旗本・安藤直之の三男。正室は三浦為積の娘在。継室は勧修寺経逸の娘。子は安藤直裕(次男)。官位は帯刀、伊賀守。幼名は岩三郎。安藤直則 フレッシュアイペディアより)

520件中 51 - 60件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード