520件中 61 - 70件表示
  • 吉野行宮

    吉野行宮から見た伊賀国伊賀国

    吉野行宮は山中にある上、金峯山などの修験者勢力との連携、北朝・室町幕府側による掌握が困難な山道を利用した河内楠木氏・伊勢北畠氏・伊賀黒田悪党などの南朝側勢力との連絡などに便利で、京都奪還と足利尊氏の打倒を目指す上での要になる土地であった。吉野行宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀守

    伊賀守から見た伊賀国伊賀国

    伊賀守 フレッシュアイペディアより)

  • 鞆田荘

    鞆田荘から見た伊賀国伊賀国

    鞆田荘(ともだのしょう)は、伊賀国阿拝郡(現在の三重県伊賀市上友田・中友田・下友田)にあった荘園。鞆田荘 フレッシュアイペディアより)

  • 土井利寛

    土井利寛から見た伊賀国伊賀国

    1718年9月24日、第2代藩主・土井利知の長男として江戸目白台関口の下屋敷で生まれる。1732年、従五位下、伊賀守に叙任する。1743年4月9日、父の隠居により家督を継ぐ。土井利寛 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予八藩

    伊予八藩から見た伊賀国伊賀国

    伊予松山藩以外では、関ヶ原の戦いで東軍の勝利に尽力した藤堂高虎が今治20万石を加増され今治藩を立藩(のちに藤堂は伊勢・伊賀へ転封)、その後伊予松山藩松平定行の弟・松平定房が3万石を領し今治城へ入城、明治維新まで系譜を存続させた。伊予八藩 フレッシュアイペディアより)

  • 津藩家臣団

    津藩家臣団から見た伊賀国伊賀国

    藩主一門。伊賀名張領主・1万5000石。維新後男爵。津藩家臣団 フレッシュアイペディアより)

  • 永井直旧

    永井直旧から見た伊賀国伊賀国

    第2代藩主永井尚備の長男。母は永井直陳の養女(永井尚俶の娘)。正室は大河内松平正升の娘・お国。官位は従五位下。伊賀守永井直旧 フレッシュアイペディアより)

  • 蝉吟

    蝉吟から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国上野の城代付の侍大将、藤堂新七郎良清(または良精)の三男で、名を良忠と言う。通称は主計、宗正。松尾芭蕉は少年時代に良忠の扈従として出仕していた。良忠が松永貞徳や北村季吟について俳諧を嗜んでいた縁で芭蕉も俳諧を始めたという。蝉吟 フレッシュアイペディアより)

  • 梟の左源太

    梟の左源太から見た伊賀国伊賀国

    その後、左源太は、由美を伊賀の里に送り届け、水戸老公一行の後を追う。ただし、実際に登場したのは、第22話と最終話のみであった。梟の左源太 フレッシュアイペディアより)

  • 円目王

    円目王から見た伊賀国伊賀国

    後者は喪葬令集解古記に遊部(あそびべ)の祖として記載がある。もともと、伊賀の比自支和気(ひじきわけ)が天皇の殯宮(あらきのみや、もがりのみや)に奉仕していたが、雄略天皇が崩御した時に、一族が絶えていた為、たまたま、比自支和気の娘を妻としていた円目王が奉仕させられた、という。時の帝(清寧天皇か?)は『手足の毛が八束毛になるまで遊べ』と勅し、円目王の子孫が、課役を免ぜられ、代々遊部となったという。また、遊部は垂仁天皇の子孫であるとも言われている。円目王 フレッシュアイペディアより)

520件中 61 - 70件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード