520件中 71 - 80件表示
  • 山田郡

    山田郡から見た伊賀国伊賀国

    山田郡 (三重県) - 三重県(伊賀国)にあった郡。山田郡 フレッシュアイペディアより)

  • 木下俊治

    木下俊治から見た伊賀国伊賀国

    初代藩主・木下延俊の三男。母は福富内記の娘。(細川藤孝の娘は夭折した兄、もしくは姉を産んだ後早くして亡くなっている。)正室は吉田藩主・深溝松平忠利の娘。継室は土浦藩主・西尾忠永の娘。側室に安藤氏。子は俊長(長男)、長治(次男)。官位は従五位下、伊賀守。木下俊治 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原尹文

    藤原尹文から見た伊賀国伊賀国

    兵庫助・六位蔵人を経て、延喜18年(918年)縫殿助に任ぜられる。延喜21年(921年)には左衛門少尉を務め、延喜22年(922年)従五位下・摂津守に叙任される。その後、伊賀守・播磨守と地方官を歴任し、位階は従四位上に至った。藤原尹文 フレッシュアイペディアより)

  • 根本愚洲

    根本愚洲から見た伊賀国伊賀国

    天保5年(1834年)、同門だった稲田文笠と、伊勢・伊賀・大和など各地を写生しながら旅をしている。その後、大坂で売画し生活するが客がつかず、やむなく九州に遊歴。長崎では沈南蘋の画法を受け、日高鉄翁の下で文人画を修めた。根本愚洲 フレッシュアイペディアより)

  • 源信時

    源信時から見た伊賀国伊賀国

    備前守を経て、仁平2年(1152年)正月28日に伊賀守に任ぜられる。その後さらに越後守に転じるなど主に各国の受領を歴任した。位階は正四位下。源信時 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原清廉

    藤原清廉から見た伊賀国伊賀国

    山城・大和・伊賀に亘って所領を有する私営田領主としても知られ、寛仁2年(1018年)には焼亡した興福寺・円教寺の復興に関する相談を受けている。まもなく77歳で没したことから、生年は早くとも天慶5年(942年)以降とみられる。藤原清廉 フレッシュアイペディアより)

  • 山田郡 (三重県)

    山田郡 (三重県)から見た伊賀国伊賀国

    山田郡(やまだぐん)は、三重県(伊賀国)にあった郡。山田郡 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原棟世

    藤原棟世から見た伊賀国伊賀国

    藤原 棟世(ふじわら の むねよ、生没年不詳)は、平安時代の貴族。藤原南家・巨勢麻呂流、伊賀守・藤原保方の子。官位は正四位下・左中弁。藤原棟世 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田氏庸

    戸田氏庸から見た伊賀国伊賀国

    第7代藩主・戸田氏教の長男。母は氏教の側室・根津氏。正室は戸田氏養の娘。子に戸田氏正(長男)、土井利順(次男)、堀田正義(三男)、北条氏久(四男)、娘(板倉勝職正室のち細川利用正室)、娘(青山幸哉正室)、娘(戸田氏有正室)、娘(戸田氏寿正室)、娘(戸田氏敏養女)、娘(土井利忠継室)ら。官位は従五位下。伊賀守。采女正。戸田氏庸 フレッシュアイペディアより)

  • 杖衝坂

    杖衝坂から見た伊賀国伊賀国

    貞享4年(1687年)松尾芭蕉が江戸から伊賀への帰途、この急坂で落馬してしまい、早速俳句を詠んでいる。杖衝坂 フレッシュアイペディアより)

520件中 71 - 80件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード