520件中 81 - 90件表示
  • 平親国

    平親国から見た伊賀国伊賀国

    嘉応2年12月(1171年2月)従五位下・伊賀守に叙任されるが、ほどなくして阿波守に遷任。安元2年12月(1177年1月)従五位上に叙せられ、安元3年(1177年)には加賀守に任ぜられた。平親国 フレッシュアイペディアより)

  • 速水太郎

    速水太郎から見た伊賀国伊賀国

    伊賀国上野(現在の伊賀市)の城下町において藩士、速水受益(つぐかず)・多慶子(たけこ)の長男として生まれる。3人の姉(うち、長女は早世)と2人の弟がおり、弟の速水次郎、速水捨三郎はともにゴム事業で知られる。速水太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 智慶院

    智慶院から見た伊賀国伊賀国

    当初、平潟神社別当は片岡氏であったが、慶長7年(1602年)に伊賀国の桃田義春が来て別当となる。元和4年(1618年)に牧野氏が越後長岡藩に移封すると、平潟神社はその祈願所となる。寛永年間に宝積院を号し、当山派修験寺院となる。後に智慶院と改称したと推察される。別当桃田氏は長岡藩より苗字帯刀を許可され、扶持米を給される。また藩内の配下19院の触頭となる。智慶院 フレッシュアイペディアより)

  • 高田吉次

    高田吉次から見た伊賀国伊賀国

    1590年(天正18年)、伊賀国白樫村(三重県伊賀市白樫)に生まれる。少年時代は、宝蔵院覚禅房胤栄の弟子の中村尚政(宝蔵院流中村派の祖)に入門した後、胤栄の直門となった。胤栄の死後は中村尚政に再入門し、1615年(慶長20年)に宝蔵院流槍術の印可を授かる。その後は、廻国しながら宝蔵院流に新陰流の剣術、穴沢流の薙刀術、五坪流の槍術(素槍)を融合して宝蔵院流高田派槍術を完成させたといわれる。高田吉次 フレッシュアイペディアより)

  • 半済

    半済から見た伊賀国伊賀国

    周辺国の守護も半済の適用を求め、翌8月には、河内国・和泉国(守護:細川顕氏)・伊賀国(守護:仁木義長)・伊勢国(守護:仁木義長)・志摩国(守護:仁木義長)へと半済が拡大した。半済 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長熙

    藤堂長熙から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長熙(とうどう ながひろ、元禄11年(1698年) - 安永5年5月2日(1776年6月17日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第5代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長熙 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長美

    藤堂長美から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長美(とうどう ながよし、享保17年(1732年) - 元文6年(1741年))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第6代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長美 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長源

    藤堂長源から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長源(とうどう ながもと、元禄2年(1689年) - 享保元年(1716年))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第4代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長源 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長教

    藤堂長教から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長教(とうどう ながのり、安永8年(1779年) - 文政13年6月18日(1830年7月12日))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第8代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長教 フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂長旧

    藤堂長旧から見た伊賀国伊賀国

    藤堂 長旧(とうどう ながひさ、元文3年6月18日(1738年8月3日))- 寛政9年(1797年))は、津藩士名張藤堂家(藤堂宮内家)第7代。伊賀国名張1万5000石の領主。藤堂長旧 フレッシュアイペディアより)

520件中 81 - 90件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード