417件中 81 - 90件表示
  • 松倉重信

    松倉重信から見た伊賀国伊賀国

    本能寺の変の際には主君・筒井順慶へ有名な「洞ヶ峠の日和見」の献策をしたとも伝えられている。順慶没後、後を継いだ筒井定次が伊賀国へ転封となった際に従い、伊賀名張に8千石余を領した。後、豊臣秀吉に接近し、大和国吉野に8千石余を領したとの記録がある。松倉重信 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井高孝

    亀井高孝から見た伊賀国伊賀国

    伊賀旧名張藩主家出身の藤堂高矩の二男として、父の赴任地山形県で生まれる。父の没後、亀井家の養子となった。亀井高孝 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄直定

    新庄直定から見た伊賀国伊賀国

    父と共に豊臣秀吉・秀頼に仕えた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで父と共に西軍に与して筒井定次の伊賀上野城を落としたため、戦後に改易されて父と共に会津の蒲生秀行に預けられた。後に罪を許されて徳川家康の家臣となる。慶長18年(1613年)、父の死後に跡を継いで第2代麻生藩主となる。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣には徳川方として参陣し、功を挙げた。新庄直定 フレッシュアイペディアより)

  • ヒダル神

    ヒダル神から見た伊賀国伊賀国

    三重県では人間のみならず、牛までヒダル神に憑かれたという。また滋賀県甲賀市から伊賀(現・三重県西部)西山に続く御斎峠(おときとうげ)では、まだ朝もやの晴れない時刻に、ヒダル神が異様に腹の膨らんだ餓鬼の姿で現れ、旅人の前に腹を突き出して「茶漬けを食べたか」と尋ね、旅人が「食べた」と答えると襲いかかり、その腹を裂いてその中のわずかの飯粒を貪り食ったという。そのためにかつては徳川家康も、本能寺の変の際にこの峠を通るのは命がけだったという。ヒダル神 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原棟世

    藤原棟世から見た伊賀国伊賀国

    藤原 棟世(ふじわら の むねよ、生没年不詳)は、平安時代の貴族。藤原南家・巨勢麻呂流、伊賀守・藤原保方の子。官位は正四位下・左中弁。藤原棟世 フレッシュアイペディアより)

  • 皇国地誌

    皇国地誌から見た伊賀国伊賀国

    東京大学史料編纂所 「大日本国誌」1 第2巻 武蔵国、第2巻 東京、第2巻 横浜、第4巻 上総国、第6巻 常陸国、第7巻 相模国、第14巻 志摩国、第15巻 伊勢国、第16巻 伊賀国、第17巻 上野国 (震災による焼失を免れた原本)皇国地誌 フレッシュアイペディアより)

  • 坂上当宗

    坂上当宗から見た伊賀国伊賀国

    承和6年(839年)、右近衛将監のとき近衛と夷俘を率い、伊賀国名張郡の山中にて私鋳銭を製造していた群盗17名を捕縛し、その道具及び偽造通貨を政府に提出している。坂上当宗 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀上野

    伊賀上野から見た伊賀国伊賀国

    元々は伊賀国上野の地名から来ており、東京都の上野と区別する為に使われていると言われている。伊賀上野 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井政憲

    筒井政憲から見た伊賀国伊賀国

    目付、長崎奉行、南町奉行、大目付を歴任。通称は右馬助、佐次右衛門。官位は伊賀守、和泉守、紀伊守、肥前守。旗本久世広景(三四郎)の次男で、戦国大名の末裔である旗本筒井氏(1000石)を継いだ。母は旗本内藤信庸の娘。子に政循、下曽根信敦がいる。下曽根信之は孫。筒井政憲 フレッシュアイペディアより)

  • 赤染徳足

    赤染徳足から見た伊賀国伊賀国

    壬申の乱が勃発したとき、赤染徳足は近江大津京にいたらしい。大津京にいた高市皇子は、父の大海人皇子の挙兵を知って京を脱出し、6月25日に鹿深を越えて積殖山口で大海人皇子の一行に合流した。このとき高市皇子に従っていたのが、民大火、赤染徳足、大蔵広隅、坂上国麻呂、古市黒麻呂、竹田大徳、胆香瓦安倍であった。鹿深は近江国甲賀郡のあたりである。積殖は、後の伊賀国阿拝郡柘植郷(現在の伊賀市柘植)と推定され、当時は伊勢国に属した。徳足のその後の行動については記録がない。赤染徳足 フレッシュアイペディアより)

417件中 81 - 90件表示

「伊賀・名張のできごと」のニューストピックワード