217件中 91 - 100件表示
  • 小玉ユキ

    小玉ユキから見た休刊休刊

    『CUTiE comic』『Vanilla』が相次いで休刊となり、アルバイト生活を送っていた時期があった。その時に、とある出版社のゴミ置き場に積まれていた雑誌に掲載されていた彼女の作品が偶然編集者の目に留まり、『月刊flowers』(小学館)での再デビューの運びとなった。2007年から2012年まで、同誌に「坂道のアポロン」を連載。2009年、同作は「このマンガがすごい!」のオンナ編で1位を獲得した。2012年、同作は第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。2011年12月にテレビアニメ化が発表され、2012年4月より放送。小玉ユキ フレッシュアイペディアより)

  • チーム郷

    チーム郷から見た休刊休刊

    郷代表は、当初インタビューで今回のプロジェクトは長期に渡る計画であり「最低でも4、5年になるのでは」「最初の2年を戦って体制を整え、レギュレーションが大きく変わる2011年に照準を合わせる」と語っていたが、ル・マン終了後の同年8月にはマシンを売却してしまった。一説には「ヒューマントラブルに嫌気がさした」とも言われている。さらに今回のチームの母体であった『NAVI』も売れ行き不振から2010年2月に休刊することが決まり、2010年以降も参戦を継続する可能性は事実上消滅した格好となっている。チーム郷 フレッシュアイペディアより)

  • ゴング格闘技

    ゴング格闘技から見た休刊休刊

    2007年3月、当時社長を務めていた前田大作の不祥事からNSPは事業停止に追い込まれ、2月23日発売の4月号を最後に休刊。同年4月23日、発行元をイースト・プレスへ移し、題号を『GONKAKU』に改め復刊した(復刊号は6月号)。ゴング格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • ライオン丸G

    ライオン丸Gから見た廃刊休刊

    コスKのクラスメイト。父親が廃刊寸前の雑誌『ナイトうぉ?か?』の編集長を勤めており、雑誌の廃刊を救うべくライオン丸とカブキモンの騒ぎをスクープしようとコスKに話を持ちかける。自身も「アカ×アオ」重度のアディクト(中毒者)であり、変身して騒ぎを誘発しようとする。ライオン丸と闘い追い詰めるも、ブラックジャガーによって殺された。香織とはお互い惹かれあっていた。ライオン丸G フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー大王 -天上の王国-

    アレクサンダー大王 -天上の王国-から見た休刊休刊

    1997年から1998年にかけて『ミステリーDX増刊歴史ロマンDX』(角川書店)にて連載されるが、同誌が休刊となり、不本意ながらも単行本化の際に「適当なまとめページ」(作者談)が付けられて終わっていた。アレクサンダー大王 -天上の王国- フレッシュアイペディアより)

  • 京町妃紗

    京町妃紗から見た休刊休刊

    2009年、京町が執筆をしていた『ChuChu』が休刊。これに伴い、2010年からは『ChuChu』の姉雑誌、同じく小学館の『Sho-Comi』に移籍し、執筆を始めた。京町妃紗 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊プロレス

    週刊プロレスから見た休刊休刊

    1975年夏季号から1981年秋季号(2巻3号)まで、通算4号発行していた別冊誌。休刊週刊プロレス フレッシュアイペディアより)

  • BATMAN CHILD OF DREAMS

    BATMAN CHILD OF DREAMSから見た廃刊休刊

    KCデラックスより全2巻、後に竹書房のバンブーコミックスから一冊にまとめられたものも発売された。しかし、現在どちらも廃刊となっている。BATMAN CHILD OF DREAMS フレッシュアイペディアより)

  • 高崎親章

    高崎親章から見た廃刊休刊

    岡山では陸軍省と交渉し、技術者の吉村長策を招いて水道工事を行わせた。水道の普及により、コレラの害は後を絶ったという。京都では事業の再構築や農業開発など積極策を打ち出し、文部省の教育方針に対して 「地方の状況を知らずして全国一様のことをしようとしても無理だ」と注文をつけるなど、数々の逸話を残した。また懸案となっていた府庁舎改築について、府議会の承認にこぎ着けた。大阪府知事としては、1903年、府の教科書採用に当たって各社から賄賂を取り立てたため近々逮捕の見込みと新聞各紙に報じられた。立件はされなかったが、高崎はマスメディアに抗議することも官吏侮辱罪(現存しない)で告訴することもしなかった。宮武外骨は、『滑稽新聞』(月2回刊)で高崎が告訴しない件について質問状を掲載し、回答があるまで毎号連載すると表明した。高崎は回答せず、代わりに大阪府警は「憤激した暴漢者が滑稽新聞社を襲撃するとの投書があったので、警戒にあたる」と称し、滑稽新聞社を監視下に置いた。さらに、宮武が他誌の引用としてあげた記事によると、府警は『滑稽新聞』取扱店に暴漢が暴れる恐れがあるから扱いを止めるよう「忠告」したが、それは『滑稽新聞』に高崎攻撃を止めさせるためで、止めなければ府警の仕込んだ暴漢が暴れる手はずになっていたのだという。結局、『滑稽新聞』のキャンペーンは断続的に1905年まで続いたが、同誌の通巻100号をもって終了となった。しかし、その後も同誌は高崎府政に対決姿勢を取り続け、それは同誌の廃刊まで続いた。高崎親章 フレッシュアイペディアより)

  • 噂の眞相

    噂の眞相から見た休刊休刊

    月刊総合雑誌の部数では『文藝春秋』に次ぐ規模を誇っていた。休刊時の公称部数は20万部(実売12万部)。噂の眞相 フレッシュアイペディアより)

217件中 91 - 100件表示

「新聞・雑誌の休刊」のニューストピックワード