217件中 41 - 50件表示
  • クピドの悪戯

    クピドの悪戯から見た休刊休刊

    〈クピドの悪戯〉(クピドのいたずら)は北崎拓によるオムニバス恋愛漫画シリーズ。当初は『週刊ヤングサンデー』(小学館)とその増刊号において発表されていたが、同誌の休刊後は『週刊ビッグコミックスピリッツ』(同)およびその増刊号に発表の場を移している。『週刊ビッグコミックスリッツ』誌上において、「このSを、見よ!」が連載中。単行本は小学館の〈ヤングサンデーコミックス〉 (YSC) と〈ビッグコミックス〉 (BC) より、総計で28巻が発行されている。クピドの悪戯 フレッシュアイペディアより)

  • コミックアイズ

    コミックアイズから見た休刊休刊

    1997年に創刊(12月号)。発売日は偶数月24日。2001年12月号をもって休刊(通算25号)。同誌の作品の単行本は、「アイズコミックス」(ホーム社発行、集英社発売)。また、ホーム社漫画文庫では他社のコミックの文庫化が多数存在する。コミックアイズ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊少年コミック

    月刊少年コミックから見た休刊休刊

    1989年7月創刊。少年画報社としては『少年KING』の休刊から1年後に創刊された少年誌であるが、特に『少年KING』を継いでいるというわけでもなく、『少年KING』から継いで連載されている作品はなかった。が、不良漫画を掲載しているという点では『少年KING』を受け継いでおり、当時としては本誌が少年画報社唯一の少年誌となっていた。知名度は低めだったが、高橋ヒロシは本誌に掲載された『Hey!リキ』でデビューを果たした。月刊少年コミック フレッシュアイペディアより)

  • 月刊スーパーアクション

    月刊スーパーアクションから見た休刊休刊

    1983年6月1日創刊。誌名は同社の『漫画アクション』の流用であるが、内容は『漫画アクション』とは大きく異なり、SF漫画を中心とした内容となっている。諸星大二郎、星野之宣、藤子・F・不二雄などSF漫画家の大御所を多数揃えており、新作の発表の場となっていた雑誌で、映像化された作品もあった。その後表紙や誌面を一新しながら刊行は続いたが、1987年9月に休刊となった。月刊スーパーアクション フレッシュアイペディアより)

  • ハーモニーゴールド USA

    ハーモニーゴールド USAから見た休刊休刊

    カナダ連邦内では唯一、フランス語のみを公用語に定めているケベック州(仏: le Québec / 英:Quebec)では、州都 の ヴィル・ド・ケベック(仏: Ville de Qué bec)を抜くケベック州最大の都市で同州の経済の中心である モントリオールに於いて発売されているカナダ連邦唯一のアニメ雑誌で、かつ北アメリカ大陸で廃刊、休刊の憂き目に遭わずに刊行を続けている中では最古の『 プロトカルチャー・アディクツ (Protoculture Addicts) 』誌は、ハーモニー・ゴールド USA 社 最大のフラグシップ・シリーズであるロボテック・シリーズの商業同人誌(正確には Fanzine)として、創刊者にして 2010年現在も現役の編集長である、クロード・ジェイ・ペルティエ(Claude J. Pelletier) によって、1987年の秋に第 0 号が創刊され、雑誌名にプロトカルチャー (資源)の名を冠することになった。ハーモニーゴールド USA フレッシュアイペディアより)

  • ハーモニーゴールド USA

    ハーモニーゴールド USAから見た廃刊休刊

    カナダ連邦内では唯一、フランス語のみを公用語に定めているケベック州(仏: le Québec / 英:Quebec)では、州都 の ヴィル・ド・ケベック(仏: Ville de Qué bec)を抜くケベック州最大の都市で同州の経済の中心である モントリオールに於いて発売されているカナダ連邦唯一のアニメ雑誌で、かつ北アメリカ大陸で廃刊、休刊の憂き目に遭わずに刊行を続けている中では最古の『 プロトカルチャー・アディクツ (Protoculture Addicts) 』誌は、ハーモニー・ゴールド USA 社 最大のフラグシップ・シリーズであるロボテック・シリーズの商業同人誌(正確には Fanzine)として、創刊者にして 2010年現在も現役の編集長である、クロード・ジェイ・ペルティエ(Claude J. Pelletier) によって、1987年の秋に第 0 号が創刊され、雑誌名にプロトカルチャー (資源)の名を冠することになった。ハーモニーゴールド USA フレッシュアイペディアより)

  • STUDIO VOICE

    STUDIO VOICEから見た休刊休刊

    最盛期の発行部数は約10万部であったが、近年、部数が減少し、広告収入も落ち込んだことから、2009年8月6日発売の2009年9月号(通巻405号)をもって休刊した。ただし、オンライン版のSTUDIO VOICE ONLINEは継続されている。STUDIO VOICE フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋タイムズ

    名古屋タイムズから見た休刊休刊

    2008年10月31日付け・紙齢20834号を最後に休刊 。社団法人は2009年3月31日に解散したが、完全子会社であった名古屋タイムズ印刷株式会社は経営を続ける 。名古屋タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • R25 (雑誌)

    R25 (雑誌)から見た廃刊休刊

    2007年3月1日よりデジタル版「R25」が発刊され、無料のデジタル版定期購読サービスが開始された。毎週木曜日に紙の『R25』と同様の内容のものがデジタル版定期購読者のパソコンに届けられていたが、2007年8月30日発行号で廃刊した。R25 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 平凡パンチ

    平凡パンチから見た休刊休刊

    団塊世代後のファッション・情報・風俗・グラビアなどを取り扱う週刊誌だった。隔月版としてA4サイズのヌードグラビア誌も出版していた。週刊誌としては既に休刊扱いされているが、その時期については下の事情から見解が分かれている。平凡パンチ フレッシュアイペディアより)

217件中 41 - 50件表示

「新聞・雑誌の休刊」のニューストピックワード