217件中 51 - 60件表示
  • 2&4モータリング社

    2&4モータリング社から見た休刊休刊

    2011年4月25日に『ベストモータリング』『ホットバージョン』両誌の休刊を発表。これにより同社発行の定期刊行物が消滅した。なお『ホットバージョン』については、発行元をHVプロジェクトに移管して同年8月に復刊している。2&4モータリング社 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩よ!

    鳩よ!から見た休刊休刊

    1983年12月、マガジンハウスが初めて文芸の分野に挑戦し、詩の雑誌として創刊された。題字は当時の取締役社長清水達夫によるもので、1999年11月号からの版形変更による大規模なリニューアルの際にも、これは踏襲された。2002年5月号をもって休刊となった。後継誌は、PR誌としてスタートした『ウフ.』である。鳩よ! フレッシュアイペディアより)

  • ビッグゴールド

    ビッグゴールドから見た休刊休刊

    『ビッグゴールド』は、かつて小学館が発行していた青年漫画雑誌。一度休刊になった後復活したが再び休刊となっている。ビッグゴールド フレッシュアイペディアより)

  • ポプコム

    ポプコムから見た休刊休刊

    1983年5月に創刊し、1994年3月に休刊となった。編集は新企画社。ポプコム フレッシュアイペディアより)

  • 100てんコミック

    100てんコミックから見た休刊休刊

    連載作品の中では、河合一慶による『忍者マン一平』が人気を得、テレビアニメ化もされている。なお、『おちゃめ神物語コロコロポロン(原題『オリンポスのポロン』)』はテレビアニメ化に伴い原題から改題、本誌にて連載された。しかし売り上げは「ライバル」の『コロコロ』や『ボンボン』に大きく水を開けられ、1983年1月、創刊から僅か3年足らずで休刊を余儀なくされた。100てんコミック フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊民報

    紀伊民報から見た休刊休刊

    1911年に創刊。当初は「紀伊新報」という紙名で創刊されたが、第二次世界大戦の影響による新聞の統廃合令に伴って1942年に一度廃刊になった。戦後の1946年に旬刊「紀伊民報」に題号を改めて復刊。1948年に隔日刊(1日おきの発行)となり、同年4月から日刊に移行した(ただし日曜日は休刊。これは現在も同じ)。1971年にオフセット印刷を導入。これをきっかけに増ページを実施し、2ページ→4ページ→8ページ(週1回程度6ページ)→12ページと拡大される。1977年に1万号突破。1983年にはカラーオフセットを導入するようになる。紀伊民報 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊エースネクスト

    月刊エースネクストから見た休刊休刊

    『月刊少年エース』の増刊誌であった『エースダッシュ(エースDASH)』と、『月刊ニュータイプ』の増刊誌であった『コミックニュータイプ』の二誌の後継誌として創刊した。『少年キャプテン』や『月刊アフタヌーン』などに見られるような硬派な漫画や、「萌え」を強く意識した漫画が同居する独特な雰囲気を持っていたが、近年の雑誌不況の煽りを真っ先に受ける形で休刊した。月刊エースネクスト フレッシュアイペディアより)

  • 旅と鉄道

    旅と鉄道から見た休刊休刊

    旅と鉄道(たびとてつどう)は隔月刊の鉄道趣味および旅行雑誌。愛称(略称)のタビテツと呼ばれることが多い。鉄道ジャーナル社により1971年より2009年まで発行されて休刊。2011年9月(同年11月号)より版元を朝日新聞出版に変えて復刊された。旅と鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊Asahi

    月刊Asahiから見た休刊休刊

    1989年1月に創刊準備号が発刊された後、同年5月、1989年6月号として創刊号発売。当初は「朝日ジャーナル」同様のB5版週刊誌サイズであったが、朝日ジャーナル休刊後の1992年6月号から月刊論壇誌サイズのA5版となった。司馬遼太郎や田辺聖子らの小説も掲載されたが、論考の執筆陣は佐高信ら左派論壇人のほか朝日新聞論説委員が多かったため「朝日新聞」そのものと大差なく新鮮味に欠け、1994年2月発売の同年3月号をもって休刊した。大手新聞社の論壇誌が5年足らず、わずか通巻57号で休刊・リニューアルを余儀なくされるという事態となり、左派・リベラル論壇誌の苦戦を象徴する出来事であった。後継雑誌として「Ronza」が創刊された。月刊Asahi フレッシュアイペディアより)

  • 外交フォーラム

    外交フォーラムから見た休刊休刊

    2010年2月16日、買い上げ廃止による部数減で2010年度以降の発行継続が困難となったため、2010年3月8日発売の4月号をもって休刊することが明らかになった。外交フォーラム フレッシュアイペディアより)

217件中 51 - 60件表示

「新聞・雑誌の休刊」のニューストピックワード