217件中 71 - 80件表示
  • バリバリマシン

    バリバリマシンから見た休刊休刊

    レーサーレプリカブーム衰退や当局の規制取締、投稿数の減少により2002年8月号が最終号となる。最終号には休刊と記載されていたが発行元の平和出版株式会社が倒産したため事実上の廃刊となった。バリバリマシン フレッシュアイペディアより)

  • バリバリマシン

    バリバリマシンから見た廃刊休刊

    レーサーレプリカブーム衰退や当局の規制取締、投稿数の減少により2002年8月号が最終号となる。最終号には休刊と記載されていたが発行元の平和出版株式会社が倒産したため事実上の廃刊となった。バリバリマシン フレッシュアイペディアより)

  • DAYS JAPAN

    DAYS JAPANから見た廃刊休刊

    ところが、ある女性タレントの講演料の額が誤っていたことが判明し、1990年1月号に謝罪記事を掲載し、同号で廃刊となった。DAYS JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 漫画ゴラクネクスター

    漫画ゴラクネクスターから見た休刊休刊

    2007年12月26日に発売された2008年2月号で休刊。休刊になった後は『週刊漫画ゴラク』、『別冊漫画ゴラク』に移動する作品が一部あった。漫画ゴラクネクスター フレッシュアイペディアより)

  • ベビーブック

    ベビーブックから見た休刊休刊

    主に1歳から3歳までの幼児をターゲットとし、絵本、玩具、2歳前後に人気のキャラクター、父母向けの育児情報で構成される。競合誌は『げんき』(講談社発行)である。2008年度までは0〜2歳児向けを対象に『マミイ』を発行していたが、それが2009年3月号で休刊し、本誌と統合したため、現在は本誌が同社の雑誌では最も低年齢層を対象とした雑誌である。ベビーブック フレッシュアイペディアより)

  • マンスリーよしもと

    マンスリーよしもとから見た休刊休刊

    当雑誌のルーツは、1922年11月11日吉本興行部(現:吉本興業)が寄席に来場したお客のみに配っていた「演芸タイムス」(えんげい - )という小冊子が始まりである(月に3回、演芸タイムス社が発行していたもので、興行の予定や芸人の紹介などを掲載)。その後上方における寄席の文化の衰退とともに廃刊となり、1926年に広報誌「笑売往来」(しょうばいおうらい、漫才のネタタイトルをモチーフ)という名称に変え、1933年には吉本興業文芸部が「ヨシモト」という情報誌として創刊。しかし、1937年に紙の制約と編集委員の招集で休刊となった。マンスリーよしもと フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木正文

    鈴木正文から見た休刊休刊

    学生運動(全共闘、学園紛争)に傾倒し、東大安田講堂事件(1969年)に加わり、逮捕されている。その後、各所での編集者などを経て、1983年、出版社・二玄社に入社。1984年、自動車雑誌「NAVI」(2010年2月休刊)の創刊に携わり、1989年には同誌二代目編集長に就任した。同誌は自動車専門誌でありながら文学者や政治学者の討論・環境問題や小説などが掲載される独特なスタイルであり、メーカー提供車両に頼らない性能実験や衝突試験を実施し、当該車種が駄作であれば酷評するという、当時としては極めて画期的な雑誌だった。フランスが核実験を実施すれば誌上でフランス車ユーザーを募ってフランス大使館ヘフランス車を連ねたデモを行い、1991年の湾岸戦争勃発時にもやはり誌上にて反戦デモへの参加を呼びかけ、同3月、明治公園で反戦集会を実施した。常に社会情勢・社会運動と連動したユニークな活動を展開し、親雑誌である「CAR GRAPHIC」を部数で上回った。1999年、独立し、自動車雑誌「ENGINE(エンジン)」(新潮社)初代編集長となる。2012年1月より「GQ Japan」(コンデナスト・ジャパン)編集長に就任。「NAVI」「ENGINE」の副編集長を務めた今尾直樹をシニア・エディターに、自身の「NAVI」後任編集長であった小川フミオをコントリビューティング・エディターに起用。鈴木正文 フレッシュアイペディアより)

  • 橘淳一

    橘淳一から見た休刊休刊

    コミック・アゲイン休刊後はみのり書房を退社。日本出版社入社。橘淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ゴング

    週刊ゴングから見た休刊休刊

    週刊ゴング(しゅうかんゴング、Weekly Gong)は、1984年から2007年まで日本スポーツ出版社(NSP)が発行していた週刊のプロレス専門雑誌。略称は『ゴング』『週ゴン(しゅうゴン)』。毎週水曜日に発売されていたが、2007年3月14日発売の1168号(3月28日号)を最後に「一時休刊」となった。週刊ゴング フレッシュアイペディアより)

  • キャリア こぎつね きんのもり

    キャリア こぎつね きんのもりから見た休刊休刊

    集英社の『YOUNG YOU』にて、2004年3月号から2005年11月号まで連載され、同誌の休刊後は『コーラス』に移り、2006年1月号から2007年2月号まで連載された。続編「キャリア こぎつね きんのまち」の連載が同じく『コーラス』にて、2008年9月号から2011年11・12月合併号まで連載された。単行本は、『きんのもり』が全5巻、『きんのまち』が全6巻。キャリア こぎつね きんのもり フレッシュアイペディアより)

217件中 71 - 80件表示

「新聞・雑誌の休刊」のニューストピックワード