217件中 81 - 90件表示
  • Re:S

    Re:Sから見た休刊休刊

    Re:S(リス)は2006年に創刊された季刊誌。大阪の有限会社パークエディティングが編集、発刊はリトルモア。「Re:Standard あたらしい“ふつう”を提案する」をコンセプトに、編集長・藤本智士と編集部自ら日本全国を巡り、偶然の出会いを取り込みつつ誌面を制作するという独自の編集スタイルを構築。富士フイルムやタイガー魔法瓶といった企業とのコラボレーションの試みも。2009年1月発刊の第11号をもって一時休刊を宣言、WEBへと移行した。Re:S フレッシュアイペディアより)

  • 東京タイムズ

    東京タイムズから見た休刊休刊

    徳間書店代表の徳間康快は読売新聞出身であり、また講談社の日刊ゲンダイが成功したこともあってか、徳間は東京タイムズ再建に尽力。一時期は、国内初のカラー新聞や、読みやすい一行13文字組みを採用するなど先駆性を発揮した。その間、題字のデザインは何度も変わった。早坂茂三や青木雨彦らが記者として活躍した時期もある。タブロイド判の夕刊ニッポンを同時に発行して起死回生を図るが失敗、傷口を広げた。その後、タブロイド判で発行したり、ローマ字の題字にするなど迷走状態に陥り、朝刊紙ということもあってか売上は低迷し、結局1992年7月限りで休刊の後、関連会社の徳間インテリジェンスネットワークにて開発したファクス新聞に形態を変えた発行を試みたが契約者が増えず、程なく編集部門を解散した。東京タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • アルバトロス・ビュー

    アルバトロス・ビューから見た休刊休刊

    国内のゴルフ雑誌の中では随一の発行部数を誇り、主に30?40代の支持率が高い。表紙はかつてはプロゴルファーのイラストだったが、現在はプロゴルファーの写真となっている。「ゴルフレッスン誌」というキャッチコピーの通り、プロゴルファーによるゴルフのテクニックやクラブについての情報などが掲載されている。またゴルフ漫画も少々掲載されており、漫画によるゴルフレッスンも存在する。かつては『アルバコミック』という本誌の増刊のゴルフ漫画雑誌が存在していたが、現在は休刊となっている。アルバトロス・ビュー フレッシュアイペディアより)

  • スイングジャーナル

    スイングジャーナルから見た休刊休刊

    スイングジャーナル(Swing Journal)はスイングジャーナル社から出版されていた、主にジャズを専門とした月刊音楽雑誌。1947年に創刊され、約63年間海外の作品などをいち早く紹介するなど戦後日本のジャズ文化をリードしてきたが、2010年に休刊した。スイングジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • ベストモータリング

    ベストモータリングから見た休刊休刊

    2011年4月25日、翌日に発売される2011年6月号を最後に休刊となることが発表され、発売元である2&4モータリング社も消滅した。ベストモータリング フレッシュアイペディアより)

  • 風間やんわり

    風間やんわりから見た休刊休刊

    たもっさんの時間(『ヤングマガジンアッパーズ』、1999年10号 - 2004年21号、同誌休刊に伴い打ち切り)風間やんわり フレッシュアイペディアより)

  • ホースニュース・馬

    ホースニュース・馬から見た休刊休刊

    2008年2月19日、同社ホームページにて「競馬専門紙『馬』の発行を全て休止する」旨の告知がなされた。これに伴い中央版は2008年2月17日付、ばんえい版は2月18日付、南関東版は2月19日付をもって休刊(ホッカイドウ競馬版は2007年11月13日付が最終発行)となった。休刊決定後、津田は競馬エイト専属評論家に、丹下は毎日新聞に所属して本紙予想担当に、井崎、辻はフリーの競馬評論家にそれぞれ転向した。雑誌『競馬最強の法則』2008年4月号によると、発行母体の「株式会社ホースニュース」は今後清算される見通しで、各専門紙もこのまま廃刊となる見込み。ホースニュース・馬 フレッシュアイペディアより)

  • 逐次刊行物

    逐次刊行物から見た休刊休刊

    2週間に1回刊行、隔週○曜日刊行の形になる。発行頻度としては月2回刊に近いが月2回刊が合併号・増刊号・休刊などがなければ年24冊発行であるのに対し、隔週刊は年26 - 27冊発行となる。また月2回刊が月刊の形態の一種であるのに対し、隔週刊は週刊の形態の一種である。発売する間隔と曜日を固定することが出来るため、テレビ情報誌や分冊百科に多い。逐次刊行物 フレッシュアイペディアより)

  • いなだ詩穂

    いなだ詩穂から見た休刊休刊

    「幻影奇譚」などで注目され、1998年、『Amie』(講談社)で小野不由美原作の『悪霊シリーズ』第1作のコミカライズである「悪霊がいっぱい!?」を連載開始。連載終了時点で同誌は休刊となり、シリーズ2作目以降は「ゴーストハント」と改題し、『なかよし』での連載となる。第6巻以降は雑誌掲載はせず、コミックスに書き下ろしとなっている。2010年9月末に全12巻で(「悪霊シリーズ」部は)完結。いなだ詩穂 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎裕也

    神崎裕也から見た休刊休刊

    2009年より『週刊コミックバンチ』にて「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」を連載。2011年に同誌休刊のため 『月刊コミック@バンチ』へ移籍する。神崎裕也 フレッシュアイペディアより)

217件中 81 - 90件表示

「新聞・雑誌の休刊」のニューストピックワード