1391件中 121 - 130件表示
  • シラス壁

    シラス壁から見た住宅住宅

    主に、住宅等の建築物の内外装材に使用される。シラス壁 フレッシュアイペディアより)

  • 車止め

    車止めから見た民家住宅

    車止めがその役目を果たすにも限界はある。土佐くろしお鉄道宿毛駅衝突事故のように、車両がある程度以上の速度で衝突した場合、車止めが破壊され車両がそれを乗り越えていくこともある。限界となる速度は車止め及び車両の種類や構造などによっても異なるが、自動車と比較すると鉄道の場合は低速でも被害が大きくなりがちである。そのため、線路終端の手前に速度照査システムを設置して列車を予め強制的に減速あるいは停止させ、車止めへの衝突時のショックや車体の損害を少しでも緩和したり、車止めへの衝突そのものを防止しようという取り組みもある。そうでなくても、車止めのすぐ先に川や崖、民家、公道等がある場合や高架の終端など、列車の過走が直ちに乗客や第三者の生命・財産の危機へと直結するような場合に備えて、確実性向上のために複数種の車止めを相互間のバックアップとして併設しているケースは古くから多く見られる。車止め フレッシュアイペディアより)

  • 怪物屋敷

    怪物屋敷から見た邸宅住宅

    怪物屋敷(ウクライナ語:'''')は、ウクライナの首都キエフ、バーンコヴァ通りに位置するアール・ヌーヴォー様式の煉瓦造りの邸宅である。怪物屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • リビスパ

    リビスパから見た住宅住宅

    『ママのぽけっと』と『パブ魂』を前身とするインフォメーションコーナーで、食品・飲料水・生活用品・自動車・住宅・イベントなどに関する情報を幅広く伝えている。また、「ピリッと中テレ中!」や「天気予報」などもコーナーに擁している。リビスパ フレッシュアイペディアより)

  • 地方住宅供給公社

    地方住宅供給公社から見た住宅住宅

    地方住宅供給公社(ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃ)は、住宅の積立分譲等をおこなう公企業。地方住宅供給公社法にもとづき、勤労者に居住環境の良好な集団住宅及び宅地を供給する目的で地方公共団体により設立される。地方住宅供給公社 フレッシュアイペディアより)

  • 国分建設

    国分建設から見た住宅住宅

    株式会社国分建設(こくぶんけんせつ、英:KOKUBUN KENSETSU Co.,Ltd.)とは、茨城県牛久市に本社を置く、住宅建設、不動産業などを行う会社である。国分建設 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルサイドウエスト

    ヒルサイドウエストから見た住居住宅

    thumb|200px|ヒルサイドウエストヒルサイドウエストは、東京都渋谷区鉢山町にある、事務所・店舗・住居からなる複合施設。槇文彦設計。ヒルサイドウエスト フレッシュアイペディアより)

  • 一芦舎

    一芦舎から見た民家住宅

    考古学・民俗学の視点から基層文化・生活文化の研究を行い、民家や民具などの有形民俗資料の記録保存活動、生活文化の聞き取り調査をすすめ、研究成果を刊行している。一芦舎 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンタン・ペクール

    コンスタンタン・ペクールから見た住宅住宅

    1844年に、ペクールは左翼アレクサンドル・ルドリュ=ロランによって編集された主導的な民主派の新聞『ラ・レフォルム』の常連寄稿者になった。これによって彼は自分のアイデアの広い講演の場を持ち、経済学者ルイ・ブランを含めた主要な他の共和派社会主義者の時の有名人と接触するようになった。1848年に、ペクールは二月革命を支持した。ブランは自分が第二共和制の新臨時政府の中で労働大臣になると「労働の組織」の問題に関するリュクサンブール委員会を設置して、その委員にペクールを任命した。リュクサンブール委員会での彼の同僚の中には、正統的自由主義経済学者ピエール・ル・プレとフーリエ主義社会主義者ヴィクトル・コンシデランがいた。ペクールとコンシデランはかなり親密に協力し、農業植民地・社会的住宅・協同作業場のための集合的取引および政府基金といった、いくつかの改革を導入しようと試みたが、不成功に終わった。ペクールはさらにフランス国立図書館の司書助手に推薦された。彼は自分の考えを一般に広めるために「グレッポ」(Charles-François Chevé)のペンネームで『社会教理問答』と呼ばれる一般向けの本を出版した。彼はまたジャン・ジャック・ピヨ(Jean-Jacques Pillot)のような共和派共産主義者との関係を維持した。コンスタンタン・ペクール フレッシュアイペディアより)

  • 798芸術区

    798芸術区から見た住居住宅

    1950年代初めに東ドイツの技術援助によって建設され、その後他の用途に転用された工廠が集中しており、その中に芸術家のアトリエや住居、中国や日本を始めとした外国から進出したギャラリーが多く立地している。芸術家のコミュニティーということでしばしばニューヨークのグリニッジ・ビレッジやソーホーと比較される。798芸術区 フレッシュアイペディアより)

1391件中 121 - 130件表示

「住まい」のニューストピックワード