1391件中 11 - 20件表示
  • 照明コンサルタント

    照明コンサルタントから見た住宅住宅

    同学会ではさらに、住宅やオフィス、店舗など、それぞれの住環境に応じて照明計画を作成し、また照明コンサルタントとして5年以上の実務経験を積んだスペシャリストを「照明士」に認定している。照明コンサルタント フレッシュアイペディアより)

  • エッジシティ

    エッジシティから見た住宅住宅

    公的な政策や計画の下で造られたのではなく、民間が造り出したものであり、自己組織化によって生成した都市と言える。また、エッジシティは「庭付き戸建て住宅を持つ」というアメリカン・ドリームの具現化のために人々が都市から郊外へ向かった結果とも言うことができる。エッジシティ フレッシュアイペディアより)

  • ツメレンゲ

    ツメレンゲから見た人家住宅

    人工物に好んで根をおろす性質があり、古くは人家の石垣塀や瓦屋根の隙間などから自然に生えていた。また人工的に切り通した崖などにも見られることがあり、その場合、コンクリートの吹き付けの上から生えている場合もある(群馬県南牧村)。ツメレンゲ フレッシュアイペディアより)

  • 住宅ローン

    住宅ローンから見た住宅住宅

    住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。住宅ローン フレッシュアイペディアより)

  • スマートハウス

    スマートハウスから見た住宅住宅

    スマートハウスとは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念で、家電や設備機器を情報化配線等で接続し最適制御を行うことで、生活者のニーズに応じた様々なサービスを提供しようとするものである。スマートハウス フレッシュアイペディアより)

  • オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート

    オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリートから見た住宅住宅

    地盤の地耐力が低く、経年変化により地盤沈下が起こりやすい軟弱地盤に、一戸建住宅や小規模建築物を建設する際には、建物の総重量の軽減化や工期の短縮を目的としてALCパネルを採用することがある。一般的な鉄筋コンクリート構造では鉄筋工事による配筋、柱・梁・スラブ等の型枠工事、コンクリートの打設によるコンクリート工事を経て構造体を構築するのに対し、ALCパネルを用いた建物では切断加工した既製品を建設現場でクレーンなどの揚重機を用いて吊り下げて鉄骨の柱や梁に固定して外壁や床の構造体ができあがることから工事工期の短縮が期待される。狭小敷地や隣接建物が迫っている区画などでは上空からALCパネルを吊り下げることで外壁ができあがり、コンクリート造では困難な場所でも施工できる場合が多い。オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート フレッシュアイペディアより)

  • 個室

    個室から見た住宅住宅

    個室(こしつ)は、一人で独占的に使用できる空間。住宅で使用するものは居室と呼ぶこともある。また、コンパートメントという英語が充てられることが多い。少人数のグループで利用できる空間を指すこともある。個室 フレッシュアイペディアより)

  • ボザール様式

    ボザール様式から見た邸宅住宅

    ボザール的個人邸の敷地計画に対するハバードとキンブルの典型的な要素は、邸宅、玄関、エントリーコート、管理棟、庭、テラス、進入路、管理用道路、開けた空間、木立の点在する芝生、添景としてのあずま屋、などで、それらは、強い軸線や弱い軸線に結びつけられて一連の構成をなすように配置されている。整形庭園は、慎重に囲まれることで特別な単位を形成し、明らかに人間の技を示す作品として位置づけられる。たとえば、庭園東側から邸宅入り口に登る階段から、単位の一つを目にすることができ、軸は周囲の木立がつくる暗い背景にして注意深くおかれたパビリオンを焦点とし、庭園自体は三つの軸で構成される、中心軸は邸宅西側の居間のドアを抜けてゆく軸であり、邸宅と庭園を一つの単位とする。また庭園の園路がもう二つの軸を決定する、などである。ボザール様式 フレッシュアイペディアより)

  • 工業地

    工業地から見た住宅住宅

    工場などの生産施設は、有害な排出物や騒音などの公害の原因とみなされるため、大工場地等の場合、工場団地等の形で住宅地から離れた場所にあることも多い。日本の場合、都市計画の用途指定で工業専用地域として住宅の建設が規制される場合もある。工業地 フレッシュアイペディアより)

  • 単相3線式

    単相3線式から見た住宅住宅

    単相3線式(たんそうさんせんしき)とは、「単三」「単3」とも略称され、単相交流電力を3本の電線・ケーブルを用いて供給する低圧配電方式である。50kVA以下の配電線・引込み線、短距離の構内幹線などに用いられる。低容量の配電に向く方式のため日本においては一般住宅用として普及しており、単相3線式で受電する家屋では屋内に設置する分電盤も単相3線式で構成される。単相3線式で受電した場合、旧来の商用電源電圧である100Vに加え200Vを容易に取り出すことができ、後述する200V用家庭用電気機械器具普及の前提となる配電方式である。単相3線式 フレッシュアイペディアより)

1391件中 11 - 20件表示

「住まい」のニューストピックワード